« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月28日 (水)

島津軍の琉球侵攻(4)

4月2日、具志頭王子朝盛(尚宏)と三司官が人質として那覇へ下向します。3日にはさらに佐敷王子朝昌(尚豊)を人質に出し、尚寧王は島津軍に降伏しました。先島・久米島へは遠路のため兵は派遣されず、三司官から降伏が勧告されています。この動きの一方で、降伏に反対する勢力は首里城を出て島津軍と戦いました。この時、三司官・浦添親方朝師の子、真大和兄弟らが首里識名で戦死しています。しかし島津側も部将の梅北照存坊が討死、法元弐右衛門が負傷しました。

Cimg0112

【図】首里城(クリックで拡大)

4月4日、尚寧王は首里城を出て名護親方の宿所へ移りました。5日に首里城は占領、城内の荷物改めが行われ、日本では見られない数多くの唐物・珍品が島津側に没収されました。宝物の点検は雑兵たちの略奪を恐れて本田親政ら荷物御改組頭の厳重な管理下で行われ、その期間は10日近くにも及んだといいます。荷物改めが終了し、先島の帰順が確認された後の5月15日、尚寧は100余人の供を連れ、島津軍とともにヤマトへ向け那覇港を発ちました。港口では1000人の群衆が悲しみの中、王を見送ったということです。

ところで歌謡集『おもろさうし』には、尚寧王妃が詠んだとされるオモロ(神歌)が残されてます(注21)。

北風の吹く頃になれば、国王様のお帰りをお待ちせねば。追い風の吹く頃になれば」(現代語訳)

遠い異国の地にいる夫の身を思いながら、ひたすら帰りを待つ王妃の気持ちが伝わってくるようです。尚寧王は2年の後にようやく琉球へ帰国しましたが、待っていたのは琉球王国の自由を規制する薩摩藩のさまざまな圧力でした。こうして、琉球の敗北により古琉球の時代は終わりを告げたのです。

(おわり)

【注】
(注21)高良倉吉『新版琉球の時代』(ひるぎ社、1989)、『おもろさうし』巻13、「船ゑとのおもろ御さうし」。

人気ブログランキングに投票
クリックよろしくお願いします

| | コメント (11)

2009年1月25日 (日)

土で作られた緑の宝石

沖縄の歴史に関する企画展のお知らせです。

重要文化財公開 首里城京の内跡出土品展
土でつくられた緑の宝石「小型青磁」

H20

(画像はクリックで拡大)

日時
2009年1月24日(土)~2月8日(日)
午前9時~午後5時(入所は午後4時30分まで)
毎週月曜日(1/26・2/2)は休所日

場所
沖縄県立埋蔵文化財センター 企画展示室

入場無料!

【ギャラリートーク(展示解説)】

日時
2009年1月31日(土)午後2時~3時
2009年2月1日(日)午後2時~3時

場所
沖縄県立埋蔵文化財センター 企画展示室

入場無料! 

首里城の祭祀空間だった「京の内」という場所から出土した国指定重要文化財の陶器(青磁)150点を一挙公開!大交易時代にはるばる海を越えて沖縄へやってきた貴重な「宝物」を身近に見ることができるチャンスです。何と入場無料!沖縄にお住まいのみなさま、ぜひ足を運んでみてください!

ちなみに「土でつくられた緑の宝石」という企画展のタイトルは僕が考案したもので、思いつきで話したキャッチフレーズが採用されてしまいました(笑)ワタクシ「とらひこ」も(ある意味)関わった企画展です。どうぞご期待ください。

人気ブログランキングに投票
クリックよろしくお願いします

| | コメント (7)

2009年1月21日 (水)

島津軍の琉球侵攻(3)

4月1日、七島衆を主力とした海路の島津軍が那覇港に突入しました。那覇は謝名親方利山(鄭迵)、豊見城親方盛続(毛継祖)ら3000の兵が陣取っていました。那覇港口には屋良座森・三重グスクの要塞【図】が築かれており、鉄鎖により港を封鎖、両要塞からは「大石火矢(大砲)」による砲撃(『歴代宝案』には「銃を発し」とあります)が行われ(注16)、軍船は侵入を阻止されます。

