« 「那覇」表記の起源 | トップページ | 護佐丸の墓に落書き(1) »

2014年5月31日 (土)

リア充爆発しろ(100年前)

100年前の「琉球新報」投書欄に、次のような投書がありました。

名前:若狭町牛生:1914(大正3)/11/15(日)
潟原(かたばる)の砂台は男女の密会所だ。新しい男女の徘徊するのを見受けるが、今後はこういう不貞な奴らは捕えて相当の制裁を与えたいものだ。すなわち潟原は男女の快楽場だ。

潟原とは、現在の那覇市泊の付近にあった広大な干潟。どうやらここは「リア充」カップルたちの集う場所になっていたようです。投書した人は潟原の近所である若狭町に住んでいたとみられることから、おそらくリア充たちのイチャイチャぶりを日々見せつけられて、腹にすえかねていたんでしょう(笑)

それにしても、捕まえて制裁をくわえるとは、穏やかではありませんね…この投書に対して、後日に批判が寄せられます。

名前:閑村:1914(大正3)/11/26(木)
若狭町牛生君、君は本欄に「潟原は腐敗男女の快楽場」というようなことを書くが、余は君に対し疑問を起す。悪きを見て素破抜くとは怪しからん、君同類ではないか。以後慎まんと素破抜いてやるぞ。

素破抜(すっぱぬ)くとは「暴露する」ということ。新聞紙上で氏素性をバラすということです。

しかしその後、衝撃の暴露が!

名前:三良小:1915(大正4)/1/22(金)
若狭町牛生は辻には足を入れんというが、一昨夜、僕に見つかったんじゃないか。近いうち三合はもらいにくるぞ。今後でも君が事実、足を止めえるなら僕が十の指を切ってみせる。

なんと、マジメぶっていた牛生君が辻の遊郭通いをしていたところを目撃されたのです!…う~ん、どうやら牛生さんは、潟原のカップルが単にうらやましかっただけのようです…(笑)

人気ブログランキングへ
訪問ありがとうございます。
応援クリック!お願いします

|

« 「那覇」表記の起源 | トップページ | 護佐丸の墓に落書き(1) »

コメント

投降された方の御多幸を祈らざるを得ないですm(__)m

投稿: まりきん | 2014年5月31日 (土) 09:04

 なんか、今ならネットコメ欄あたりで炎上しそうな話題ですね。
 牛生さんが有名人なら週刊誌も売れそうです(笑)。

投稿: 琉球松 | 2014年5月31日 (土) 10:29

以前昔の琉球新報投書欄をまとめたブログを楽しく拝見してたのですが、そちらは閉鎖されてしまったのでしょうか。

投稿: ヨシ乃ブ | 2014年6月 2日 (月) 21:57

>まりきんさん
彼はその後も悪びれることなく、投書欄で中傷を繰り返したりしてますから、あまり効いてなかったのかもです(笑)

>琉球松さん
現在でもよくありそうな話ということでしょうね(笑)

>ヨシ乃ブさん
あのブログは申し訳ないですが非公開にしてあります。しかし書籍化の方向で進んでますので、ぜひそちらに期待していてください。

投稿: とらひこ | 2014年6月 4日 (水) 18:01

書籍化、楽しみにしております。

投稿: ヨシ乃ブ | 2014年6月 7日 (土) 19:12

>ヨシ乃ブさん
ありがとうございます。早ければ年内に刊行されるはずです。近くなりましたらこのブログでお知らせしますね。

投稿: とらひこ | 2014年6月 7日 (土) 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「那覇」表記の起源 | トップページ | 護佐丸の墓に落書き(1) »