« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月24日 (水)

三山は存在しなかったのか

琉球王国が成立する前、沖縄島には、中国から「山北(北山)」「中山」「山南(南山)」と呼ばれた3つの大きな勢力に分かれ、覇権を争っていた時代があります。いわゆる「三山時代」です。名称については「山」が「島」を意味することから、「沖縄島のどこの部分」という程度の意味になります。例えば「山北」は「(沖縄)島の北」ということです。ところで、この三山が実は存在しなかった、名ばかりで実体などなかったという意見があります(ナ、ナンダッテー!)。これは本当なのでしょうか。

Photo

【三山の図(クリックで拡大)】

結論を先に述べてしまいますと、この説にはかなり無理があります。

琉球に渡来した明使の路謙は、琉球国内で対立する三山の様子を目の当たりにして明朝廷に報告し、1383年に皇帝から三山の各王へ停戦が勧告されています(『明太祖実録』)。「三山」という称号はもともと中国側が付けたわけですが、沖縄内部の事情をある程度把握したうえでの区分だったのです。停戦勧告はこの時点でまだ入貢していない北山にまで届けられましたが、それは中山・南山以外に対立するもうひとつの勢力が存在していたからこその行動です。

〔追記〕明朝が琉球の政情を正確に把握していたことは、1372年の入貢要求に当たって当時最大の勢力だった浦添の「世の主」察度にまず要請したことからも明らかです。浦添グスクは石積み郭に土塁・水堀を備え、他のグスクを圧倒する4万平方メートルの規模を誇っており、周辺には王墓(ようどれ)、寺院(極楽寺)、人工池(魚小堀)を配置していました(安里進『琉球の王権とグスク』)。三山時代の琉球において、浦添(中山)が他と隔絶した力を持っていたことがわかるかと思います。

三山時代の当時、沖縄各地は戦乱状態で軍事的な対立があったことは、外敵の侵入に備えるための防御機能をもったグスク、またそこから出土する多数の武器類の存在からも明らかです。

また中山王の尚巴志が首里城周辺を整備した際に建立した「安国山樹花木之碑記」(1427年)には

琉球、国分かれて三となり、中山、其の中に都す

と刻まれていて、三山時代当時の琉球においても国内が三分されていると認識されていたことがわかります。これは後世の歴史観が全く入る余地のない、しかも他者ではない当事者の認識であることから、三山が存在したことを裏付ける決定的な証拠です。

ちなみに碑文の起草者は「安陽澹菴(あんよう・たんあん)」。僧侶である可能性が指摘されています。文は「安陽澹菴猊(げい)、寅(つつし)み記す」とあり、「猊(猊下、猊座)」は高僧に対する敬称なので、僧(おそらく禅僧)で確定でしょう。この当時、琉球はすでに「十刹(じっさつ)」という官寺が整備され仏教がさかんだったので、別におかしなことではありません。

というわけで、14世紀後半から15世紀初頭の沖縄島に、政治的に対立する3つの勢力が実体として存在していた事実はまず間違いありません。

このように明々白々な証拠が存在する以上、議論は終了なわけです。自分の欲しい結論をあらかじめ先に設定し、さまざまな史料をその鋳型に強引にはめていく手法をとれば、以上あげた史料を「意図的に作り上げられた陰謀だ」と主張することも、あるいはできるかもしれません。しかし、史料と虚心に向かい合い論理的に考えれば、三山の存在はゆるがない事実と考えていいでしょう。

参考文献:『明実録』、「安国山樹花木之碑記」、高橋康夫「古琉球の環境文化―禅宗寺院とその境致」(鈴木博之ほか編『シリーズ都市・建築・歴史4 中世の文化と場』)、知名定寛「尚巴志王咨文と古琉球仏教」(『沖縄文化』93号)、吉成直樹・福寛美『琉球王国と倭寇』、『琉球王国誕生』

