« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月28日 (土)

久高島民の水泳伝授

琉球王国の正史『球陽』附巻には、久高島に関する面白い記事があります。

1863年、薩摩藩の島津久光から「薩摩藩内の漁民たちに水泳術を伝授せよ」との命令が久高島民に出されたのです。そこで久高島から4人の島民が鹿児島へ派遣されました。1年後、水泳術を教えた島民は琉球へ帰り、王府から褒賞されました。

久高島はエラブウミヘビ漁で知られています。1850年代の奄美の様子を記録した『南島雑話』には、久高島民が船で奄美大島まで渡り、近海で素潜りのウミヘビ漁をしている姿が描かれています。

久高島民はさらに北の屋久島まで渡り、ウミヘビ漁だけでなく交易もしていました。その様子を知った薩摩藩は、琉球へ彼らを取り締まるように通告しています。琉球の人々は勝手に薩摩の領内へ渡ることは禁止されていたからです。

薩摩でも海を越えてやって来る久高島の漁民のことは知られていたのでしょう。水練達者な久高島の人々を知り、薩摩の殿様は水泳を教わることを思いついたのかもしれませんね。

参考文献:『球陽』、入間田宣夫・豊見山和行『日本の中世5』

人気ブログランキングへ
応援クリック!よろしくお願いします

| | コメント (4)

2011年5月21日 (土)

護佐丸をめぐる謎

15世紀、沖縄島が尚巴志によって統一された時期に活躍した武将に護佐丸(ごさまる)という人物がいます。

護佐丸はもと山田按司でしたが尚巴志の北山攻略に功績をあげ、やがて座喜味グスクの主となり、その後は中城グスクへ移って勝連の阿麻和利を監視しますが、1458年、阿麻和利の策略によって滅ぼされてしまいます。

彼は沖縄では有名なのですが、あるナゾが残されています。護佐丸が生きていた当時の記録に、彼の名前がまったく出てこないのです。たとえばオモロ(神歌)を集めた『おもろさうし』には、勝連の阿麻和利を称える歌はあるのに、護佐丸を謡ったものはありません。また座喜味グスク周辺の民話や伝承を探っても、護佐丸に関するものは一切ないのです。これはいったいなぜでしょうか。

これを解くヒントがあります。

『毛姓家譜』には、護佐丸について「童名・真牛」とあります。童名(ワラビナー)というのは幼少期の名前のことですが、彼が生きていた古琉球では成人になってからも使った本来の名前でした。つまり、護佐丸が生きていた時期に、彼は「真牛」と呼ばれていたのです。当時の慣習からいけば「読谷山の按司、真牛」や「中城の按司、真牛」と呼ばれていたのは間違いありません。

では護佐丸という名前は何か。護佐丸の先祖が後世に記した『異本毛氏由来記』(18世紀後半)には、「神名ハ護佐丸、号名は亨(キョウ)と申し候」と書かれています。「神名」とは神々によって授けられた名前か、もしくは死後贈られる諡(おくりな)であると考えられます。

そもそも「護佐丸」という名前自体、「(王を)護り補佐する」という、彼が忠臣であることを示す意味合いで付けられた意図的な感じがします。

同時代に護佐丸の名前が一切出てこないのは、こうした理由が一つの要因になっているのではないでしょうか。

参考文献:曽根信一「護佐丸について 琉球国時代に書かれた文書資料」(『読谷村立歴史民俗資料館紀要』19号)、『国指定史跡座喜味城跡環境整備報告書』

人気ブログランキングへ
応援クリック!よろしくお願いします

| | コメント (5)

2011年5月13日 (金)

沖縄苗字のヒミツ!

Img4dc5fc7d4bc07

最近発売された武智方寛(たけち・みちひろ)さんの『沖縄苗字のヒミツ』(ボーダーインク)の書評が先日「琉球新報」に掲載されました。文章は僕が書いたものです。

書評はこちらから読めます

沖縄の苗字(姓)は独特な読み方と漢字を使います。真栄田(まえだ)、比屋根(ひやごん)、我如古(がねこ)、保栄茂(びん)・・・この本はありそうでなかった、沖縄の名前の歴史のヒミツに迫ったものです。

金城はなぜ「キンジョウ」と読むのか?

沖縄には「櫛さん」と「垢さん」がいる??

などなど。

本書は発売されてから話題沸騰、売れ行きも好調のようです。今年の沖縄県産本のヒット作になるのはまちがいなしです。

興味のある方は【こちら】から購入できますよ(1500円以上は送料無料)。アマゾンでは現在取り扱っていないようです。

みなさま、ぜひぜひ読んでみてください!

人気ブログランキングへ
応援クリック!よろしくお願いします

| | コメント (0)

2011年5月 7日 (土)

那覇が津波に襲われたら

東日本大震災では津波による大きな被害が出ました。四方を海に囲まれている沖縄も、津波と無関係ではありません。過去1000年に1~2度は南西諸島が津波災害に襲われていたことがわかっています(こちら参照)。

沖縄県や那覇市も今回の震災で津波などの災害対策に乗り出しています。そのなかで那覇市の津波浸水予測図が公開されました。

那覇市津波浸水予測図

Photo_2

【画像】古琉球の那覇概念図

この予測図を見てあることに気づきました。浸水する地点は、ほぼすべて埋め立て地になっています。那覇はかつて「浮島」と呼ばれた独立した島でした。那覇は王国時代から近代までに埋め立てがかなり進み、今では島の面影はほとんどありません。そして、津波による浸水をまぬがれる地区は、この浮島だった部分とほぼ重なるのです。

つまり、この浸水予測図から、王国時代の那覇の地形が浮かび上がってきたといえます。

人気ブログランキングへ
応援クリック!よろしくお願いします

| | コメント (7)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »