« 100年前の美人総選挙(1) | トップページ | 100年前の美人総選挙(3) »

2011年6月18日 (土)

100年前の美人総選挙(2)

沖縄史上初めての美人投票イベントに県内の人々は大盛り上がり!主催の新報社は、「美人投票については読者諸君の大々的ご賛成により非常であります。投票を始めて依頼、毎日たくさんの投票があって、きわめて盛んなものであります」とその好評ぶりを伝えています。

新聞投書では読者からこういう意見が寄せられます。

「今回の美人投票募集は、天下唯一無二の壮絶・快絶の新案であります。」

「琉球新報の美人投票、なかなかに奇抜な催しです。」

また女性読者からはこういう意見も。

今回の美人投票の募集はなかなか奇抜で、ことにワラワどもにとっては双手をあげて賛成しておるのでござります。ところが右の投票については、おおかた読者諸君に向かってご注意を申し上げておきたいことがあります。すなわち、ワラワどもの希望は、美人の標準はぜひ衛生的に十分に詮議していただきたいの。

ある昔の東洋流の美人ならいざ知らず、鼻・目・口・耳さえ立派であればそれでスッカリ美人の資格がそなわっているという考えでいたが、当世流の美人はそんなお安いものではなありませぬ。鼻・目・口・耳の詮議も、もとより必要条件でありますが、体格はぜひ甲種となるくらいのものでなければダメだと思います。

ワラワも美人投票については自惚れかもしれませぬが、五番とは下がらないと自認しておりますから、読者諸君、必ず右の標準を誤らぬよう切にお願いいたします。
(ペンネーム:後道の衛生的美人某)

県内美人5位以内を自負する女性から、新時代の美人基準で選ぶようにとの主張です。要するに自分に投票せよ、ということなのでしょうか(笑)

さらに、沖縄県内の各企業や個人から次々と協賛の名乗りが挙がり、賞品の寄付が次々と寄せられます。その賞品の主な内訳は次の通りです。

【1位の副賞】
・文庫1個(朱塗り堆錦模様入り) ・・・浅田漆器店より
・洋傘1本(曙色・西陣琥珀墨*蔦模様の織り出し) ・・・二富士洋傘店
・紺地絣布1反 ・・・某氏
・羽二重入り風呂敷1枚 ・・・清水雑貨店
・アサヒビール4ダース入り1箱 ・・・平尾本店
・呉服券10円券1枚 ・・・某氏
・呉服券1円券5枚 ・・・藤井呉服店
・呉服券3円券1枚 ・・・某氏
・大鏡1個 ・・・某氏
・日本酒「富久娘」1樽 ・・・高鳥十八番
・写真券(引き伸ばし10円分)1枚 ・・・吉村写真館
・写真券(半切引き延ばし6円分)1枚 ・・・久志写真館
・芭蕉飴・芭蕉せんべい半ダースずつ ・・・与儀菓子店
・金鶴香水1ダース ・・・高嶺商店化粧品部
・名人画帖1冊 ・・・某氏

【2位の副賞】
・化粧品入箱(朱塗り堆錦模様入り) ・・・浅田漆器店
・洋傘1本(純白西陣博多織り) ・・・二富士洋傘店
・三ツ輪石鹸1ダース ・・・清水雑貨店
・アサヒビール1ダース入り2箱 ・・・平尾本店
・呉服券6円分1枚 ・・・某氏
・呉服券1円券4枚 ・・・藤井呉服店
・呉服券2円券1枚 ・・・某氏
・縮緬ふくさ1枚 ・・・某氏
・写真券(半切引き伸ばし6円分) ・・・吉村写真館
・芭蕉飴・芭蕉せんべい半ダースずつ ・・・与儀菓子店
・御園白粉1ダース ・・・高嶺商店化粧品部

【3位の副賞】
・小道具入れ1個 ・・・浅田漆器店
・洋傘1本(錆草色千紅織り) ・・・二富士洋傘店
・白合洗粉大瓶2ダース ・・・清水雑貨店
・アサヒビール1ダース ・・・平尾本店
・呉服券4円分3枚 ・・・藤井呉服店
・呉服券1円券3枚 ・・・某氏
・呉服券2円券1枚 ・・・某氏
・縮緬ふくさ1枚 ・・・某氏
・写真券(引き伸ばし10円分)1枚 ・・・吉村写真館
・写真券(半切引き伸ばし6円分)1枚 ・・・久志写真館
・芭蕉飴・芭蕉せんべい半ダースずつ ・・・与儀菓子店
・美人はみがき1ダース ・・・高嶺商店

(以下、20位まで副賞が続く)

投票は1月17日に開始され2月29日の締切まで行われましたが、その間、新聞紙上では中間結果が毎日公表され、これにあわせて県内各企業は負けじと協賛していきます。企業にとっては自分たちの絶好の宣伝の場にもなったのです。

こうして美人投票は多くの県民の関心事となり、大盛り上がりを見せました。そしていよいよ、投票が締め切られ、その結果が発表されることになります。栄冠に輝くのはいったい誰なのでしょうか・・・

(つづく)

人気ブログランキングへ
応援クリック!よろしくお願いします

|

« 100年前の美人総選挙(1) | トップページ | 100年前の美人総選挙(3) »

コメント

さて結果は?
写真があるかどうかが気になりますねー。

賞品の東京三越の指輪や、協賛の西陣織やアサヒビールに富久娘、当時の日本全国に知れたであろう一級品のブランドが面白いです。

投稿: nagamati | 2011年6月20日 (月) 21:19

初めまして。大阪から投稿いたします。
「大正沖繩の2ちゃんねる」も含めて、百年前の琉球新報にはいつも新鮮な驚きを覚えております。

美人總選擧の副賞でとりわけ興味を持ったのは与儀菓子店の「芭蕉飴・芭蕉せんべい」です。
沖繩名物でいまでもあるのかなぁ…と思って検索したのですが沖繩はおろか日本国内でも作ってるトコはないようです。
代わりに台灣の嘉義縣新港郷にある幾つかの老舗菓子店で大正時代から作ってるようなので参考に載せてみます。

【天觀珍新港飴】芭蕉飴
http://jp053742850.tw.tranews.com/
【金長利新港飴】金長利 芭蕉飴
http://www.onceok.com.tw/goods.php?id=65276466003

投稿: まりおん | 2011年6月20日 (月) 22:05

>nagamatiさん
写真は残念ながら残っていないみたいです。副賞に写真券がありますから撮影はしたとは思いますが、沖縄戦で焼けてしまったのかもしれませんね。

>まりおんさん
はじめまして。貴重な情報ありがとうございます。芭蕉飴
については初めて知りました。

僕は台湾にしばらく留学していたことがありまして、嘉義にも行ったことがありますが、こんなものがあったとは…

失われた沖縄のものがまだ台湾には他にもあるのかもしれませんね。いずれにせよこの飴食べてみたいです(笑)

投稿: とらひこ | 2011年6月22日 (水) 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 100年前の美人総選挙(1) | トップページ | 100年前の美人総選挙(3) »