Photo_12

【図】屋良座森グスク(クリックで拡大)

那覇防衛軍は謝名・豊見城ら2名の「師官」に統率されていました(注17)。これは軍が二隊で構成されていたことを意味し、有事の際に「ヒキ」から成る二隊が那覇防衛に当たる軍事制度に一致します。この日、豊見城は臨時の三司官職に就いており(注18)、捕縛された名護に代わって軍を指揮したとみられます。「ヒキ」を統率する官衙の長は三司官でした。琉球の軍事制度は実際に発動された可能性が高いといえます。

一方、大湾から上陸した陸路の島津軍は浦添グスクと龍福寺を焼き払い、首里に向かってさらに南下しました。琉球側は那覇に兵力の大部分を集中し中部地方に兵を配置しておらず、守備の手薄な部分を突かれた格好となりました。島津軍は浦添間切の小湾で軍議を開き、首里・那覇の状況を見定めてから攻撃を開始します。

島津軍の首里接近に対し、越来親方率いる100人の兵が首里入口の大平(平良)橋で迎え撃ちました。大平橋付近は浦添グスクから首里へ入る道が整備され、また首里北方面から市街地へ進入できる通路となっており、鎌倉の切通のような軍事的要衝の地でした(こちら参照。絵図左上部分の平良橋がそれです)。琉球側はここで島津軍をくい止めようと図ったのです。しかし島津軍の鉄砲の前に琉球軍は壊滅し、首里城へ退却しました。この時、城間鎖子親雲上盛増は鉄砲に当り戦死しています。謝名らの那覇防衛軍も島津軍の首里城接近を聞き、首里へ退却します。

首里入口の防衛線を突破した島津軍は首里市街になだれ込み、首里城は包囲されます。首里城・西のアザナ(物見台)では法元弐右衛門の兵が城内への侵入を試みましたが、王府に仕えていた日本人・山崎二休守三の守備兵により撃退されました(注19)。

首里・那覇の各所では島津軍による放火・略奪が行われました。この日、那覇の親見世で和睦交渉が開始されましたが、その最中にも命令を無視した放火が行われ、島津側は市来家政らの兵を向かわせ制止しています(注20)。ほぼ勝敗が決した中で、戦利品を目当てに雑兵たちが思い思いに略奪行為を働いていたとみられるのです。統制の取れない島津軍の状態を示すものといえるでしょう。この結果、聞得大君御殿、仙福庵、豊見城親方の宿所、また那覇の広厳寺、その他多くの民家が灰燼に帰し、各家々の日記や文書、貴重な宝物なども火災で失われてしまいました。

(「島津軍の琉球侵攻(3)」につづく)

【注】
(注16)上里隆史「琉球の火器について」(『沖縄文化』91号、2000)。古琉球には中国伝来の旧式火器の「手銃」及び大型火器の「石火矢」などが存在していましたが、17世紀初頭の琉球の武装は銃より弓矢の比率が2:5と多く(袋中『琉球往来』)、島津軍のように大量の火縄銃(侵攻軍の鉄砲保有数は弓117張に対し734挺)で武装されていなかったとみられます。
(注17)注8と同じ。「ヒキ」と軍事制度については「島津軍の琉球侵入(2)」の図を参照。
(注18)『毛姓家譜』(『豊見城村史』第9巻 文献資料編、1998)
(注19)『葉姓家譜』(那覇市歴史博物館蔵)
(注20)注5と同じ。

人気ブログランキングに投票
クリックよろしくお願いします

| | コメント (0)

2009年1月17日 (土)

窪徳忠賞を受賞!

