« テンペスト用語解説(2) | トップページ | 【ネタバレ】テンペスト解説(4) »

2011年7月28日 (木)

琉球王国の秘密、再放送!

Photo_2

テンペスト関連の特番「琉球王国の秘密~ドラマ“テンペスト”の世界~」、大変好評だったようです。全国のみなさんに知られざるもう一つの沖縄の顔をご紹介することができたかと思います。

そして!好評につき沖縄限定で再放送が決定!

再放送は7月31日(日)15:05~15:55、NHK総合(沖縄のみ)

琉球王国末期の王宮を舞台に、美貌と才能を併せ持つ女性が、性を偽って政府の役人になり、人を愛し琉球を愛し懸命に生きる姿を描く「テンペスト」。その放送開始に合わせ、ドラマの舞台・琉球王国の秘密に迫る。激動の時代をどう生き抜き、独立を維持したのか。仲間由紀恵さん演じる主人公も翻弄される王宮の陰の宗教権力の実態とは? そして独自の文化が生み出した美の世界も徹底解剖。ドラマがより楽しく深く見られる歴史紀行。

出演:山田優、上里隆史、白鳥哲也

前回の放送見逃した方、これを機会にぜひご覧ください!

人気ブログランキングへ
訪問ありがとうございます。
応援クリック!お願いします

|

« テンペスト用語解説(2) | トップページ | 【ネタバレ】テンペスト解説(4) »

コメント

沖縄での再放送いいですね☆
東京(全国放送)でも再放送して欲しいです!!!

投稿: ゆいま~る | 2011年7月30日 (土) 09:49

初めて書き込みさせていただきます。楽しみにしていたテンペストが始まりたいへん喜んでおります。特番みましたが、琉球王国そのものについて知ることができ、たいへん意義のある番組でした。

一点質問させていただけますでしょうか。2話の王妃の部屋、完全に日本式であり、襖に平安時代の絵まで描かれており、びっくりしました(聞得大君の部屋は赤いカーテン?があり、日本とは違いました)。薩摩の影響で、ここまで日本式が浸透していたのでしょうか。たいへん気になっております。初参加ながら突然申し訳ございません。宜しくお願い致します。

投稿: ちょちょ | 2011年7月30日 (土) 23:06

>ゆいま~るさん
残念ながら全国放送はなかったようですが、また何かの機会に登場するかもしれないので、その時はご覧くださいね。

>ちょちょさん
初めまして。ご質問についてですが、実はふすま絵が大和風だったのは僕も気になっていました。ただ首里城や他の建物は畳などの和風建築もあったのは歴史的に見ても確かです。

建物の考証は美術分野の担当で僕は関与していません。ただ考証は首里城復元の情報をもとにしていますから、何らかの根拠があるかもしれません。

投稿: とらひこ | 2011年8月 2日 (火) 21:34

>建物の考証は美術分野の担当で僕は関与していません。
そうでしたか。失礼いたしました。

和風建築(御簾も多いですね)、靴でなくて草履→室内では素足で正座、帯に扇子を携帯していたりと、大陸よりも日本に近いところも多く、毎回ドキドキしながらドラマをみています。

どうもありがとうございました。

投稿: ちょちょ | 2011年8月 4日 (木) 22:19

>ちょちょさん
日常的な暮らしはどちらかというと日本に近いですね。首里城には王が日常的に暮らしていた建物(書院や二階殿)も復元されていますが、和風建築です。

もしかしたら見学されたことがあるかもしれませんが、まだでしたらぜひ首里城にお越しください。

投稿: とらひこ | 2011年8月 6日 (土) 12:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« テンペスト用語解説(2) | トップページ | 【ネタバレ】テンペスト解説(4) »