« 琉球・山川港交流400周年イベント | トップページ | 貝塚時代は遅れた社会? »

2009年10月17日 (土)

新「琉神マブヤー」放送開始!

Mabuya_hd_2

沖縄のローカルヒーロー、「琉神マブヤー」の新作、「琉神マブヤー外伝・SO!ウチナー」が琉球放送で今日から開始されました!

琉神マブヤー公式サイト

今回は放送時間30分に拡大、沖縄の歴史・文化を前回よりも多くもりこんでいます。僕も「歴史アドバイザー」として少し関わっています。沖縄にお住まいの皆様、ぜひご覧ください。毎週土曜日10時30分に放送です!

※日経トレンディネットにも紹介されています。詳しくは【こちら

人気ブログランキングに投票
応援クリックよろしくお願いします

|

« 琉球・山川港交流400周年イベント | トップページ | 貝塚時代は遅れた社会? »

コメント

とりあえず公式サイト行ってきました。
YouTubeにもありました・・・
何ですかコレw
「歴史アドバイザー」として関わってるんですね。
他のコトで悪ノリはしてないですよね!?(むしろソッチを希望しますが 笑)

投稿: ひさし | 2009年10月18日 (日) 13:15

>ひさしさん
自分の役割は裏方のさらに裏方ですよ。

質問が来たらそれについて調べて答えるといった程度です。悪ノリする権限などありません(笑)

投稿: とらひこ | 2009年10月19日 (月) 11:10

最近、沖縄関係の本なら、佐藤優氏の「沖縄・久米島から国家を読み解く」という本を読んだのですが、上里氏は読まれたでしょうか。よろしければ沖縄の研究者としてコメントお聞かせください。
もっとも、ああいう沖縄本というのは、本土よりも沖縄で売れるのでしょうか。僕は沖縄やアイヌが独自の文化や歴史を持っていたのは事実であり、彼らのことを知らなくては日本について全体像を把握したとはいえないと思うのです。アイヌに関して先住民族決議がなされましたが、沖縄にかんしても国の側からしかるべき決議がなされるべきだと思います。
アイヌや沖縄人が独立してほしいとは思いませんが、ただ彼らの土地を侵略し、同化政策を進めたことは事実として認めるべきだと思います。これは将来の禍根を断ち切るうえでも有効であると思うのです。

投稿: ハンニバル | 2009年10月20日 (火) 09:18

youtubeに「琉神マブヤー外伝 SO!ウチナー」がアップロードされてるよ。
http://www.youtube.com/watch?v=L71p_FGCZGY

方言がでてきて面白い。
チルダイ森、ハゴー山、マジムン軍団・・・・
マジムンは、ハブ、マングース、オニヒトデなど有害なものを被ってます。

投稿: kayano | 2009年10月20日 (火) 12:29

>ハンニバルさん
佐藤氏の新著、恥ずかしながらまだ読んでいません。仕事で専門書ばかり読んでいます・・・でも面白そうですね。読んでみます。

ご指摘のように、現在の「日本」はアイヌ・琉球やその他のエスニックグループが存在していて、それらをふくめて成り立っていると僕も思います。こうした歴史を躍起になって単色に塗りつぶそうとしている人々がいるのは残念ですね。

現在の「日本」という多様性を認めたうえで、我々はその社会の一員として参加しているんだという意識を持つべきだと思います。

>kayanoさん
もうyoutubeに出てるんですね。マジムンは確かに有害として考えられている生物ですが、この番組は基本的に「敵を殺さない、倒さない」というコンセプトでやっています。沖縄らしい番組だと思います。

投稿: とらひこ | 2009年10月21日 (水) 11:08

楽しい番組ですね。
DVD化されたら是非購入したいです!
見ていて思うのですが、関西のボケと琉球のボケのセンスはなんとなく似通っているような気がします。文化人類学的に面白いテーマかもしれません(冗談です)。

最近では日本各地にご当地ヒーローが出現していますが、こうしたご当地ヒーローを見るたびに、日本という国の持つ多様性を再確認する思いがします。
それだけに、こうした多様性を一色に塗りつぶそうとする人たちには私も呆れざるをえません。

奄美系大阪人の私としては、いろんな文化や集団があったほうがオモロイやんけという、単純な大阪人的理屈で彼らを批判したいと思います(苦笑)

投稿: 電羊齋 | 2009年11月16日 (月) 21:08

ボーダーインクから「琉神マブヤー」の本が出るそうです。
送られてきた目録に近刊予告してありました。
どんな本だろう。

投稿: kayano | 2009年11月17日 (火) 12:59

>電羊齋さん
DVD化の話はありますので(特典映像付きらしいです)、ご期待ください。

先週東京で行われた「奄美と沖縄をつなぐ」イベントに参加して思ったのですが、「琉球・沖縄」といわれている場所でさえ多様なアイデンティティを持っていることを実感しました。彼らの思いを頭から否定してまで「日本」を単色に塗りつぶそうとする行為は果たして「日本」を本当に豊かにするのか甚だ疑問です。

単純な大阪人的理屈、いいですね(笑)個々の体験や実感に根付いた批判は、ネット上に浮遊するリアリティのない意見にまさると僕は思います。

>kayanoさん
どうも子供向けの本らしいのですが、詳しくは僕もわかりません。

投稿: とらひこ | 2009年11月18日 (水) 00:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 琉球・山川港交流400周年イベント | トップページ | 貝塚時代は遅れた社会? »