« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月31日 (土)

島津侵攻秘話(5)

琉球に侵攻した島津軍の強さ

1609年に琉球を襲った島津氏の軍勢。その強さは戦国日本のなかでもトップクラスに入るものでした。ある人は「琉球はたった3000人の軍勢にやられた」と言います。たしかに兵数が勝敗に影響するのはそうなのですが、戦争は単純な数の勝負で決まるわけではありませんし、島津兵3000人が本当に「たったこれだけ」と言えるのかは、検討の余地があります。

琉球侵攻からさかのぼること11年前の1598年。豊臣秀吉の明征服戦争で朝鮮半島へ出兵した島津義弘・忠恒(家久)らは、慶尚道の泗川(サチョン)において明・朝鮮連合軍と激突します。董一元率いる兵数20万と号した明の主力軍です(実際には3万7000ほどだったとも)。対して泗川倭城に籠もる島津軍は5000にも満たない兵数です。しかもこの軍勢は独立した5つの寄せ集め軍団で成り立っていました。

10月、明・朝鮮軍が泗川倭城を攻撃します。義弘らは押し寄せる敵を鉄砲で撃退し、さらに明軍の大砲の火薬が誤爆すると、混乱する明軍の中へ島津軍が突撃しました。義弘・忠恒も自ら敵兵を討ち取る激戦となり、やがて明・朝鮮軍の全面的な敗走となりました。圧倒的に不利な戦況をくつがえしての島津軍の大勝利です。これが有名な「泗川の戦い」です。

この日討ち取られた明・朝鮮軍の兵士は実に3万余にものぼったといいます。この戦いによって明軍の主力を殲滅した島津軍は、明・朝鮮の人々から「鬼石曼子(グイシイマンズ)」と呼ばれ恐れられました。日本でも五大老・五奉行ら豊臣政権の首脳部は、日本軍10万の撤退成功は泗川での島津軍の勝利にあるとして、最大級の賛辞を贈っています。

ちなみに泗川の戦いでは、琉球侵攻軍の大将となるあの樺山久高も参加しています。この時、久高は激戦のなかで身長6尺(180センチあまり)の江南出身の明兵と格闘となりました。豪腕の明兵に対し、力不足の久高は組み伏せられ危険な状態となりましたが、家来の田実三之丞という者が駆けつけ鎗で明兵の顔を突き、ひるんだその隙に久高が明兵の首を掻き斬ったといいます(『本藩人物誌』)。危うく久高は討ち死にするところでした。

島津軍の琉球侵攻にはこうした歴戦の猛者が揃っていたのです。琉球には4000人ほどの軍事組織が存在したとはいえ、戦慣れしておらず装備も劣り、島津兵は3000人でも充分な数でした。

島津軍と琉球軍の戦いを、あえてわかりやすく現代に例えていえば、グリーンベレー・デルタフォースなど米軍の特殊部隊3000人と沖縄の警察官4000人が戦うようなものだったといえます。この場合、「沖縄県警は米軍の特殊部隊たった3000人に敗れた」とは決して言うことはできないように、「島津軍たった3000」とは言えないように思います。

参考文献:山本博文『島津義弘の賭け』、村井章介「島津史料からみた泗川の戦い」(『歴史学研究』736号)

人気ブログランキングに投票
応援クリックよろしくお願いします

| | コメント (8)

2009年10月24日 (土)

貝塚時代は遅れた社会?

Cimg3488

沖縄県は大小160の島々から成り立つ地域です。こうした自然環境のもと、沖縄の歴史は育まれてきました。人々は海とともに生き、移動手段として船を利用し、島嶼間をさかんに往来していました。

今から6600~900年前、琉球王国という国家が誕生する以前、沖縄の人々は長く漁労採集の生活を営んでいました。「貝塚時代」といいます。人々はサンゴ礁のおだやかな内海(ラグーン。イノーともいう)で貝や魚を獲り、砂丘地帯や湧き水の近くに住まいをかまえ生活していました。

この時代の特徴は、日本本土でいう平安時代頃までこうした生活スタイルが続いていたことです。日本で「源氏物語」の世界が展開されていた時期に、南西諸島ではまだ農耕をせず、魚や貝を獲りながら暮らしていたのです。こうした事実によって沖縄は野蛮で遅れていた、と考えることも可能かもしれません。しかし、こうした見方は必ずしも適当ではないと思います。

農耕は非常に手間がかかる作業です。1年を通じ田畑と水を管理し、人々が組織的に働かなくてはいけません。貝塚時代の人々は本土の弥生人と交流がありましたから、米や麦などの穀物栽培を知らないはずはありません。ではなぜ農耕が広がらなかったのでしょうか。それは、あえて面倒な農耕をしなくても、従来の生活で充分食べていけたからなのではないでしょうか。つまり沖縄ではわざわざつらい農作業をしなくても、1年中暮らしていける豊かな社会だったから、ともいえるのです。

