« 「テンペスト」が終わって | トップページ | ついに放送!ハルサーエイカー »

2011年10月 4日 (火)

ハルサーエイカー復活!

放送延期となっていた沖縄ヒーロードラマ「ハルサーエイカー」が復活です!

放送は10月15日(土)の午前10時から沖縄テレビ(OTV)で!

新たな予告動画も登場ですよ。

いや~映像が美しい!こんなハイクオリティなドラマを沖縄ローカル単独で作り上げたことに脱帽です。スタッフたちの並々ならぬ情熱を感じます。

くわしくは【こちら】のHPをご覧ください!

人気ブログランキングへ
訪問ありがとうございます。
応援クリック!お願いします

|

« 「テンペスト」が終わって | トップページ | ついに放送!ハルサーエイカー »

コメント

テンペストも終わってお疲れさまでした。地上波で放送されればもっと話題になりそうですね。
プロフィール写真も専門家らしくなって結構なことです(w

また忙しくなる前に2,3質問させてください。


オヤケアカハチの乱についてですが、王府軍の総大将は大里親方であったと、どこでも説明されて
います。この大里親方は個人を特定されているのでしょうか?
球陽の記述からすると、同時期の孟揚清(大里親方宗森)でいいんでしょうかね。


それから、組踊「二童敵討」での阿麻和利の頭巾ですが、これは何かモデルがあるんでしょうか?
見た感じは日本の兜のようですけど。
http://www.ntj.jac.go.jp/assets/images/topics/news110309_2.jpg
まあ、これは歌舞伎の暫で武士の装束を説明するようなもんですから、おわかりになる範囲で
よろしくお願いいたします。

投稿: nagamati | 2011年10月12日 (水) 21:37

> nagamatiさん

王府軍の大将の詳細は、球陽などの近世歴史書以外の情報はないのではないかと思います。当たるとすれば、大里親方の家譜でしょうね。現存しているか未確認ですが。

阿麻和利の頭巾は、ズバリ日本の兜がモデルです。鍬形に左右の吹き替えしも表現されています。

実際に組踊の踊り手の方からもそのような話を聞きましたので、まず間違いないです。

投稿: とらひこ | 2011年10月16日 (日) 23:57

毎回お付き合いいただいてありがとうございます。

確か、○○親方というのは日本の○○守と同じく、同時代に複数存在する可能性があるんでしたよね?
なるほど、孟揚清の家譜に従軍の記述があれば、ということですね。
まあ、質問しといてなんですが、特定(推定)されていないのは意外でした。


それから組踊の方ですが、やはりそうでしたか。
とらひこさんも研究されているとおり、日本式の甲冑が当時作者の身近にあったんでしょうかね。

投稿: nagamati | 2011年10月17日 (月) 21:13

>nagamati さん
領地を与えられている者のほかに、名島という名目上の称号だけの士族はいました。親方の例はあったかな…?ちょっと記憶が定かではありません。

大里親方は孟揚清ということですから、いちおう特定ということにはなると思いますが、他の史料でその人となりを詳しく書いているのはなかったと思います。

組踊が作られた近世も甲冑を中国への進貢品として送ってますから、モデルにできたのでしょうね。

投稿: とらひこ | 2011年10月29日 (土) 11:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「テンペスト」が終わって | トップページ | ついに放送!ハルサーエイカー »