« 島津軍の琉球侵攻(3) | トップページ | 島津軍の琉球侵攻(4) »

2009年1月25日 (日)

土で作られた緑の宝石

沖縄の歴史に関する企画展のお知らせです。

重要文化財公開 首里城京の内跡出土品展
土でつくられた緑の宝石「小型青磁」

H20

(画像はクリックで拡大)

日時
2009年1月24日(土)~2月8日(日)
午前9時~午後5時(入所は午後4時30分まで)
毎週月曜日(1/26・2/2)は休所日

場所
沖縄県立埋蔵文化財センター 企画展示室

入場無料!

【ギャラリートーク(展示解説)】

日時
2009年1月31日(土)午後2時~3時
2009年2月1日(日)午後2時~3時

場所
沖縄県立埋蔵文化財センター 企画展示室

入場無料! 

首里城の祭祀空間だった「京の内」という場所から出土した国指定重要文化財の陶器(青磁)150点を一挙公開!大交易時代にはるばる海を越えて沖縄へやってきた貴重な「宝物」を身近に見ることができるチャンスです。何と入場無料!沖縄にお住まいのみなさま、ぜひ足を運んでみてください!

ちなみに「土でつくられた緑の宝石」という企画展のタイトルは僕が考案したもので、思いつきで話したキャッチフレーズが採用されてしまいました(笑)ワタクシ「とらひこ」も(ある意味)関わった企画展です。どうぞご期待ください。

人気ブログランキングに投票
クリックよろしくお願いします

|

« 島津軍の琉球侵攻(3) | トップページ | 島津軍の琉球侵攻(4) »

コメント

はじめまして。
先日、テンペストを読んで、歴史にちょっと興味を持ち、いろいろ調べているうちに、ここへ辿り着きました。
専門家から見て、あの小説はどうなんでしょうか?
関連エントリーがあるか探してみたのですが、見つかりませんでしたので、ここへ失礼いたしました。

投稿: ねいおん | 2009年1月25日 (日) 18:32

>ねいおんさん
『テンペスト』についてですが、恥ずかしながら時間がなくてまだキチンと読んでいません。

あくまでも少しのぞいただけの感想ですが、科試(試験)の内容や登場人物など、実際のものを参考にしている箇所も多々あります。その一方で琉球には宦官は一人も存在していないのですが、物語で登場させたりしています。

総じて時代考証はかなりの部分、史実をふまえたうえで「リアリティ」を出しているように感じます。

ただ僕はこれがエンターテイメントを目的とした小説であることから、「何でもアリ」でいいのではないかなと思っています。最近、このテンペストについて琉歌の引用がおかしいとか、沖縄の「思想」が入っていないとの批判もありますが、別にいいのではとも思ってしまいます。

すみません、この程度しか回答できません。これからちゃんと読んでみたいです。

投稿: とらひこ | 2009年1月25日 (日) 23:04

早速のご回答ありがとうございます。
エンターテイメントとしては、1級品と思いますので、是非読んでみてください。
専門家からすると「あれー?」という箇所が多いのかもしれませんが、、、

投稿: ねいおん | 2009年1月26日 (月) 06:00

>ねいおんさん

横から失礼します(^^;)ゞ
『テンペスト』、僕も読みました。あんなに面白い小説を読んだのは久しぶりでした。

史実に照らしてどうかという点については、趣味で近世琉球史を勉強している程度の僕でも、「これはちょっと違うんじゃ?」と指摘できる点はいくつかありました。

ただ、作者は「知っててやって(創作して)いる」ような印象を受けました。単なる直感ですが、バックに専門家が付いてたんじゃないかな?

とらひこさんと同じ意見になりますが、あくまでフィクションですし、悪意がないかぎりは「面白ければ何でもアリ」だと思います。

投稿: 茶太郎 | 2009年1月27日 (火) 00:56

>ねいおんさん
かなり好評のようなので楽しみですね。

>茶太郎さん
コメントありがとうございます。

物語の舞台が近世ですから、時代考証に関しては僕より茶太郎さんのほうがきっと詳しいはずですね。

投稿: とらひこ | 2009年1月27日 (火) 19:21

こんにちは。いつも楽しく拝見させていただいてます。
うちの近所なので、行ってみました。

前々から、首里城なのに「京の内」ぃ?
ウサンクサイ名前だなぁ〜。
と思っていたのですが(^▼^;)
京という言葉が、セジを表すとの説明があり、
他にも色々目からウロコでした。
施設もこじんまりとしてて、見やすかったです。

これからも頑張って下さいね〜。
あぁ、倭冦の続きは一体どうなるんでしょう。(´-`人)
とても楽しみです。

テンペスト、ちらみしましたが、とても面白そうです。
大物歴史家まで巻き込むだけはあるんですよ。
批判されるってことは、それだけ影響力がある証拠でしょうね(^▼^)

投稿: パイレーツ・オブ・川平湾 | 2009年2月 6日 (金) 16:23

>パイレーツ・オブ・川平湾さん
首里城の近くがお家なんですね。歴史ある街で見所いっぱいだと思います。

倭寇の話は今日更新しましたよ。ぜひ読んでください。

テンペストは・・・まだ読んでないんですよ。なるべく早く読みたいですねぇ。

【追記】すみません、首里城が近くにあるんではなく埋文センターが近くにあるということですね。勘違いしてました。

投稿: とらひこ | 2009年2月11日 (水) 00:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 島津軍の琉球侵攻(3) | トップページ | 島津軍の琉球侵攻(4) »