« 尚徳王=倭寇? | トップページ | 琉球・山川港交流400周年イベントを終えて(2) »

2009年11月30日 (月)

琉球・山川港交流400周年イベントを終えて(1)

Cimg4262

11月28、29日に鹿児島の山川で開催された「琉球・山川港交流400周年イベント」に参加してきました。僕は坊津や志布志などの港町は行ったことがありましたが、山川は初めて。大変良いイベントでした!山川のみなさんの熱烈な歓迎ぶりに、ただただ感動しました。

僕は今年の1月5日、琉球新報の連載コラム「落ち穂」で「400年目の和解」という文章を書き、そのなかで鹿児島との和解に乗り出し、今年を鹿児島・奄美との相互理解を深める「交流元年」にしてはどうか、と提起しました。2009年もまもなく終わろうとするなか、そのような主旨のイベントに実際に参加させていただいたことは、非常に感慨深いものがありました。

イベントはまずNHK大河ドラマ「篤姫」の時代考証・脚本を手がけた原口泉先生(鹿児島大教授)の基調講演から始まり、近世における琉球と薩摩の交流などを紹介しました。その後パネルディスカッション。

沖縄・鹿児島県両副知事のお話では、両県はすでに「南の海洋連携軸構想」として両県共通の問題・課題を話し合う連携を行っているとのこと。恥ずかしながら、行政の具体的な交流が進展していると知りませんでした。2009年を機に、こうした路線がさらに活発となることを期待したいです。

通称「奄美のトラさん」こと花井恒三さんは奄美の歴史副読本が作られることが決定したとの報告。地元の歴史を奄美の子供たちが学ぶことになるのです。もちろん副読本の前提となる奄美の歴史研究がまだ充分とはいえない状況という課題はありますが、奄美の自画像を描く大きな一歩であると思います。

山川港と琉球との関わりで南九州地域史研究家の松下尚明さんは、島津軍の琉球侵攻に従軍した山川衆の内田浄休が征服後、琉球から女性を連行してきたとの伝承があるとの事実を明らかにしました。この伝承は僕は全く知らず、史料からはうかがえない、地元をよく知る方ならではの研究をされていると思いました。

僕は1609年前後の山川港と琉球との広範な民間交流について、新史料を紹介しながらいくつかの事例をあげて話しました。歴史の話を通じて僕がとくに強調したかったのは、沖縄側から十把一絡げにされてしまう《薩摩》には、地域のそれぞれの具体的な「顔」があるということです。戦国・江戸時代の大名権力としての《薩摩・島津氏》、抽象化・記号化された《薩摩・鹿児島》ではなく、今回のシンポジウムは「山川港」と「琉球」と銘打ったことは非常に良かったと思います。

本イベントを主催した実行委員会の永田和人さんによると、もともとこのイベントはさまざまな縁で実現したとのことです。山川はこのイベントが開始される以前より沖縄と交流していましたが、今回のイベントが開催されたのは、山川港にあった樹齢300年のアコウの木が台風で倒れ移植した際、この木が琉球から来たとの話を聞いたのがきっかけだったそうです。

それから永田さんらは有志を集め、仕事の合間に沖縄の歴史の勉強会を重ね、協賛金を募り、スタッフの数も充分ではない中、行政はほとんどノータッチでこの大きなイベントを実現させました。これには両副知事も驚かれていました。民間でこれだけできるんだ、ということを証明した格好になったと思います。

長くなりますので、続きは次回に。

※【画像】は山川から見た日の出。対岸に見えるのは大隅半島。

人気ブログランキングに投票
応援クリックよろしくお願いします

|

« 尚徳王=倭寇? | トップページ | 琉球・山川港交流400周年イベントを終えて(2) »

コメント

有意義そうなイベントだったようでよかったですね。
奄美関連者は心配してましたが。

琉日戦争、読み始めました。まだ第一章だけ。
海域アジア世界についての記述もすばらしいし、倭寇についても分かりやすかったです。

投稿: kayano | 2009年12月 1日 (火) 02:45

>kayanoさん
山川のみなさんの沖縄に対する熱意には、頭が下がりました。奄美の関係者も招待されていましたし、僕はとくに問題はないように思いましたよ。

拙著、読んでいただき感謝です。海域アジアと倭寇については僕の専門なので、比較的書きやすかったです。続きもぜひお読みください。

投稿: とらひこ | 2009年12月 1日 (火) 07:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 尚徳王=倭寇? | トップページ | 琉球・山川港交流400周年イベントを終えて(2) »