« イスラムが流行らなかったワケ | トップページ | ハルサーエイカーの意味 »

2011年12月14日 (水)

テンペスト3D試写会!

12月8日、沖縄のシネマQにて「劇場版テンペスト3D」の関係者披露試写会が開催されたので行ってきました。

大ヒットしたNHK・BSドラマ「テンペスト」をもとに内容を一新し、3Dにした超大作です。関係者ではNHKの吉村監督をはじめとした制作陣、そしてなんと角川グループ・角川書店の取締役会長、角川歴彦氏も出席。角川会長とは初めてお会いし、ご挨拶しました。

上映の前には舞台挨拶。角川会長と吉村監督、そして「テンペスト」で真鶴の子供時代を演じた田崎アヤカさんが挨拶をしました。角川会長や吉村監督、ともに沖縄に対する思いは並々ならぬものがあります。ご両人とも青年時代に沖縄を訪れ、その魅力にはまったということです。今回の映画は角川グループが総力をあげて製作したもので、角川会長の情熱がなければ決して実現できませんでした。吉村監督は娘さんの名前を沖縄にちなんだ名前にしたというぐらいですから、相当なものです。

映画の内容はネタばれになってしまうので詳しくは説明しませんが、とにかく3D!龍が迫ってきます。龍はドラマ版のCGよりさらにパワーアップし、よりリアルなものに。また首里城をはじめとした沖縄の美しい風景が奥行きのある立体映像で見ることができるのもすばらしかったです。ドラマがもとにはなっていますが、単なるドラマの総集編ではなく、ほとんど「別物」に仕上がっているということだけはお伝えしておきます。なので、ドラマを何度も見た方でも十分、楽しめます。これは必見です!

ちなみに試写会の参加者には特別に豪華パンフレットが配られましたよ【画像参照】。

Dsc01530_2

Dsc01531_2

映画の全国公開は来年の1月28日です。みなさま、ぜひご覧ください!

※なお12月29日(木)にNHK・BSで「テンペスト」全10話が一挙放送です!こちらもお楽しみに!

人気ブログランキングへ
訪問ありがとうございます。
応援クリック!お願いします

|

« イスラムが流行らなかったワケ | トップページ | ハルサーエイカーの意味 »

コメント

 角川書店さんの沖縄に対する思い入れはよくわかります。

 外間守善先生等の「沖縄古語大辞典」や「南島歌謡大成(5巻)」などは、ほとんど採算度外視の重要資料でありがたいですね。県の文化賞の対象にしてもいいくらいですよ。

 で~この映画、楽しみなんですけどね、上里さん!もう少しネタバレお願いします(笑)。

投稿: 琉球松 | 2011年12月14日 (水) 10:43

はじめまして。
内容が面白くてあれこれ記事を拝見させて頂きました。
テンペストは本を読みました。
ネタばれも面白かったです!
でも、ネタばれに牧志朝忠が出て来たのにビックリです。
(うちのご先祖さんです)
これからも、楽しく拝見させて頂きます。

投稿: かみんちゅの石屋さん にらいかない | 2011年12月17日 (土) 17:55

>琉球松
僕の口からは何とも…でも東京などでも試写会が開催されましたし、観た方がネットなどで紹介してると思いますよ。

>かみんちゅの石屋さん にらいかないさん

はじめまして。
ブログ見てくださり、ありがとうございます。

牧志朝忠のご子孫ですか!朝忠の死後はご子孫は大変な思いをしたようですね。

今後ともよろしくお願いします。

投稿: とらひこ | 2011年12月17日 (土) 22:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イスラムが流行らなかったワケ | トップページ | ハルサーエイカーの意味 »