貝塚時代の人々の主な生活の舞台はサンゴ礁の内海でしたが、それだけにとどまりませんでした。有人島で日本最南端の波照間島。島の北海岸砂丘に位置する大泊浜貝塚からは、驚くべきことに島外産のイノシシやマングローブ林でしか採れないシレナシジミ(大型のシジミ)が多数出土しています。ここから海の向こうの西表島も生活圏だったことがわかります。波照間島は「絶海の孤島」だったのではなく、人々は日常的に対岸の島々を行き来していたのです。大泊浜貝塚から海をながめると、水平線の向こうに西表島の島影をはっきりと見ることができます【画像】。

なお1477年の朝鮮漂着民の見聞録によると、波照間島はキビ・粟・麦を栽培していましたが、水田がないので米は対岸の西表島から入手し、材木も西表島から取ってきたとのことです。

人々の生活は必ずしも島の中だけで完結していたのではなく、海を越えた広がりをもっていたわけです。

【画像】波照間島の大泊浜貝塚からみえる西表島。

参考文献:安里進・春成秀爾編『沖縄県大泊浜貝塚』(科研報告書)

人気ブログランキングに投票
応援クリックよろしくお願いします

| | コメント (7)

2009年10月17日 (土)

新「琉神マブヤー」放送開始!

Mabuya_hd_2

沖縄のローカルヒーロー、「琉神マブヤー」の新作、「琉神マブヤー外伝・SO!ウチナー」が琉球放送で今日から開始されました!

琉神マブヤー公式サイト

今回は放送時間30分に拡大、沖縄の歴史・文化を前回よりも多くもりこんでいます。僕も「歴史アドバイザー」として少し関わっています。沖縄にお住まいの皆様、ぜひご覧ください。毎週土曜日10時30分に放送です!

※日経トレンディネットにも紹介されています。詳しくは【こちら

人気ブログランキングに投票
応援クリックよろしくお願いします

| | コメント (8)

2009年10月15日 (木)

琉球・山川港交流400周年イベント

Ryukyuyamakawa

わたくし、とらひこが参加する歴史イベントのお知らせです。

琉球・山川港交流400周年事業イベント
 
11月28日(土)

●14:00~16:00  シンポジウム   

会場/山川文化ホール
◎基調講演 /原口泉(鹿児島大学教授)

◎パネルディスカッション /
コーディネーター 
原口泉(鹿児島大学教授) 
パネリスト
安里カツ子(沖縄県副知事)、岡積常治(鹿児島県副知事) 、上里隆史(早稲田大学客員研究員) 、花井恒三氏(奄美のトラさん) 、松下尚明氏(地域史研究家)、永田和人氏(縄文の森をつくろう会)

●17:00~20:00  くるま座文化交流   

会場/山川文化ホール
◎泡盛、芋焼酎、郷土料理を味わいながらの懇親会(会費 2,000円)
◎ツマベニ少年太鼓、琉球舞踊、奄美島唄 などの芸能交流

11月29日(日)

●8:30~9:30  除幕式 (琉球人鎮魂墓碑・琉球人望郷の碑建立事業) 
◎多くの琉球人墓があった福元墓地に「鎮魂墓碑」、愛宕山に「望郷の碑」を建立

●10:00~12:00  芸能交流   

会場/山川文化ホール
◎琉球舞踊、奄美島唄、琉球笠踊り、ツマベニ少年太鼓などの熱演(予定)

●13:00~15:00  山川港のまち歩き   

集合/山川文化ホール玄関前
◎「いっど、いっが、山川港ボランティアガイドの会」が案内します。参加無料、当日現地で受付
☆参加者募集!!(申込締め切り11月10日)   

【シンポジウム】
入場料:無料
定員:500名 
※両県副知事による新交流宣言

【くるま座文化交流】
入場料: 2,000円
定員:200名
※泡盛、芋焼酎、郷土料理で懇親

【芸能交流】
入場料:無料
定員:500名
※重要無形文化財の琉球舞踊保存会が特別出演

・・・事前に申し込まれた方に整理券を発行し、優先的に入場していただきます。 

◆琉球・山川港交流400周年事業実行委員会    
【事務局】電話 0993-35-2900  FAX 0993-35-2100

くわしくは【こちら】まで!

今年は島津軍の琉球侵攻から400周年。沖縄と鹿児島の間にはさまざまな歴史がありました。今、両者は「交流元年」として新たな歴史を築く時ではないかと思います。今回、僕は若輩ながら沖縄代表パネリストの大役を仰せつかりました。僕の研究分野である「海域史」という視点から両者の広範な交流をお話しできればと考えています。みなさま、ぜひご参加ください。

人気ブログランキングに投票
応援クリックよろしくお願いします

| | コメント (4)

2009年10月 8日 (木)

島津侵攻秘話(4)

Cimg0347

おかゆを流したのはなぜ
1609年の島津軍侵攻は琉球がこれまで経験したことない、大きな「いくさ」でした。琉球で平和に暮らしていた人々は、この外からの脅威に対してどのように対応したのでしょうか。

1609年3月に薩摩の山川港を出発した3000人の島津軍は、那覇をめざして奄美諸島を南下していきます。琉球側は手をこまねいていたのではなく、徳之島に軍勢を集めて防ごうとしました。ここでは刀や弓矢を持った兵士だけではなく、村の人たちもそれぞれの家からある「武器」を持って出てきました。

