« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月25日 (土)

護佐丸が引っ越した年

護佐丸といえば琉球史では有名な武将。尚巴志の琉球統一をささえ、やがて1458年に護佐丸・阿麻和利の乱で勝連按司の阿麻和利によって滅ぼされます。

彼はもともと恩納間切(現恩納村)の山田グスクの出身です。当時、沖縄は三山という3つの勢力に分かれていましたが、中山の尚巴志にしたがい、やがて読谷山(現読谷村)に座喜味グスクを築き、読谷山按司となります。

山田グスクから座喜味グスクへと移った時期については、これまで北山滅亡(1416年)後とされてきました。しかし北山の脅威がなくなってから、わざわざ多大な労力と資材を投じてグスクを築くのか?という疑問をずっと感じていました。

これについて、18世紀に護佐丸子孫が書いたとされる『異本毛氏由来記』には次のようにあります(一部現代読みになおしました)。

山田城より読谷山地方は中山第一の関所にて候ゆえ、永楽八、九年(1410~11年)ごろ、尚巴志様御世代、中城按司護佐丸、右鎮守のため読谷山按司に封ぜられ、その地へ城をあい構え候。

つまり読谷は中山と北山の接する最前線の要所なので、北山滅亡以前の1410年頃に座喜味グスクを築いたということです。こちらの記述のほうが自然で矛盾なく説明できます。なお「中城按司」という記述は当時こう呼ばれていたのではなく、近世期の書き手が護佐丸を最終の肩書で彼を表現したものです。

いわゆる「正史」以外の文献もじっくりみていくと、ほかにも面白い発見があるかもしれませんね。

参考文献:曽根信一「護佐丸について、琉球国時代に書かれた文献資料」(『読谷村率歴史民俗資料館紀要』19号)、上里隆史『海の王国・琉球』

人気ブログランキングへ
訪問ありがとうございます。
応援クリック!お願いします

| | コメント (0)

2014年10月 4日 (土)

尚寧王の花押

琉球は中国の朝貢国ということもあり、文書に印を押す文化が発達していました(辞令書などがその代表)。ところが1609年、薩摩島津軍の征服後、琉球は外交文書にヤマト風の花押(かおう。いわゆるサイン)を強制されることになります。

先月、東大の史料編纂所で島津家文書中の琉球関係の文書を見る機会がありましたが、そこで尚寧王の花押が書かれた文書も確認しました。それが以下のようなデザインです。

Photo

鏡もちや雪ダルマのようで何だかカワイイですね(笑)これがどのような花押を参考に作成されたのかはまだ突き止めていませんが、かなり書きやすいデザインであることがわかります。花押の経験のない尚寧王が書きやすいものを選んだとも考えられます。

なお琉球国王が花押を使用した初めての事例は尚寧王で、しかも1611年の島津氏に忠誠を誓う起請文で使用されています。その花押を見ると慣れていないのか、筆跡はかすれ、花押の丸部分もいびつな形になっています。

後の花押はマイナーチェンジを繰り返しながら図で示したような形になりますが、その時にはキレイな筆跡で乱れはなくなります。書き慣れたといえるのかもしれませんが、起請文への花押、もしかしたら島津氏へ屈服する尚寧の気持ちが筆跡に表れていたかもしれないと考えると、少々切なくなりました。

参考文献:「島津家文書」

人気ブログランキングへ
訪問ありがとうございます。
応援クリック!お願いします

| | コメント (2)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »