« ドラマ「テンペスト」もうすぐ! | トップページ | テンペスト用語解説(1) »

2011年7月17日 (日)

【ネタバレ】テンペスト解説(1)

ついにNHK・BSプレミアムで琉球王朝を舞台にした「テンペスト」が始まりました!とてもエキサイティングなドラマ展開で今後も非常に楽しみですが、視聴者のみなさんは江戸時代の時代劇とはちがい、琉球史のほとんど馴染みのない言葉や文化、制度にとまどうかもしれません。そこで、時代考証に関わった僕が、これから毎回のドラマに登場するシーンの歴史解説、用語の説明などをしたいと思います。沖縄の歴史に詳しい方でしたら「何をいまさら」な話になるかもしれませんが、ドラマを楽しむための入門編ということで、そこはご容赦ください。

なお、【ネタバレあり】なので、まだ観てない方は注意してくださいね。

まず今回のドラマは原作と若干の変更点があります。

(1)琉球の国政をつかさどる三司官(3人制の大臣)の名前、向親方・毛親方・馬親方を、それぞれ宜野湾親方(名高達男)、座喜味親方(上田耕一)、与那原親方(江原真二郎)に名前を変更しました。琉球王国時代、士族には日本風と中国風の名前が二つありましたが、原作のように中国名+親方(ランクの名前)のようには通常呼びません。実際の呼び方により近いかたちにしようということで、それぞれの氏に馴染みのある領地名を参考にして付けました。ちなみにこの方々は実在の人物ではありません。

(2)王国の警察機構は原作では大与座(おおくみざ)、裁判機構が平等所(ひらじょ)という役所でしたが、大与座は実際には戸籍と財産調停、キリシタン改めなどを行うところで、警察と裁判機構を兼ね備えたのは平等所でした。ドラマで大与座、平等所両方を出した場合、視聴者を混乱させてしまうとの理由もあり、より史実に近いかたちで平等所だけで警察・裁判機構を担当させています。

(3)今回、原作には存在しない役、オバア(平良とみ)を登場させています。これは脚本家の大森寿美男さんによるものです。ひとりぼっちの主人公の孫寧温の心の支えとなる役で、今後も重要な役割になりますので、注目していてください。

ほかにも細かいところが変更になっていますが、それは追々お伝えしたいと思います。

全体としては原作を骨格にしていますが、膨大な量の原作を10話に圧縮しなくてはならず、そこは脚本家の大森さんの腕の見せ所ですね。圧縮した分、めまぐるしいストーリー展開が、さらにジェットコースターなみのスピードになったのではないでしょうか。

ドラマに出てくる「なにこれ?」な琉球歴史の疑問は次回から解説しますね。

人気ブログランキングへ
訪問ありがとうございます。
応援クリック!お願いします

|

« ドラマ「テンペスト」もうすぐ! | トップページ | テンペスト用語解説(1) »

コメント

初めて書き込みをいたします。「大ドラ」と申します。
最近、近世以前の琉球や、琉球と薩摩の関係の歴史に関するサイトを検索したところ、とらひこさんのサイトの3年前の、琉球王国が薩摩藩の属州ながらかなり大幅な自治権をもっていた旨のお話の記事に行き当たりました。
それ以来、そちらのサイトを楽しく読ませていただいております。

僕は少し前に「テンペスト」の原作を読みましたし、ドラマも先ほど見ました。原作の趣旨を概ね貫きながらかなり変えてある感があったながらも、楽しく見ていました。
そういえば、「テンペスト」の作品中でも、琉球が薩摩に対してある程度主体性を持っている描写がありましたね。

大与座は実際には今の日本で言うと、裁判所の民事の部分と法務省民事局プラスアルファといった塩梅なんですね。平等所は当時の江戸幕府で言うと、江戸や京都、大阪の町奉行所の行政一般を除いた組織のような塩梅でしょうか?

これからもそちらのサイトを楽しませていただきます。

投稿: 大ドラ | 2011年7月17日 (日) 20:47

こんばんは  おひさしぶりです。  うえまです。

見ましたぁ~!  そして目を凝らして探しましたよぉ~
でも、見つけることができず。。。(泣)

寧温が科試に合格して、王様の前に召しだされたあたりだと思うのですが、先生!どちらにいるの?

投稿: うえまみわこ | 2011年7月17日 (日) 22:28

上里様 はじめまして。日本在住の福建人です。10数年前は語学留学の為、沖縄に一年間滞在いたしました。一年間の留学生活ですっかり沖縄の大ファンになりました。琉球王国そして現在の沖縄が大好きになりました。
昨日は久米36姓を検索したところ、こちらのサイトに辿り着きました。大変興味深く読ませていただきました。本日はNHKで上里様ご本人が出演されるシーンを見て、沖縄との縁を感じました。
また遊びに来ます。
よろしくお願いいたします。

投稿: Sai | 2011年7月18日 (月) 13:45

初めまして。
BS時代劇『テンペスト』の感想記事を書くためいろいろ検索しているうちに、こちらにたどり着きました。

テンペストがフィクションなのも初めて知ったほどの琉球史については疎い人間ですので、これから毎回お邪魔させていただきたいと思い、勝手ながらリンクを貼らせていただきました。

どうぞよろしくお願いします。

投稿: TV-Rocker | 2011年7月18日 (月) 15:11

ドラマ見ましたよ~!
またテンペストの世界も見ました!
そして実はラジオも聴きました!
まるで上里さんの追っかけのようです(笑)
実はこの連休はドラマのスタートをお祝して沖縄で過ごす予定だったのですが、台風で帰れなくなりそうだったので、泣く泣く断念しました。
本当はラジオの公開放送にも行く予定だったんですよ~(泣)
でも、まぁこれからは毎週ドラマを楽しみ生きていけます。
またここの裏話も!
私もドラマの中で上里さんを探し、わからず、
ラジオで出演状況を知り、
再度、録画したものを見て、失礼にも爆笑しました!
ドラマは俯瞰図のCGとか最高でした!
それでは、また。

投稿: かわた | 2011年7月18日 (月) 22:16

>大ドラさん
コメントありがとうございます。全10話のみということもあり、原作を変更している部分もあります。

平等所はそうですね、江戸時代でいえば町奉行所と似通ってるかもしれませんね。

今後とも当ブログをよろしくお願いします。

>うえまみわこさん
やはり見つかりませんでしたか(笑)撮ったシーンかなりカットされてしまったので…(笑)仲間由紀恵の合格式で首里城正殿内で冠をかぶる場所から右側、柱で顔半分隠れています。

>Saiさん
歓迎光臨!福建の方ですか。僕も福建は何度か訪れて、福州や泉州、漳州、湄州島や客家土楼など行きました。福建は山が多いという印象を持ちました。久米村の方々とも仲良くさせていただいてますよ。また遊びにきてくださいね。

>TV-Rockerさん
はじめまして。リンクフリーで歓迎ですよ。琉球の歴史に興味をもってもらえたのはとても嬉しいです。テンペスト裏話をこれからも紹介しますので、ご期待ください。

>かわたさん
どうもお久しぶりです。ラジオの公開生放送、参加される予定だったんですね。台風なのでしょうがないですが、残念でした。これから2ヶ月、ドラマ楽しみにしてくださいね~。

投稿: とらひこ | 2011年7月20日 (水) 00:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドラマ「テンペスト」もうすぐ! | トップページ | テンペスト用語解説(1) »