※琉球王「朝鮮系倭寇」出自説については【こちら】を参照。

人気ブログランキングに投票
クリックよろしくお願いします

| | コメント (8)

2009年6月17日 (水)

古琉球の元号

【古琉球で使用されていた元号】

明朝の朝貢国だった琉球では、一貫して中国元号を使用していました。元号を受け入れることは、空間的に中国の国際体制に参加するだけでなく、時間的にもその傘下に入ることを意味していたのです。ちなみに琉球の「○○王統」や「○○王~年」という表現は、古琉球当時には一切ありません。

洪武 こうぶ (1368~1398)

建文 けんぶん (1399~1402)※

永楽 えいらく(1403~1424)

洪煕 こうき(1425)

宣徳 せんとく(1426~1435)

正統 せいとう(1436~1449)

景泰 けいたい(1450~1456)

天順 てんじゅん(1457~1464)

成化 せいか(1465~1487)

弘治 こうじ(1488~1505)

正徳 せいとく(1506~1521)

嘉靖 かせい(1522~1566)

隆慶 りゅうけい(1567~1572)

万暦 ばんれき(1573~1619)

※建文帝は永楽帝のクーデターにより皇位を奪われたので、その存在を抹消されていた。琉球側の記録では建文年号の使用は見られないが、当時の状況から言えば建文帝存命当時には使用されていた可能性が高い。

人気ブログランキングに投票
クリックよろしくお願いします

| | コメント (0)

2009年6月10日 (水)

目からウロコ講座7期!

Photo

とらひこの桜坂市民大学講座7期、ついにやってきました!今回は夏休みスペシャルということで、教室外で特別講座の開催です!

目からウロコの沖縄歴史
~学校で出来ない歴史の秘話~

講師名:上里隆史(『目からウロコの琉球・沖縄史』『誰も見たことのない琉球』著者)
曜日・時間:毎週火曜日 21:00~22:30 7/14(火) スタート 全5回
受講料:10000円
材料費:なし
定員:25名
対象年齢:16歳以上
持参物:筆記用具

かんたん沖縄の歴史入門
~琉球・沖縄の歴史がすぐわかる!~

講師名:上里隆史
曜日・時間:毎週日曜日 11:45~13:15 7/12(日) スタート 全5回
受講料:10000円
材料費:なし
定員:25名
対象年齢:16歳以上

目からウロコの首里城探検
~見所いっぱい、謎いっぱいの首里城ツアー!~

講師名:上里隆史、賀数仁然(RBC久茂地放送屋構成作家)、仲嶺真輝(沖縄県限定通訳案内士)
曜日・時間:毎週土曜日 13:30~15:00 7/11(土) スタート 計5回開催(7/11、7/18、7/25、8/1、8/8)のうち、1回を選択。
受講料:3500円
材料費:800円(首里城入場料)
定員:10名
対象年齢:16歳以上
注意点:現地集合・解散。首里城レストセンター(首里杜館)入口の案内所付近に集合。少々の雨天決行。中止の場合は事前にご連絡します。
持参物:動きやすい服装・靴。可能であれば帽子や傘なども。

お申し込みは、

お電話【098-860-9555】
ファックス【098-861-2434】
メールでのお申し込みも可能です。

詳しくは【こちら】まで!

人気ブログランキングに投票
クリックよろしくお願いします

| | コメント (2)

2009年6月 3日 (水)

琉球歴史イラスト(9)

明朝常服、キリンの補子

Photo_2

(クリックで画像が拡大します)

補子(ほし)とは明朝の身分を識別するために常服に付けられたゼッケン。身分ごとに違う動物の模様を用いた。琉球国王は紅色の服に麒麟(きりん)が描かれた補子と決まっていた。これは明朝の諸侯と同ランクである。図の文様の服が琉球にも送られた。

人気ブログランキングに投票
クリックよろしくお願いします

| | コメント (2)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »