« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月27日 (土)

沖縄でも大地震は起きる!

2月27日早朝、沖縄本島が震度5の地震にみまわれました。沖縄の人々はこれまで経験したことのない強い揺れだったと思います。

沖縄は地震災害の危険がほとんどない、大地震とは無関係と考えられていますが、これは誤解です。たしかに頻発地帯というわけではありませんが、歴史的にみても沖縄には確実に大きな地震は起こっています。

直近の大きな地震は1911年6月15日午後11時25分と1909年8月29日午後7時30分の沖縄本島で起こった地震。震度は定かでありませんが、1909年には死者2名、負傷者13名、石垣崩壊1021ヶ所、家屋全壊7戸、半壊9戸の被害を出し、1911年には死者1名、負傷者6名、那覇市内の石垣崩壊318ヶ所に及んでいます(死者は地震による直接的な被害者ではなく、ショック死)。おそらく震度5以上であっただろうと思います。

そのほかにも1882年7月15日午前1~2時に推定震度5の地震が発生、死傷者はいませんでしたが、首里・那覇の石垣崩壊500ヶ所、首里城の城壁が90メートル崩れています。

地震の揺れよりも恐ろしいのが津波です。四方を海に囲まれた沖縄では地震そのものより、むしろその後に来る津波の被害のほうが甚大になるといえます。1771年の有名な明和の大津波(乾隆大津波)は先島を中心に1万人以上の死者を出しており、これを機に八重山の人口は激減し、王国滅亡までついに津波以前の水準に回復することはありませんでした。

そして、大津波はこの時ばかりではないことが、最近の調査でわかってきています。1771年だけでなく、約500年前、1000年前、2000年前、2400年前、3400年前にも大津波が南西諸島を襲った可能性が指摘されています。考古学調査からも地震の際の亀裂や津波による土砂体積が見つかっています。つまり、沖縄では1000年に1、2度の頻度で大津波が襲っていたことになります。

要するに結論は「沖縄は地震・津波と無関係ではない」ということです。必要以上に怖がることはありませんが、沖縄でも常日頃から地震・津波を想定した防災の意識を持っておくことが大事かもしれませんね。

参考文献:『沖縄の災害情報に関する歴史文献を主体とした総合的研究』科研報告書、河名俊男「宮古・八重山諸島と沖縄島における考古遺跡と自然災害」(『沖縄考古学会2008年度研究発表会 考古学から見た環境と自然災害』)、「琉球新報」1911年6月17日

人気ブログランキングへ
応援クリック!よろしくお願いします

| | コメント (2)

週刊ポストに掲載!

1_2

今週発売の「週刊ポスト」(3月5日号)でノンフィクションライターの与那原恵さんが拙著『琉日戦争一六〇九』を取り上げてくださいました。

著者の予想を越えて、沖縄の地元から少しずつ全国にその波が広がっているようです。おかげさまで発売2ヶ月で早くも増刷決定、現在在庫がなく、ご迷惑をおかけしております。3月初めには出回る予定です。

皆さま、「週刊ポスト」をぜひご覧になってください!

与那原さん、どうもありがとうございました!

人気ブログランキングに投票
応援クリックよろしくお願いします

| | コメント (2)

2010年2月20日 (土)

欧州に渡った古琉球漆器

琉球の伝統工芸と知られる漆器。かつて王国時代には近世で「貝摺(かいずり)奉行」と呼ばれる官営の工房があり、ここで漆器などの工芸品が制作されていました。王府で制作された漆器は国内の家臣、神女などに与えられるほか、外国へのプレゼントまたは貿易品として海外へ輸出されました。

たとえば薩摩の島津忠良に贈られた古琉球漆器の椀が最近発見されましたが、これは忠良の遺品の中にありました。16世紀の黒漆・沈金の技法の漆器椀はこれまで例がなく、非常に貴重なものです(くわしくは【こちら】のサイトの「加世田」の項を参照)。

さらにヨーロッパに渡った古琉球漆器もあります。場所はなんとオーストリアのチロルです(チロルチョコの由来となったところですね)。この漆器はヨーロッパで一番古い沖縄関係の資料で、朱漆(しゅ・うるし)で花鳥をかたどった箔絵(はくえ)の椀です。この椀はオーストリア・ハプスブルク家のチロル大公・フェルディナンド2世の所蔵品で、1596年に作成された目録のなかにすでに見えています。つまり1596年以前に琉球漆器がヨーロッパへ渡っていたことを意味しているのです。

フェルディナンド2世は当時、南アメリカ・アジアに広大な植民地を獲得していたスペイン国王・フィリップ2世のいとこでした。スペインは1571年にフィリピンのマニラに植民都市を建設しています。おそらく琉球漆器はマニラ経由でスペインへ渡り、さらに一族のチロル大公のもとへ届いた可能性が非常に高いといえます。そうなると、1571~1596年の間に琉球漆器を入手したことになります。

定説では琉球は1570年に東南アジア貿易が途絶したといわれています。ところが、琉球はそれ以降(1600年頃まで)もフィリピンと貿易を続けていたことが明らかになっています。チロルに残る琉球漆器の存在は、まさにこれを裏付けるものであるといえるのではないでしょうか。

※琉球漆器については【こちら 】も参照。

参考文献:安里進「仙台と薩摩に伝世した琉球漆器の祭具」(『漆工史』29号)、上里隆史「古琉球・那覇の「倭人」居留地と環シナ海世界」(『史学雑誌』114編7号)、クライナー・ヨーゼフ「ヨーロッパにおける沖縄関係コレクションの歴史と現状」(『沖縄の宗教と民俗』)

人気ブログランキングに投票
応援クリックよろしくお願いします

| | コメント (6)

2010年2月14日 (日)

写真展「琉球古道」のお知らせ

20100111_497121_3

20100111_497122_2

琉球歴史の写真展のお知らせです。

とみやまよしのり 写真展 
"琉球古道"

日時:2010/2/13(土)-2/21(日) 10:00-18:30 
場所GARB DOMINGO
〒902-0065 沖縄県那覇市壺屋1-6-3
TEL 098-988-0244

入場無料!

※地図は【こちら
※月曜日・水曜日定休日
13(土)・14(日)は作家が在廊しています。

都市開発によって姿が変わりつつある現代沖縄に未だ残された古い道「琉球古道」を映し出した写真展。かつてあった琉球の姿と亜熱帯の風が吹き抜けていく。

企画・協力 琉球古道を歩く会・上里隆史(歴史家)
後援 (株)オリエンタルホビー

琉球王国時代の道は「宿道(すくみち)」が知られています。現在、これらの道は開発などでほとんどが当時の姿をとどめていませんが、一部はその面影を残しており、道々の途中には歴史の舞台となったグスクや御嶽、泉なども見ることができます。

今回、『沖縄ビーチ大全』著者、写真家の富山義則氏が「琉球古道」と銘打って沖縄の古い道を撮影した写真展を開くことになりました。僕も少しだけ関わっていますので、ぜひ見に来てください!

人気ブログランキングに投票
応援クリックよろしくお願いします

| | コメント (0)

2010年2月13日 (土)

大里グスクの正殿

南城市(旧大里村)の島添大里グスクは三山時代、大里按司の居城だったと伝えられている場所です。『明実録』には南山王・承察度(うふさと)が登場することから、南山グスク(糸満市)ではなく、こちらが南山王の居城であった可能性が指摘されています。

「三山」の政体は多くの人々がイメージする「国家」という強固な体制ではなく「按司連合政権」であり(南山はとくにその傾向が強い)、「王(世の主)」はその中の最有力者程度のものであったことが明らかになっていますので、僕は「どっちも南山王の居城だった」としたほうが妥当だと考えています。たとえ血がつながっていなくても有力な按司の持ち回りで「王」として朝貢することは可能だからです。

大里グスクは大里按司が佐敷の思紹・尚巴志に滅ぼされて以降も、首里に移るまで第一尚氏の根拠地として使用されていました。王国統一後も「旧宮」として機能していたようです。1458年銘の「大里城の雲板」の存在もそのことを裏付けています。

この大里グスクは2008年度からグスク中枢の正殿付近の詳しい調査が開始されています。2009年12月10日に行われた現場説明会で撮影したグスク正殿付近について紹介しましょう。

今回の調査で明らかになったのは正殿を支える礎石群と建物の大きさです。この正殿は南山時代ではなく、第一尚氏王朝期のものと考えられます。

大里グスク正殿跡

Cimg4359

そのままの位置で残る礎石

Cimg4365

そして驚いたのが礎石に残った建物の柱のかたちです。

Cimg4374

おわかりになったでしょうか?丸い礎石の中央に四角の柱の痕跡が残っています。

Cimg4374a

つまり大里グスクの正殿の柱は首里城正殿のように丸くなく、四角だったのです。古琉球時代の木造建築は残っていませんので、当時の建物の姿をうかがうことができる重要な資料です。礎石から8間×5間(22×13m)になることが判明しています。

また正殿付近からは、謎の石積みの穴も見つかっています。中からは陶磁器の破片などが出土していますが、用途は不明とのこと。

Cimg4354

大里グスクは戦後、採石などで破壊されてしまいましたが、現在でもわずかながら当時のまま残っている石垣もあります。

Cimg4383

石垣は自然石をそのまま積んだ「野面(のづら)積み」ですが、これは裏込めの石積みであって、この表面に切り石(布積み)があったようです。基礎部分にいくつか加工石が残存していることからわかります。砕石で切り石はごっそり持っていかれてしまったんですね。

基礎部分に残る切り石

Cimg4372_2

南城市では国史跡への指定に向けて整備を進めるそうですから、やがて勝連や中城のようなグスクの姿を現すはずです。楽しみに待ちましょう。

人気ブログランキングに投票
応援クリックよろしくお願いします

| | コメント (2)

2010年2月10日 (水)

池澤夏樹さんが書評!

1_2

2月7日の「毎日新聞」で作家・池澤夏樹さんが拙著『琉日戦争一六〇九 島津氏の琉球侵攻』を取り上げてくださいました!

記事は【こちら

池澤さんは芥川賞選考委員もつとめる、言わずと知れた著名作家で、こんな若輩者の拙い本を全国紙で紹介してもらえるとは、大変光栄です。 池澤さん、どうもありがとうございました!

『琉日戦争一六〇九』の購入は【こちら】からどうぞ(送料無料)。

人気ブログランキングに投票
応援クリックよろしくお願いします

| | コメント (6)

2010年2月 6日 (土)

“お宝王国”琉球

Cimg3160

交易でさかえた琉球王国には、アジア各地からさまざまな品物が入ってきました。その繁栄ぶりを記した「万国津梁の鐘」には「異産至宝は十方刹(じっぽうさつ)に充満せり(珍しい宝はいたるところに充満している)」とあるように、非常に高価な宝物が満ちあふれていたのです。

たとえば首里城の京の内という地区の調査からは、たくさんの中国陶磁器が出てきましたが、そのなかには何と世界で4点しか確認されていないという水差し(水注)や、世界で21点しかない杯(馬上杯)が見つかっています。水差しは北京の故宮博物院に2点と陶磁器の産地・景徳鎮でカケラが1点見つかっているだけです。

お宝はこれだけではありません。首里城で国王が日常の執務を行う書院という場所には、中国の貴重な絵画が所蔵されていました。そこには鎌倉・室町時代の日本で爆発的な人気を呼んだ牧渓(もっけい)、また南宋の宮廷画家・劉松年(りゅうしょうねん)、明の四大画家として名高い仇英(きゅうえい)などの作品があり、首里城の書院を飾っていたのです。

現在、日本に残る牧渓の作品は国宝に指定されており、劉松年の作品は中国皇帝のコレクションでも17点しかありません。また仇英の絵画は2007年のオークションで、何と約12億円という破格の値段で落札されています。これは中国絵画作品としては世界最高の落札価格だそうです。琉球にはこうしたスーパー・プレミアムなお宝がたくさんあったわけで、琉球は「宝の島」だったといえるかもしれません。今からはとても想像もつきませんね。

琉球はこうしたお宝を、薩摩役人の接待する際にもしばしば飾りました。国王の後ろの床の間にさりげなく掛けられている、見たこともないお宝に、薩摩武士たちは度肝をぬかれたかもしれません。絵画は単なる美術的な鑑賞品という性格を超えて、琉球国王の権威と文化レベルの高さを内外に示す政治的な性格も帯びていたのです。

では、この貴重なお宝はなぜ現在の沖縄に残されていないのでしょうか。それは何度かの首里城の火災で焼失したものもあるでしょうし、1879年(明治12)に琉球王国が崩壊して文物が県外・海外に流出したことにくわえ、先の沖縄戦で失われてしまったことなどが理由としてあげられます。永久に失われたかに思える美術品ですが、すべてが消えたわけではありません。海外に流出した琉球の宝物を沖縄に取り戻していこうという動きもありますので、やがて沖縄でそのお宝を見ることのできる日が来るかもしれません。

参考文献:真栄平房昭「琉球王国に伝来した絵画」(『沖縄文化』100号)

【画像】首里城の書院と庭園。ここに貴重な宝物が所蔵されていた。

人気ブログランキングに投票
応援クリックよろしくお願いします

| | コメント (2)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »