« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月27日 (水)

本当だった?泉の伝説

生活になくてはならないのが水。今でこそ県内にはいくつもダムが作られ、水道の蛇口をひねればいつでも水が出てきます。では水道が整備される以前はどうしていたのでしょうか。人々の暮らしを支えていたのは、各地にあった「カー(川)」や「ヒージャー(樋川)」と呼ばれる天然の湧き水でした。

南西諸島で多く見られる琉球石灰岩は太古のサンゴが堆積してできた岩です。石灰岩は細かい穴が無数にあいているため、雨が降ると地下にしみ込んでしまいます。地下水はさらに水を通さない泥の層で止まり、やがて石灰岩と泥の層のすき間から地上に湧き出てくるのです。

こうした環境を活かし、沖縄の人々は湧き水を中心に生活を営んできました。村々には共同水場であるムラ(村)ガー、産湯で使うウブ(産)ガーなどがあり、泉は信仰の対象にもなっていました。

王国時代の那覇は「浮島」と呼ばれた島でしたが、ここでは井戸を掘っても塩分をふくんだ水しか出ず、対岸の落平(ウティンダ)という場所から湧き出る水を飲料水にしていました。くんだ水は船で那覇の浮島まで運ばれていました。那覇港に海賊などの敵が侵入した際、王府は落平に兵士を派遣して防御することを定めていましたが、水源が那覇の生命線だったことを示すエピソードです。

また首里城・瑞泉門の横にある龍樋(りゅうひ)は国王だけではなく、中国から来た冊封使の飲み水としても利用されていました。龍樋の水は毎日、那覇の冊封使のもとまで届けられたといいます。

ところで沖縄各地の湧き水には動物にまつわる伝承があります。例えば糸満市の嘉手志川(カデシガー)。昔、ひでりが続き村人が苦しんでいた時、ずぶぬれになった一匹の犬が山から現われたので、この犬を追ったところコンコンと湧き出る泉を見つけた、という伝承です。動物が泉を発見したという説話は沖縄各地に見られますが(牛や馬など)、犬が発見したという話がもっとも多いそうです。

Cimg2746

【嘉手志川】

この話は伝承にすぎないのでしょうか。実は、天女伝説で有名な森の川(宜野湾市)付近の遺跡(真志喜富盛原第二遺跡)から、グスク時代のものと考えられる7匹以上の犬の遺体が発見されました。犬は水路の近くに葬られていて、琉球犬とみられます。湧き水に対して、犬が何らかの特別な宗教的意味を持っていたことがうかがえます。

Cimg0037

【森の川】

この泉が犬の発見したものだったかどうかは定かではありませんが、現代に伝わる泉と犬の伝説がグスク時代にまでさかのぼる可能性がある、ということだけは言えそうですね。

参考文献:東恩納寛惇『南島風土記』、宜野湾市教育委員会文化課『宜野湾市文化財調査報告書第27集:真志喜富盛原第二遺跡・真志喜蔵当原遺跡』

人気ブログランキングに投票
クリックよろしくお願いします

| | コメント (0)

2009年5月20日 (水)

儀間真常と袋中上人

儀間真常は言わずと知れた琉球史上の偉人。サツマイモやサトウキビ栽培を普及させ、やがてイモは江戸時代の日本にも渡り、多くの人々を飢えから救うきっかけをつくった人物です。彼が生きていた時代、ヤマトから一人の僧侶が琉球を訪れます。それが浄土僧の袋中良定(たいちゅう・りょうてい)です。

袋中は那覇の久米村近くに桂林寺というお寺を建て、そこに滞在します。彼は琉球で布教活動を行い、尚寧王をはじめとした多くの人々が帰依しました。また袋中が伝えた浄土宗は踊り念仏を定着させ、やがてエイサーへと発展するきっかけを作ったとされているのは有名な話ですね。

儀間真常もまた袋中の教えに帰依し、熱心な信者となったと言われています。それを示す証拠が、実は戦前まで那覇垣花の儀間村に残されていました。この村は真常の出身地です。

1936年(昭和11)、袋中開山の檀王法林寺の住職、信ヶ原良文氏が垣花を訪問した際、住吉町の又吉さん宅(麻氏の家系でしょう)に袋中直筆の書を見つけます。状態は悪くすすけてはいましたが、中央に「南無阿弥陀仏」と書かれており、右側には「授了徳公」、左側には「弁蓮社良定(花押)」と記されていました【画像。クリックで拡大】。「徳公」は儀間真常の号です。「授了」は「授けた」という意味。真常が袋中の帰依者で、直筆の書をたまわったことがわかります。ここには「授了徳公大禅門神位」と刻まれた真常の位牌もあったそうです。

なお『麻姓家譜』には真常を「授了と号す」と書いてありますが、この袋中書を見て、「授了」のほうを名前だと勘違いして載せてしまったのではないでしょうか。それは位牌の名前がこの書の文をそのまま丸写ししていることからもうかがえます。

2009y05m06d_113153328_2

また袋中の遺品として数珠もありましたが、108個あるはずの数珠の玉はほとんど失われていました。病気が流行った時、身を守るまじないとして1個ずつ人々に分け与えたことからこのような状態になったとのこと。袋中の遺品がある種のパワーを持つと考えられ、沖縄の人々の信仰を集めていたことがわかります。

これらの品々は残念ながら先の沖縄戦で失われてしまいましたが、戦前の貴重な調査の記録によって、その存在を知ることができるのは幸いです。袋中の弟子となった真常は、もしかしたら「極楽浄土」の実現のため、多くの人々を救う手段としてサツマイモの普及に励んだのかもしれません。

参考文献:信ヶ原良文『袋中上人―生い立ちとその行跡―』、『麻姓家譜』

※【画像】は袋中筆の書の推定図。

人気ブログランキングに投票
クリックよろしくお願いします

| | コメント (10)

2009年5月15日 (金)

早稲田で目からウロコ!講座

わたくし「とらひこ」が再び本土にて「目からウロコ」な講座を行います。今度は何と早稲田大学です!

2009年度 早稲田大学 オープン教育科目 総合講座「沖縄学」

古琉球と海域アジア」 
講師:上里隆史(琉球・沖縄研究所客員研究員)
日時:2009年5月22日(金)18:15~19:45
場所:早稲田大学 西早稲田(本部)キャンパス8号館/地下 B102大教室(南門入ってすぐ)

※申し込みはファックス(03-3202-2542)で!詳しくは【こちら】から

オープン教育科目  総合講座「沖縄学」

オムニバス形式の本講義は、早稲田大学内外の沖縄に携わる研究者を多数招いて行われました。その専門は政治学、経済学、歴史学、文学、言語学、文化人類学、宗教学、カルチュラル・スタディーズなど非常に多岐にわたります。また、2006年度には琉球新報、沖縄タイムス両東京支社長を、2007年度は詩人と映画監督を講師として招き、研究者以外の視点も学ぶことができる良い機会となっています。またオープン教育科目として設置され早稲田大学全学部の学生が受講できるため、個性あふれる学生が多く集まっています。登録数は前後期でのべ400人を越え、さらには院生や社会人も聴講に訪れました。多様な関心を持つ人々が沖縄という共通項で刺激を受けることができる授業であり、首都圏に「沖縄学」と題された講義が単位認定科目として設置された意義は大きいと思われます。(ホームページより)

今回は僕の専門である古琉球と、それをとりまくアジアの海域世界のお話です。これまでとはまったくちがった琉球史像を提示します。最新の古琉球史研究をダイレクトにあなたのもとへ!「琉球」とは何なのか?その根本にまで迫りたいと思います。どうぞご期待ください。

人気ブログランキングに投票
クリックよろしくお願いします

| | コメント (7)

2009年5月10日 (日)

侵攻400周年シンポに参加して

5月9日、沖縄県立博物館で「薩摩の琉球侵攻400年を考える」シンポジウムが開催されたので、参加してきました。参加人数は数百人を超え、臨時に第三会場まで用意するという盛況ぶり。沖縄での関心の高さがうかがえます。

報告者は琉球史研究を牽引する先生方、また本土や奄美からの研究者も参加したそうそうたるメンバーでした。さまざまな切り口から薩摩侵攻についての報告が行なわれました。とくに面白かったのは女性史や民間伝承、精神史の面から薩摩侵攻事件にせまった報告など。これまで考えたことのない新しい視点からの話は、とても興味深いものでした。

さて僕が今回この記事を書くのは、シンポジウムで琉球の軍事的対応をめぐる議論について、報告者の方々の意見に少々疑問を感じたからです。基調報告をされた上原兼善先生は、侵攻事件の経過を説明するなかで、島津軍に対する琉球の軍備は劣弱でしかも火器兵器が装備されていたかったことを、1606年に琉球を訪れた夏子陽『使琉球録』を根拠に主張されていました。またパネルディスカッションにおいても、琉球は軍事組織と呼べるほどの軍団が編成できない状態で、島津軍に対応したとの意見がありました。

琉球の軍事をめぐる問題を調べている僕からしますと、この見方には賛同しかねる部分があります。

まず1609年直前における琉球の武装と火器について。上原氏は夏子陽の「琉球の武器は刀ぐらいで、矛も弓もさほど役立つものではない」とのコメントをあげ、火器について言及されていないから火器は常備されていなかったとしています。しかし1605年の袋中『琉球往来』のなかには、琉球の「那呉ノ館(名護親方か)」の保有する武器照会で、「甲冑300領、弓500張」とともに「銃(テヒヤ)大小200挺」と具体的な武器・武具類が詳細に記されています。『琉球往来』中の文書は実際に発された文書ではありませんが、当時の琉球の状況、風俗・文化などをかなり正確に反映していることから、王府の軍団編成のなかで多数の火器が装備されていたことはほぼ間違いありません(この話は拙稿「琉球の火器について」のなかでも言及しています)。

また上原氏は那覇港口での戦いで「石火矢(大砲)」が使用されたという話を挙げられていましたが、これこそが琉球が組織的な軍事行動で火器兵器を実戦使用していたことに他ならない事実なのではないでしょうか。この事実は、なぜか琉球が火器で武装されていた証拠としては採用されていませんでした。

興味深いのは、『琉球往来』中の「銃」に「テヒヤ」とルビがふってあることです。このテヒヤは「手火矢」だと考えられます。この「手火矢」という用語、実は九州地方での火縄銃の地域的な呼称なのです(宇田川武久『東アジア兵器交流史の研究』)。史料中の「銃」が中国式火器なのか火縄銃なのか不明ですが、少なくとも琉球での銃の呼称が、九州地方での火縄銃の呼称と共通することを確認できます。

また、史料中の銃と弓矢の保有比率からも、琉球の武装の様子がうかがえます。弓500張に対し銃が200挺と、その比率が5:2と弓矢のほうが多いのです。これは琉球の軍隊が少なからず火器で武装しながらも、その主力兵器がいまだに弓矢だったことを表わしています。ちなみに1609年の島津侵攻軍の武装は、弓117張に対し鉄砲734挺と圧倒的に火器が多いことがわかります。

つぎに琉球の軍事組織が、16世紀に奄美・先島を征服したような規模で維持されておらず(つまり軍隊としての能力が100年間で縮小したということでしょうか)、港を守る程度の組織で島津侵攻軍を迎え撃った、というディスカッションでの結論ですが、史料には琉球での軍事組織の改変・縮小を示すような事実が全くないうえに、1571年には尚元王が奄美反乱の鎮圧のため軍隊を派遣しており(『中山世譜』)、外征能力を依然として備えた軍事組織を持っていたと考えたほうが妥当です。

また1606年の夏子陽『使琉球録』には、倭寇来襲の情報に接した王府が毛継祖(豊見城親方)率いる1000人の兵を今帰仁へ派遣したとあり、有事の際には首里・那覇港以外の場所にただちに軍事組織が急行できる体制であったことが明らかです。そもそも夏子陽の「琉球の武装が劣弱である」とのコメントは、あくまでも彼個人がみた印象にすぎない点を考慮しなくてはいけないように思います。さまざまな史料を先入観なしで総合してみれば、琉球は国力相応の軍事力を持っていたとしか評価できず、港の警備隊程度しかなかったとの評価は正しくないと僕は考えます。

では、琉球が軍事組織を持ちながらなぜ島津軍に負けたのかという問題ですが、それは琉球側の軍事組織の運用方法や、島津軍との戦力差(兵数だけに限定されない諸要素ふくむ)という、軍事組織の有無そのものとは別次元の問題であって、「あっけなく負けたから」「激しく戦闘した様子がみられないから」というのは軍事組織を備えていなかった根拠にはなりません。

実際に琉球は那覇に王府直轄軍の兵力ほぼ全てを投入しており、港を守備すれば島津軍の侵攻を防げると考えていたふしがあります。島津側の史料『琉球入ノ記』で那覇港に突入した七島衆の島津軍船が謝名親方3000の軍に「大石火矢(大砲)」で撃退された記事だけでなく、『歴代宝案』には三司官の謝名親方・豊見城親方率いる3000の軍勢が那覇を防御している記述があり、『喜安日記』にも「若き公卿・殿上人は(略)一戦せんとぞ申しける。去程に、夜も漸く明行侭、那覇へ下りぬ」とあります。これまでこの一節は見逃されてきましたが、『歴代宝案』の記述と合致することから、那覇に防衛軍が派遣されたのは間違いないでしょう。

〔追記〕島津軍侵攻を伝える琉球側の史料『喜安日記』は、これまで信頼性の高い史料として、多くの研究者に引用されてきました。であるならば、島津軍と一戦すべく那覇に出動した王府高官たちの記事を軽視するわけにはいかないはずです。つまり、『歴代宝案』の那覇防衛戦を傍証する、ゆるぎない根拠となるのです。

なぜ港に兵力を集中させたかというと、80隻もの島津軍船が安全に停泊・上陸できる場所は、サンゴ礁で囲まれた沖縄島には那覇・運天など限られた場所しかなかったからです。実際に島津軍の船団は港として使用できる運天・那覇をめざし、那覇に防御網があることを知った島津軍は、途中、大湾渡口から上陸しています。ここも比謝川の河口に位置する絶好の船の係留場所でした。

那覇港と別の地点から上陸した島津軍は、琉球の防備の裏をついて王都・首里へ入り勝利を決したため、実際に両軍の主力が正面から激突することはありませんでしたが、戦闘した様子がなかった事実によって琉球の軍事組織が軽微だった、もしくは存在しなかったとの結論にはもっていけません。【軍事組織が存在したこと】と【戦闘を行なったかどうか、勝ったか負けたか】はひとまずは切り離して考えるべきではないでしょうか。

〔追記〕1609年の琉球・島津氏戦争の展開をあえてわかりやすく例えて言うとしたら、第二次大戦時のナチス・ドイツのフランス侵攻をあげることができるでしょうか。ドイツ国境沿いに140キロにわたって構築された一大要塞網のマジノ線を頼みに、総兵力・戦車数ともにドイツと対等以上だったフランスは、部隊を配置していないアルデンヌの森を突破されて背後をつかれ、一気に崩壊します。フランスは第一次大戦時の装備とほぼ変わらない状態であり、ドイツとの装備・兵器運用面の差は歴然だったのですが、フランスの一番の敗因を「フランスの武器が劣弱だったから」「士気が旺盛でなかったから」と主張したら、多くの専門家は首をかしげるのではないでしょうか。またこの戦いで両軍主力が全面的に衝突しなかった(=大規模な戦闘がなかった)ことを根拠に「フランスには軍事組織がほとんどなかった」という結論を導き出したとしたら?琉球史ではなぜかこれがまかり通ってしまうのが不思議です。

今回のシンポジウムは、さまざまな論点と400周年の歴史的意義という大きな話がメインだったため仕方ない面もありますが、歴史学研究においてこれまで軍事史という視点がおざなりになっていたという問題は、琉球史研究にも当てはまるように思いました。

とくに侵攻事件は琉球が直面した対外戦争です。事件の経過をきちんと押さえていくのであれば、まず軍事的な視点から史料を分析することを第一に行なう必要があります。それは、たとえば石高制の問題について研究する際に、まず経済史の視点をふまえて分析するのと同じことではないでしょうか。このような考えが琉球史において認知されることを願ってやみません。

参考文献:上里隆史『琉球の火器について』(『沖縄文化』91号)、「島津軍侵攻と琉球の対応」(『新沖縄県史・近世編』)、宇田川武久『東アジア兵器交流史の研究』

人気ブログランキングに投票
クリックよろしくお願いします

〔追記〕琉球側の戦術・布陣と那覇港口の戦いを知ることのできる史料に『歴代宝案』(1-18-3文書)があります。

四月初一日、倭寇、中山の那覇港に突入す。卑職、師官鄭迵・毛継祖に厳令して技兵三千余を統督せしむ。兵を披(つ)け鋭を執り、雄として那覇江口に拠りて力敵す。

彼の時、球兵は陸に居りて勢強し、蠢倭は水に拠りて勢弱し。百出して拒敵すれば、倭は其れ左なり。且つ又、倭船は浅小にして武を用い難し。箭もて射れば逃ぐるに難く、鋭〔「銃」に訂正※〕もて発すれば避くる莫(な)し。急処に愴忙し、船は各自連携(つらな)り角(あらそ)いて礁に衝(あた)る。沈斃し及び殺さるるもの、勝(あ)げて紀(しる)す可からず。

詎(なん)ぞ、彼の倭奴の蔵兵継ぎ至り、陸に沿い東北従(よ)りして入るも兵の備禦する無し。虞喇時(うらしー。浦添)等の地方、悉(ことごと)く焚惨を被(こうむ)る。

【現代語訳】

4月1日、倭寇(島津軍のこと)が琉球の那覇港に突入した。わたくし(明朝皇帝に対しての尚寧王の自称)は司令官として謝名親方・豊見城親方に命令して、精鋭の兵3000あまりを統率させた。兵を率いて「鋭(優秀な武器)」をとり、雄として那覇港口に布陣して、つとめて敵に備えた。

その時、琉球兵は陸にあって勢い強く、島津兵は海にあって勢いが弱かった。さかんに出撃して敵を防げば、島津兵は劣勢におちいった。さらに島津軍船は狭小で戦うに困難である。(我らが)弓矢を射かければ逃げることができず、「銃」※を発すれば避けることができない。あわてふためいて狭い場所(港の出口か)に殺到し、各船はぶつかってサンゴ礁に衝突した。溺死したり殺されたりしたものは数えきれなかった。

しかし何ということだろうか、かの島津軍には伏兵(本当はこちらが主力部隊)があり、陸路に沿って東北(ここでは沖縄島中部)から侵入したのだが、そこには我らの兵の防御がない。浦添などの地方はことごとく戦火の被害を受けてしまった。

『歴代宝案』の文書は宗主国の明朝向けであることから脚色がありますが、事件の経過・日時そのものは正確です。おそらく事実をもとに、それらに肉付けしていったと考えられます。いずれにせよ、この史料からは、琉球王府は島津軍船の上陸地点となる那覇港口を決戦場として考え3000の主力部隊を布陣させ、港口の防御は一定の効果があったものの、沖縄島中部に兵を配置しておらず、陸路から侵入した島津軍の動きは琉球の想定外であったことがわかります。

そして注目されるのが「鋭もて発すれば」という部分です※。「鋭」とは「するどい武器、刃物」というほどの意味ですが、ここでの攻撃は弓矢とともに「発する」という、遠距離兵器的な性格を持っていたことがうかがえます。これこそが『琉球入ノ記』でみた「大石火矢」なのではないでしょうか。

※【再追記】この『歴代宝案』に記載された「鋭」という記述ですが、本ブログの記事「島津氏の琉球侵攻(2)」のコメントにおいてミソタソー専門家を自認される「パンダル50cc」氏からの指摘によって原本を確認したところ、「鋭」ではなく「銃」であることが判明しました。氏は2日間で50コメント以上、1晩で38コメントという熱意あふれる僕へのご批判(というか罵詈雑言が大半)を間断なく展開されましたが、「パンダル50cc」氏のご指摘によって、僕の主張する那覇港での大型火器使用の事実は決定的なものとなり、那覇港口の戦いの蓋然性はさらに高まりました。記して感謝したいと思います。

| | コメント (10)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »