« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年8月30日 (金)

ピョコっと出た石の起源

世界遺産にも登録された琉球王国のグスク群。その大きな特徴は、琉球石灰岩で積まれた美しい石積みです。本土の直線的な石垣と異なり、丸みをおびた柔らかな曲線で構成されています。

その石積みのコーナーになっている部分、よく見るとピョコっと飛び出しています。これは「隅頭石(すみがしらいし)」と呼ばれるもので、首里城をはじめとしたグスクのみならず沖縄の古い民家の石垣にも多用される技法です。なぜこのような石をコーナーに置いているのか、実はよくわかっていませんが、一説にはコーナー部分を高くすることで視角的に美しく見せているとも、魔除けなど宗教上の理由とも言われています。実は本土の天守台にも似たような技法はあるようですが、沖縄の隅頭石は極端に飛び出ているのが特徴です。

この隅頭石、いつ頃から石積みに設置されるようになったのでしょうか。よくわかっていないのですが、それを知る大きな手がかりが中城グスクにあります。中城グスクは15世紀中頃に護佐丸によって改修・整備されたグスクですが、彼が入る以前には先中城按司が住んでいたと伝わっています。

中城グスク正門横の張り出しの石積みのコーナーを見てみましょう。

Dsc05199_3

コーナーには隅頭石ではなく、平らな石が載っています。

Dsc05197_3

それに対して、中城グスク裏門付近の階段にある石積みのコーナーは隅頭石です。

Dsc05057_3

これは何を意味しているのでしょうか。中城グスク裏門とその周辺の三の郭、北の郭は1440年頃に護佐丸が新たに築いたとされています。石積みのタイプも相方積みと比較的新しいタイプです。一方、グスク正門は護佐丸以前にすでに築かれていたと考えられ、石積みタイプも布積みで、護佐丸が築いた区画よりも古い積み方です。

ちなみに一の郭の門両脇と二の郭の石積みにある隅頭石は、1950年代に修復された際に新たに取り付けたもので、もともとの石積みには確認されていません(【こちら】にある下から2段目、右から2枚目の写真を参照)

つまり、中城グスクの隅頭石は15世紀中頃以前には存在せず、1440年代以降に登場した可能性が高いと言えるのです。ついでに14世紀頃のものとされる糸数グスクの石積みにも、コーナーに隅頭石はありません。

Dsc01331

隅頭石の誕生に護佐丸が大きく関わっていた…かどうかはわかりませんが、中城グスクの事例から隅頭石の起源について迫ることができるのではないでしょうか。

人気ブログランキングへ
訪問ありがとうございます。
応援クリック!お願いします

| | コメント (9)

2013年8月25日 (日)

沖縄県立一中の試験問題(2)

それでは前回の問題の解答です。

沖縄県立第一中学校(明治45年度〔1912年〕)

国語科

(1)左の文の漢字にヨミカナをつけ全文のワケを解くべし。

〔読み〕カミはるけきムカシよりクンシンブンはサダまりてバンセイ一ケイウゴきなき■ガクワウシツのオホみいつ、あまねきヒカリアホぎミるドウホウこゝに五センマン。

ブユウのほまれクハシホコ、チタルのクニのナにオひてレイギはハヤヽヽカラヒトもタヽへしソのナ、クンシコク、ソセンのヰフウつぎゝゞてドウホウこゝに五センマン。

〔意味〕ずっと遠い神代の時代から君と臣民の分ちはちゃんときまってゐて、万世も永い間ちっとも動くことのない我が皇室の御恩を受け、其の御光を仰ぎ見ることの出来る我国民は五千万もあります。

武勇のほまれ名高い日本刀をふるひ千足の国の名にそむかないで、礼儀の正しいことは支那人なども早くから感心してゐた其名もゆかしい君子国で先祖様の時代から残してある美風をつぎつぎして来た所の我が国民は五千万もあります。

(2)左の文の――線のところにヨミカナをつけ全文のワケを解くべし。

〔読み〕憤(いきどほ)り。苦(くる)しむ。百害(ひゃくがい)。進(すゝ)み。救済(きゅうさい)。勝(まさ)らん。工夫(くふう)。追(お)ふ。望(のぞ)み。顧(かえり)み。

〔意味〕世の中の事に不平を云ったり人をねたんだりして自分の身の何も役に立たないなど云うて自分から苦しむには非常な害があるけれども一も利益はありません。世の中の事をうらむよりも進んで之を救ひなさい。ヒトをわるく思ふよりも自分から勉強して之に打ち勝つやうに工夫した方がよい。身を悲しんでもすんだことは何とも仕様のないことである。常に自分の前の方を望んで、たゞ過ぎし後の事を思ふな。

(3)左の漢字にヨミカナをつけよ。

(イ)カイタク。(ロ)サウクワン。(ハ)ハント。(ニ)カンキヤウ。(ホ)ヰシン。(ヘ)ガイセンモン。(ト)キサラギ。(チ)キカ。(リ)シカウ。(リ)シカウ。(ヌ)ゲゴンノタキ。

(4)左の――線をひきたる仮名に相当する漢字を書け。

(イ)身体健全なる人は精神も亦快活なり。

(ロ)物の価は需要供給の関係による。

(ハ)人は職務に勉励すべし。

(ニ)敵兵。飛行機。警察。

参考文献:中学会編『鹿児島県宮崎県沖縄県各学校入学試験問題集  附・解答 明治45年度』(久永金光堂、1912)

人気ブログランキングへ
訪問ありがとうございます。
応援クリック!お願いします

| | コメント (0)

2013年8月19日 (月)

年に一度の限定講座!

今年もやってきました、年に一度の限定講座。桜坂市民大学で「目からウロコ!おもしろ沖縄歴史」を開催します!

「目からウロコ!おもしろ沖縄歴史」

講師:上里隆史
開講日:2013年8月25日(日)毎週日曜17:30~19:00(全5回)
場所:桜坂劇場(那覇市牧志3-6-10)
受講料:10000円
定員:30名
対象年齢:16歳以上

※詳しくは【こちら】をご参照ください。

電話でのお問い合わせ、お申込みは098-860-9555まで。

今回は5回に分けて琉球・沖縄史のオモシロ話を紹介します。初心者でもわかりやすくお話しますのでご安心を。ぜひ受講してみてください!

人気ブログランキングへ
訪問ありがとうございます。
応援クリック!お願いします

| | コメント (0)

2013年8月 8日 (木)

沖縄トヨタで「琉球戦国列伝」!

Toyota


沖縄のオールトヨタのお店、21店舗にて8月10日(土)と11日(日)に「2013オールトヨタ夏休みキッズカーニバル」が開催されます!

何とそこで拙著『琉球戦国列伝』(沖縄トヨタ・スペシャルバージョン)をプレゼント

そのほか、『琉球戦国列伝』イラストを担当したカリスマ琉球歴女・和々さんの琉球偉人塗り絵も、もらえちゃう!

くわしくは【こちら】をご覧ください(PDFです) 。

お子さんと一緒に遊びに来てくださいね!

人気ブログランキングへ
訪問ありがとうございます。
応援クリック!お願いします

| | コメント (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »