« 見えなかったことにしよう | トップページ | 軽便鉄道の時刻表 »

2014年1月29日 (水)

東南アジア貿易は途絶したのか

アジア各地へ交易活動を展開していた15世紀の琉球王国ですが、16世紀に入ると倭寇をはじめとした民間勢力の台頭で貿易は衰退し、1570年のシャム(タイ)派遣船を最後に東南アジア貿易は途絶した、というのがこれまでの通説です。

しかし、史料を探っていくと1570年以後も東南アジア貿易は続いていたことがうかがえます。

1598年には、堺商人の川崎利兵衛が琉球の「南蛮才府」に任命されています(『蒙姓家譜』)。彼は茶器を求めて琉球へたどり着き、そのまま定住して王府役人に登用された人物。「南蛮」とは東南アジア、「才府」とは現地で貿易品の買いつけを行う役職です。おそらく商才を買われ、王府にスカウトされたのでしょう。家譜には年月日が記載されてることから、家譜編集当時に南蛮才府の辞令書を参考にした可能性が非常に高いです。

さらに万暦年間(1573~1619年)には、ルソン(フィリピン)へ交易におもむいた新垣筑登之親雲上善房の例があります(『那姓家譜』)。注目されるのは、彼は「倭人」の自安大円宋治なる人物とともに交易をおこなったことです。

この時期、琉球の航海技術は低下し、遭難船が相次いでいました。そこで海域世界で活動する日本人海商たちに便乗、あるいは共同するかたちで東南アジア貿易を続けようとしていたのではないでしょうか。

琉球征服後の1615年、島津家久は琉球の尚寧王を介するかたちでフィリピン総督フワン・デ・シルバに書簡を送っていますが(『江雲随筆』)、そのなかで「琉球とフィリピンは20年来、通交しなかった」と記しています。逆算すれば1590年代まで通交は続いていたことになります。

フィリピンは16世紀当時、東南アジアの一大貿易拠点へと成長していました。琉球はシャムを撤退した後、新しい市場を開拓し、貿易を続けようとしていたとみられます(結局はうまくいきませんでしたが)。

このように琉球が1570年以後も東南アジア貿易を行っていたのは確実です。教科書や通史の記述もあらためる必要があるかもしれませんね。

参考文献:上里隆史『海の王国・琉球』

人気ブログランキングへ
訪問ありがとうございます。
応援クリック!お願いします

|

« 見えなかったことにしよう | トップページ | 軽便鉄道の時刻表 »

コメント

毎度の質問ですがよろしくお願いします。

中国への朝貢品は東南アジア産品+日本の物産と工芸品だと思ってたんですが、東南アジアから仕入れできないとすると、どういった品物だったんでしょうか?
東南アジア産品の入手方法もあったのかな?

投稿: nagamati | 2014年2月 8日 (土) 21:40

>nagamatiさん

朝貢品のなかの東南アジア産品は近世にも出てきますが、どうやら中国で調達していたようです。しかし1663年には朝貢品内の東南アジア産品を除外してもらっていますね(豊見山和行編『日本の時代史18』)。

ただ16世紀末までは東南アジアに行ってたわけですから、このあたりは現地で調達できたはずです。

投稿: とらひこ | 2014年2月 9日 (日) 21:09

ありがとうございます。

1663年というと清朝への朝貢がはじまった時ですよね。
最初から何を贈答するか決めてたのか。

投稿: nagamati | 2014年2月11日 (火) 20:55

>nagamatiさん
当時の実情に合わせて朝貢品を設定したんでしょうね。

投稿: とらひこ | 2014年3月 6日 (木) 21:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見えなかったことにしよう | トップページ | 軽便鉄道の時刻表 »