« 年末年始お休みのお知らせ | トップページ | 最終話!ハルサーエイカー »

2011年12月29日 (木)

テンペスト一挙放送!

本日12月29日、11時からNHK・BSプレミアムにてドラマ「テンペスト」が全10話一挙放送です!

あわせて時代考証を担当したワタクシ上里による「ネタバレ・テンペスト解説」もありますので、こちらを読むとドラマがさらに面白くなりますよ。

ネタバレ・テンペスト解説

ドラマに隠された裏話や歴史解説が満載です。放送回ごとに分けられていますのでごらんください!

人気ブログランキングへ
訪問ありがとうございます。
応援クリック!お願いします

|

« 年末年始お休みのお知らせ | トップページ | 最終話!ハルサーエイカー »

コメント

 オンエア、観てますよ〜。

 長時間ですけど、飽きないですね。
 只今、聞得大君が花を食するシーン、高岡さん適役ですよ。

 まあ、色々と批判する方も、我が身に関わるからだと思いますよ。島ン人にとっての琉球王国は、あくまでも祖国ですしね。

投稿: 琉球松 | 2011年12月29日 (木) 13:14

>琉球松さん
長時間の視聴お疲れ様でした。

高岡さんの聞得大君は予想以上に良かったですね。強烈なキャラを見事に演じてましたね。

たくさんの人が見れば賛否出てくるのは当然のことで、いいと思います。琉球の風の時も批判が出ましたが、今回は印象として以前よりも好意的に評価する声が多いと感じます。それだけ沖縄の視聴者の目が肥えたのかもしれませんね。

投稿: とらひこ | 2011年12月30日 (金) 16:16

 上里さんへ

 あらためて観てみると、いくつか発見があります。
 その一つ。。。
 御内原での仲間由紀恵さんのセリフの端々に『TRICK(テレビ朝日)』香ジャーがするんですけど(笑)。

 ところで、『テンペスト』には登場しない首里グスク東側の門について意見を伺いたいのですが。。。
 真鶴と息子は奉神門から入って即位式に臨みますが、古くは継世門〜美福門〜御内原と進むのが新国王のルートではなかったかと?
 この説は魅力的で、古琉球以前の伝統かな〜なんて思うんですが、考えすぎでしょうかね。

投稿: 琉球松 | 2011年12月30日 (金) 20:50

新年明けましておめでとうございます。

用事があって昨年12月29日の「テンペスト」を見られなかったのは残念でした。申し訳ありません。

でも、映画の「テンペスト」は見たいですね。

NHK総合の「ゆく年くる年」で、多くの参詣者でにぎわう波之上宮の初詣の光景が登場しましたが、内地の者としては、日本神道の神社とはいえ、再建ながら琉球建築の社殿と、琉球音楽に合わせた獅子舞が興味深く感じられました。

余談ですが、私は初詣を済ませてないので、これから行こうと思っています。

投稿: 大ドラ | 2012年1月 1日 (日) 21:12

>琉球松さん
TRICK風味のことについては特に聞いていませんが、観るかぎり意識してそうですよね(笑)

新国王の登城ルートですが、おっしゃる通りですが、ドラマ中では登場しませんでした。いつごろからこの慣習があるのかは不明ですが、古琉球にさかのぼる可能性は十分あります。

>大ドラさん
一挙放送観れなくて残念でしたね。ぜひ、映画でご覧ください。

波上宮の歴史は結構古く、伝統があります。15世紀中ごろにはすでに存在していました。王府の官人は寺社参詣を行ったり、進貢船が中国へ向かう際には波上宮で祈願したりもしています。

僕は初詣はまだですね。しばらくしてからになると思います(笑)

投稿: とらひこ | 2012年1月 6日 (金) 09:58

 上里さん、どうもです。

 "強いのは神" ・・・自身の強さや弱さにこだわらなければイイ事があるかも。。。って、ジュリに落とされた聞得大君が言いますね。 津波古同様に、なんか涙ソーソーですよ。

 もしかして聞得大君の復活が将来あるとすれば、「聞得大君ガナシ、果報しデービル!」って深々と頭を下げてみたいものです。

投稿: 琉球松 | 2012年1月 6日 (金) 10:48

琉球王朝の時代には王様と王族、王府の役人など士族以外にあまり浸透していなかった日本神道の神社への参拝も、今の沖縄では、神社のある地域では一般にわりと広く浸透してるみたいですね。
沖縄の初詣では、御嶽にお参りする人が多いのでしょうか?

私は先日、初詣に地元の県内(岐阜)の垂井にある、美濃国一宮の南宮大社とその別当寺だった朝倉山真禅院へ初詣に行きました。この2つは、なんみんさんとベッテルハイム一家が逗留した護国寺の関係ですね。
上里さんが、琉球王府が17世紀にお寺で仏様にお酒を供えるのを禁じた話をされましたが、先日お参りに行った時、真禅院の国重文の三重塔には日本酒がお供えされていました(笑)。

ちなみに、垂井宿の東の外れには中山道と美濃路の追分があり、垂井はかつて琉球使節の江戸上りが通過した街だったみたいです。

投稿: 大ドラ | 2012年1月 8日 (日) 13:18

>琉球松さん
聞得大君復活となれば、沖縄の宗教界の勢力地図も大きく塗り替えられるはずですね(笑)やはり尚家からの選抜でしょうかね。

>大ドラさん
今では沖縄でも初詣は一般的になっていますが、御嶽に参拝というのは僕はちょっと聞いたことがありません。いちおう神社がありますしね。

本土のお寺におけるお酒の取り扱いも気になるところです。

琉球使節の江戸上りは一昨年あたり実際のルートをたどってみるツアーがあったと思いますが、垂井宿は通過したのでしょうかね?じっくり巡ってみると面白いかもしれません。

投稿: とらひこ | 2012年1月12日 (木) 07:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 年末年始お休みのお知らせ | トップページ | 最終話!ハルサーエイカー »