その「武器」とは、グツグツと煮た粟(あわ)のおかゆです。人々はこのおかゆを道や坂に流すという奇妙な行動に出ます。徳之島の人にとって、この行為はれっきとした戦闘行為でした。実は、奄美では粟のおかゆは悪霊を払う力を持つと信じられており、たとえば奄美大島の名瀬では神女(ノロ)が村の背後にある拝み山で粟のおかゆを流し、悪霊から村を守る儀式を行っていたそうです。つまり、彼らは侵入してくる島津軍を悪霊と同じように考え、普段の生活で行われてきた方法で、外敵を撃退しようとしたのです。

また神女たちの神歌を集めた歌謡集(『おもろさうし』)には、侵入してきた「大和前坊主(やまと・まえぼじゃ。チョンマゲの武士を馬鹿にした言葉)」をニライ・カナイの底へ沈めよ、と歌ったものがあります。沖縄には海のかなたにニライ・カナイという別世界が存在すると信じられていて、そこからは幸せだけでなく災いももたらされると考えられていました。

沖縄の年中行事には「アブシバレー(畦払い)」という、農耕の害虫などを小船に乗せて海へ流すという儀式がありますが、これはニライ・カナイから来た災い(害虫)を元の世界へ戻そうとするものです。つまり、神女たちは侵入してきた日本の武士たちを害虫と同じように扱い、海の向こうへ追い返そうとしたのです。

当時の琉球では、神女の霊力は実際の戦闘力と同じ力があるとかたく信じられていました。ある石碑には「沖縄は聞得大君(ノロの頂点にいる女性)の霊力で守られている」と記されています。実際には島津軍に何のダメージも与えられませんでしたが、琉球の人々は日常生活の儀式を応用して、外敵に対抗しようとしたわけです。これも生活の知恵といえばそうなのかもしれませんね。

参考文献:波照間永吉編『琉球の歴史と文化―『おもろさうし』の世界―』

※【画像】今帰仁崎山の神アシャギ。ノロが神々を招いて祭祀を行った。

人気ブログランキングに投票
応援クリックよろしくお願いします

| | コメント (6)

2009年10月 1日 (木)

「奄美と沖縄をつなぐ」 イベント

わたくし、とらひこが参加するイベントのお知らせです。

2009lao1

2009lao2

「奄美と沖縄をつなぐ」

日時:2009年11月14日(日)16:00
場所:新宿区牛込箪笥区民ホール

【1】パネル・ディスカッション 16:00-17:30

琉球弧の島々を歴史や想いでつなぐ
・・・奄美と沖縄を隔てているものを、改めてつなぐためにどのような糸口があるのか、その可能性を奄美と沖縄の双方の視点から掘り起こします。

〔パネリスト〕
上里隆史 『目からウロコの琉球・沖縄史』著者
圓山和昭 「奄美の家日記」主宰
喜山荘一 『奄美自立論』著者、ブログ「与論島クオリア
藤木勇人 うちな~噺家

【2】シマウタ・コンサート 17:45-19:00

琉球弧の島々をシマウタでつなぐ
・・・ウタは島伝いに海を渡り、シマの生活に根付きます。琉球弧のなかので同名異曲や異名同曲、ウタの変化を見、つながりを 発見します。おなじみのシマウタの思いがけない表情が浮かび上がります。

噺(はなし)と進行  藤木勇人

〔出演者〕
徳原大和(奄美大島)
内山五織、HiRo( 徳之島)
持田明美、マタハリダンサー ズほか(沖永良部島)
中山青海(与論島)
熊倉直樹&知念京美(沖縄島)
八重山芸能集団「結~ゆい~」、新城亘(八重山)

〔演目(予定)〕
1.与論小唄系
・十九の春(沖縄)、ジュリグワ小唄(沖縄)、与論小唄(与論)、ラッパ節(沖縄)、スーちゃん節(兵隊ソング)
2.行きゅんにゃかな系
・行きゅんにゃかな(奄美)、取ったん金ぐわ(徳之島)、武雄と浪子(永良部)、トゥータンカニー(沖縄)、石川小唄(沖縄)
3.稲しり節系
・奄美の稲しり節、徳之島の稲しり節、沖永良部の稲しり節、八重山のシシャーマ節
4.畦越え(ハイヤセンスル)系
・竹富島のじっちゅ、宮古・川満の笠踊り、沖永良部の奴踊り、徳之島の畦越え、沖縄の唐船どーい(カチャーシー)
5.六調
・奄美六調、徳之島六調、八重山六調


○前売券:¥3,500
○当日券:¥4,000

お申し込み、お問い合わせは喜山さんのブログ「与論島クオリア」から「メール送信」でお願いします!

さまざまな分野から集ったパネリストによるトークと、シマウタコンサートというユニークなイベントです!ぜひご参加ください!

人気ブログランキングに投票
応援クリックよろしくお願いします

| | コメント (6)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »