« 【ネタバレ】テンペスト解説(8) | トップページ | 【ネタバレ】テンペスト解説(10) »

2011年8月28日 (日)

【ネタバレ】テンペスト解説(9)

ドラマ第7回「再び王宮へ」ですが、物語はさらに加速度を増し、いよいよ終盤へさしかかりました。真鶴は側室となり御内原へ、上原多香子演じる真美那も初登場!お嬢様全開でしたね。サトウキビ畑での浅倉との再会、そしてペリー艦隊の来航。琉球はいったいどうなってしまうのでしょうか。

さてさて恒例のマニアック歴史解説です。

ポイント1:側室選考の黄金のハサミ

側室の最終選考に残った真鶴と真美那が最後に受けたのが、畳の下に隠された黄金のハサミを当てることでした。奇妙な選抜方法ですが、これは王妃の選考試験に実際にあったものです。ドラマでは王妃試験の方法を、側室にも適用したという設定になっています。

※王妃の試験については【こちら】を参照してください。

ポイント2:御内原での機織り

御内原では真美那や真鶴が機織りに従事していました。身分の高い側室がなぜこのような下っ端の女官がやるような仕事をしているのでしょうか。実はこれも史実に基づいた再現です。面白いことに、首里城の御内原では、女性たちは身分にかかわらず機織り作業をすることがしきたりになっていました

王妃はじめ御内原の女性は職務の合間には必ず糸をつむぎ、機織りをしていたのです。時おり参内する王族の婦人や三司官の奥方にも、対談の際に糸つむぎの道具と芭蕉の繊維が配られ、談笑の際にも絶えず手を動かし糸をつむいでいたそうです。ちなみに出来上がった布は王の家族用や御内原の女官たちに与えられました。

八重山でかたせ梨乃演じる思徳金(大勢頭部)が「御内原の世界でも、優れた機織りの腕を持つ女官は重宝がられるだけではなく、尊敬される」と真鶴に話していたのは、こういうわけがあったからです。

なおこの時代には機織りは高機ではなく地機です。もちろん事前に知っていてNHKにもその旨を進言しましたが、制作上の都合で実現できませんでした。

※実際の御内原の世界を詳しく知りたい方は、以下を参照してください。
参考文献:真栄平房敬『首里城物語』(ひるぎ社、1997)

ポイント3:トキとは

真美那の懐妊の日取りを占った「トキ」という者ですが、これは古琉球より続く神事の日選びをする占い師のことです。とくに王府内で働いていた者を「時の大屋子(おおやこ)」と言いました。沖縄では霊能力者として「ユタ」が有名ですが、ユタが女性なのに対してトキは男性とされ、古い記録には「トキ・ユタ」と総称されています。トキが占いで使うのが「トキ双紙(ぞうし)」という書物で、現在でもいくつか残されています。

彼らは迷信をもって人をたぶらかすということで、王府はしばしばトキ・ユタ禁止令を出しましたが効果はなく、その後も残り続けます。現在でもユタが沖縄各地にいることは周知の通りです。

ポイント4:進貢船に乗って一儲けしようとした津波古

辻の聞得大君のもとへ訪れた遠藤憲一演じる津波古が「進貢船の水夫として中国へおもむく」と話すシーンがありましたね。聞得大君は絹織物と銀杯を大量に買ってくるようにと助言していました。中国へ向かう進貢船は王府が派遣する公的船です。貿易品も搭載されましたが、これは基本的に王府が公的に売買するための官品でした。津波古のような水夫がプライベートで貿易できたのでしょうか。

実はできました。各船員には「乗り間(のりま)」という船室内のスペースが与えられていて、その範囲内であれば私的に物資を載せてもオッケーだったのです。進貢船のスタッフたちは王府の公的な貿易に従事するかたわら、個人的に商売をし、「乗り間」に貿易品を積んで琉球へ帰ることができました。いわばスタッフたちへのボーナスとして与えられていた権利だったのです。

実際、慶良間諸島には中国への進貢船にスタッフとして乗り込んだ者たちが中国貿易で財を築き、故郷の島で立派な家を建てた例もあります(例えば慶留間島の高良家など)。津波古もこのチャンスを活かして貿易を成功させれば人生の一発逆転が可能だったのです。

Dsc00140_2

慶留間島の高良家

ポイント5:ペリー来航を伝えた火砲「ヒヤー」

ペリー艦隊の来航を首里に伝えるために、港口から火砲が発射されたシーンがありましたが、あれは「ヒヤー(火矢)」と呼ばれる沖縄の銃砲です。形式は火縄銃が伝来する以前の中国式の火砲(手銃)で、ハンドキャノンとも呼ばれます。近世では行列の際の礼砲などに使われていました。

Hiya_2

※火矢と同形式の中国式火砲の発射動画は【こちら

もう一つの案としては、港口の屋良座森グスクという砲台から仏郎機(フランキ)砲という大砲を空砲で発射するという案もありましたが、ドラマのシーンは火矢を採用することになりました。ちなみに仏郎機砲は海賊対策のため、中国へ向かう進貢船に搭載されていました。

なお僕がこの火矢の研究を専門分野の一つにしていることは、ここだけの秘密です(笑)

人気ブログランキングへ
訪問ありがとうございます。
応援クリック!お願いします

|

« 【ネタバレ】テンペスト解説(8) | トップページ | 【ネタバレ】テンペスト解説(10) »

コメント

これまでコメントに返事を付けてくださり、質問にも丁寧に答えてくださって、どうもありがとうございます!
先日も質問に丁寧に答えてくださって、ありがとうございました‼

今回も質問をお願いしたいのですが、できればお答え頂けると嬉しく思います。

薩摩支配下でも、進貢船の船乗りの個人的な貿易のほかに、王府による進貢船ではない、琉球の民間の業者が商船を中国に出して貿易することはあったのでしょうか?
とらひこさんは先日、薩摩の許可証のあるヤマトの商人の船が、本島どころか先島にまで商売に来ていたと、教えてくださいましたが、薩摩と琉球の間の掟十五条で、琉球の海運業者が薩摩以外のヤマトへ船を出すことが禁じられた一方、琉球の商船が薩摩まで来ることは結構あったのでしょうか?

掟十五条で禁止されても、琉球の商人は薩摩以外のヤマトと密貿易をしてたという話も読んだことがあるのですが…。

あと、ユタというのは、青森のイタコのようなものですよね?

投稿: 大ドラ | 2011年8月29日 (月) 18:26

火矢ってもののけ姫にでてくるやつ似てますね

投稿: RR | 2011年8月29日 (月) 22:45

>大ドラさん
琉球の対中国貿易はすべて国営の朝貢貿易で、民間人が勝手に行くのは許されていませんでした。これは琉球側ではなく中国の国家政策で、基本的に朝貢国の首長のみが外交と貿易を許可されていたためです。民間業者が勝手に中国に行っても門前払いをくらいます。

薩摩商船はもちろん自由に琉球へ行けたわけではなく、薩摩藩より渡航許可証をもらっていました。彼らは琉球王府から薩摩への年貢を運んでいましたが、付随して貿易も行っていたわけです。

薩摩との密貿易もあったようです。漂着したことを理由に取引する例もありました。

ユタは全く同じではないですが、イタコのような存在に近いですね。霊媒師とか霊能力者とかいう類です。

> RRさん
そうですね。火砲の形式は「もののけ姫」の石火矢の形式と同じです。


投稿: とらひこ | 2011年9月 1日 (木) 18:44

はじめまして!
ti-da blogからたどり着きました。

すごく興味深い記事ばかりで、文章に入り込んでしまいました。

私もブログをしてて、沖縄民謡に関する記事をたまに書いております。
もしよろしければ、この記事のURLと「トキ」についての記述の一部をブログに使いたいのですが、よろしいでしょうか?

投稿: えはしょ | 2012年1月 3日 (火) 21:37

>えはしょさん
はじめまして。訪問ありがとうございます。

ブログでの記事引用、大丈夫ですよ。とくに許可は必要ありませんので、どんどん書いてください。

投稿: とらひこ | 2012年1月 6日 (金) 09:59

返事が遅れてすいません、、
ありがとうございます!!引用させていただきます!


投稿: えはしょ | 2012年1月21日 (土) 15:14

>えはしょさん

どういたしまして。これからも何かありましたら引用してくださいね。

投稿: とらひこ | 2012年1月30日 (月) 21:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【ネタバレ】テンペスト解説(8) | トップページ | 【ネタバレ】テンペスト解説(10) »