ワタクシ「とらひこ」、このたび第13回窪徳忠琉中関係研究奨励賞を受賞しました!正直、受賞できるとは思いませんでした・・・本当にいただいていいのでしょうか・・・

詳しくは【こちら】と【こちら

窪徳忠賞は東大名誉教授で道教研究の大家、窪徳忠先生によって創設された賞で、琉球・中国関係を研究する若手研究者を対象にしています。僕の研究は厳密な意味での琉中関係史ではないのですが、「海域アジア」という新たな視点で読みなおすこと、また海域交流の拠点としての港町に注目することで琉球と中国の関係をより鮮明に浮き彫りにできたと考えています。そうした点を評価いただいたのは嬉しいです。

いちおう僕はマジメな研究もちゃんとやっていまして(笑)、このブログのようにふざけたことばかり書いているわけではないことも少しばかり知っていただけるかと思い、喜んでいます。

このような素晴らしい賞を受賞したわけですが、それにかかわらず、当ブログ「目からウロコ~」はますます皆さまに楽しんでいただけるような内容にすべく頑張りますので(マジメな研究も)、どうぞよろしくお願いします。

人気ブログランキングに投票
クリックよろしくお願いします

| | コメント (19)

2009年1月14日 (水)

島津軍の琉球侵攻(2)

3月25日、島津軍は沖縄島の属島、古宇利島へ上陸しました。対する琉球側は三司官・名護親方良豊(馬良弼)率いる1000名の兵を北部防衛に向かわせました(注8)。

古琉球には首里王府のもとに編成された数千人規模の軍事組織が存在していました。この軍勢は『おもろさうし』で「しよりおやいくさ(首里親軍)」と謡われ、首里・那覇の防衛のみならず、奄美・先島地域への征服活動を担った琉球王国の「軍隊」でした(注9)。有事の際には、「ヒキ」と呼ばれる軍事組織が三隊に分かれ、首里・那覇をそれぞれ防衛することが1522、1554年の軍事制度で規定されていました(注10)。

Photo_6    Photo_8

【図】古琉球の軍事組織(クリックで拡大)

一方の島津軍は戦国時代、多くの戦闘を経験し勇猛で知られていました。例えば文禄・慶長の役(壬申・丁酉倭乱)時、泗川の戦い(1598年)では、島津軍8000の兵で明・朝鮮軍約4万を撃破し(5000以下の兵で20万の敵を撃破したとも)、実に3万の首級をあげています(注11)。琉球侵攻軍には樺山久高など泗川の戦い経験者が従軍しています。島津軍はわずか3000の兵でしたが、このような東アジア有数ともいえる精強な軍団に、実戦経験のない琉球軍は対抗する術をほとんど持たなかったのです。

しかし、この戦争での島津軍の戦死者は「雑兵一、二百人ほとも戦死仕侯由」(注12)と、100人から200人が戦死したようです。島津側は「殊更味方ハ多くも亡ひ申さす侯」と、自軍の損害が軽微だったと考えていたようですが、島津軍3000人のうち200人も戦死するほどの戦闘が琉球軍との間で行われていたわけで(負傷者はさらにこれを上回るでしょう)、琉球側は島津軍の侵攻に対して実際に応戦したのです。これが、琉球が戦わずして負けたのではないことを示す決定的な証拠です。

3月26日、島津軍と名護親方率いる琉球正規軍が北部で激突しました。琉球軍は兵の半数を失う敗北を喫し、名護も島津軍に捕えられます。『歴代宝案』以外の史料にこの戦闘は記されていませんが、28日には沖縄島北部を統括する山北監守・向克祉(今帰仁按司朝容)が死亡しており、戦死したとみられています(注13)。北部地方で何らかの戦闘が行われたことは間違いないでしょう。

Cimg1187

【図】島津軍が占領した今帰仁グスク(クリックで拡大)

3月27日、島津軍は運天港から今帰仁地方を巡回しましたが、北部の拠点・今帰仁グスクの琉球軍は撤退していて空城でした。またこの時、島津軍は方々で放火・略奪を行っています。戦国時代の日本では敵地での人狩り・物資の略奪が雑兵の戦利品として一般化しており、雑兵たちはこれを目的に戦闘に参加していました(注14)。この「戦国の論理」が琉球にも持ち込まれたのです。トカラには琉球侵攻の際に連行された琉球人の伝承も残っています(注15)。琉球侵攻前に定められた島津軍の軍規は琉球人への乱暴狼藉を禁止していましたが、実際には守られていなかったようです。

島津軍来襲の報を聞いて、那覇は避難する住民で大混乱に陥ります。王府は禅僧の菊隠宗意らを和睦の使者として今帰仁へ派遣しましたが、島津側に「交渉は那覇で行う」と拒否されました。

3月29日、島津軍は運天港を出て沖縄島中部の大湾渡口(読谷村)に到着、ここから軍は陸・海の二手に分かれ首里・那覇へ向けて進軍します。侵攻の経路が山北監守の拠点であった今帰仁をいったん通過し、さらに王国中枢の首里・那覇を目指したことから、島津軍の侵攻作戦が琉球の二大拠点の攻略を目的としていたことがわかります。

(「島津軍の琉球侵攻(3)」につづく)

【注】
(注8)『歴代宝案』1-18-3(『歴代宝案 訳注本』第1冊、沖縄県教育委員会、1994)
(注9)上里隆史「古琉球の軍隊とその歴史的展開」(『琉球アジア社会文化研究』5・6号、2002‐2003)
(注10)高良倉吉『琉球王国の構造』(吉川弘文館、1987)
(注11)村井章介「島津史料からみた泗川の戦い―大名領国の近世化にふれて―」(『歴史学研究』736号、2000)
(注12)『旧記雑録後編』巻64「維新公御文抜書」(『鹿児島県史料 旧記雑録後編4』、1984)
(注13)高良倉吉「山北監守をめぐる問題点」(同著『琉球王国史の課題』ひるぎ社、1989)
(注14)藤木久志『雑兵たちの戦場』(朝日新聞社、1995)
(注15)『宮本常一著作集17 宝島民俗誌・見島の漁村』(未来社、1974)

※本ブログ記事「侵攻400周年シンポに参加して」もご参照ください。

人気ブログランキングに投票
クリックよろしくお願いします

| | コメント (23)

2009年1月 7日 (水)

島津軍の琉球侵攻(1)

2009年は、1609年の薩摩・島津氏による琉球侵攻からかぞえてちょうど400年の節目の年に当たります。この島津軍の侵攻事件は琉球にとって初めての本格的な対外戦争でした。これから数回にわたり、拙稿「島津軍侵攻と琉球の対応」(『新沖縄県史・近世編』沖縄県教育委員会、2005)をもとに、島津軍侵攻の過程と琉球側の軍事的対応についてみていきたいと思います(注1)。

Photo_10

【図】島津軍の侵攻経路(クリックで拡大)

1609年(慶長14・万暦37)3月4日、薩摩の山川港に集結していた80隻余りの島津軍船が琉球攻略を目指して出航しました。

島津軍の編成は大将に樺山久高、副将に平田増宗・肝付兼篤。鹿児島方・国分方・加治木方のほか北郷氏や種子島氏、七島衆などが加わった約三千の軍勢でした。この軍は島津家久・義弘・義久のグループで成り立った寄せ集めの混成部隊であり、内紛の火種を常に抱えていました。当時の島津氏は当主家久のもとに完全に統一されておらず、いまだ中世的な性格を残した大名権力だったのです。

琉球遠征は当初より作戦期間3~4ヵ月の短期決戦が目標とされていましたが、それは軍団中に反家久勢力を抱えていたことが要因の一つとなったとみられています(注2)。実際に戦闘中、島津軍内で「歴々不行儀」といわれた家臣たちの独断行動が見られており、混成軍の統率が困難だったことがわかります。

山川港を出た島津軍は口永良部島へ、3月7日に奄美大島へ到着します。軍団は三手に分かれ樺山の部隊が笠利湾の津代湊、肝付の部隊が深江津、平田の部隊が瀬戸内西間切の西古見にそれぞれ上陸しました。3月8日、笠利間切の蔵本では大島の軍勢が守備していましたが、肝付兼篤の軍が難なく制圧しています。

琉球側は島津軍侵攻に対し、奄美地域で一応の守備体制を整えていました(注3)。例えば泊筆者の伊指川子元長が奄美に派遣され情報収集活動に当たっており(注4)、3月10日には王府に「島の軍、弱して敗軍す」(注5)との情報が伝えられています。奄美地域には島津軍に対抗する「島の軍」がいたわけです。また笠利間切首里大屋子の佐文為転、屋喜内間切首里大屋子の茂手樽など(注6)、在地勢力の行った抵抗が現地の系図にも記されています(※1)。容易に制圧されたものの、島津軍に対抗する計画的な武力対応があったことは確かです。

笠利を制圧した島津軍は3月12日に屋喜内間切の大和浜に逗留、16日には西古見に肝付兼篤の船団が到着します。同日には平田増宗の船団と推定される先発部隊が西古見から徳之島へ出航しました。17日には樺山久高の船団が到着、20日に徳之島秋徳に向かい、先遣隊と合流します。21日には「一ひら(平等)の役人之居所」のある東間切の亀津へ向かい、樺山本隊は沖永良部島へ出航。22日に山狩りが行われ、「琉球人番衆主取」(※2)で三司官謝名親方の婿である人物が捕縛されました。

ここでは首里より派遣されていた与那原親雲上朝智(向洪基)も降伏します。徳之島では激しい戦闘が行われ、琉球側に数百人もの戦死者が出ており、在地勢力の掟兄弟(佐武良兼・思呉良兼)もこの時戦死しています(注7)。徳之島では首里王府から守備隊長が派遣され、組織的かつ頑強な抵抗が試みられたのです。

徳之島を攻略した島津軍は24日に亀津を出航、沖永良部島で樺山の船団と合流します。沖永良部では抵抗はなく、「永良部之主」は島津軍に降伏します。また、島津軍の侵攻経路からは外れていましたが、喜界島も大島に在陣する島津軍に恭順の意を示しました。

大島陥落の情報に接した王府は、ただちに和睦の使者として禅僧の天龍寺以文を、奄美方面に展開中の島津軍のもとへ派遣しました(実際に交渉があったかは不明)。琉球は防衛体制をとる一方で島津軍へ講和交渉を働きかけ、戦闘の回避を図っていたのです。

(「島津軍の琉球侵攻(2)」につづく)

【注】
(注1)紙屋敦之「島津氏の琉球侵略と権力編成」(同著『幕藩制国家の琉球支配』校倉書房、1990)、「薩摩の琉球侵入」(『新琉球史』近世編(上)琉球新報社、1989)、原口泉「島津氏の琉球侵攻について」(『鹿児島大学法文学部紀要 人文科学論集』38号、1993)、石上英一「古奄美諸島社会の一七世紀における近世的編成の前提―慶長十四~十六年の奄美諸島支配―」(笹山春生『日本律令制の展開』吉川弘文館、2003)などを主な参考として、侵攻の経過をまとめました。
(注2)注1、紙屋1990。
(注3)注1、石上2003。
(注4)『姚姓家譜』(東恩納寛惇『系譜抄』沖縄県立図書館蔵、東恩納寛惇文庫)
(注5)『喜安日記』(『那覇市史』資料篇1巻2、1970)
(注6)亀井勝信編『奄美大島諸家系譜集』(国書刊行会、1980)79、99頁。
(注7)注6、414頁。

※1:この記述は誤りです。お詫びして訂正します。正しくは系図ではなく、石上2003論文に拠ります。訂正した正確な記述は、すでに拙著『琉日戦争1609』に記載してありますのでご参照ください。

※2:『旧記雑録』には「琉球入番衆主取」とありますが、この史料のもとになった島津家玉里文庫の『渡海日々記』を翻刻した『那覇市史』、および仲原善忠氏の史料(『沖縄文化』14号)には「琉球人番衆主取」としており、さらに玉里文庫本を参照した石上2003、紙屋1990も同様に「人」とし、また和泊町歴史民俗資料館編『藩政時代の沖永良部島の記録』も、この記述の相違に触れたうえで同様に「人」としています。『旧記雑録』が原本からの写本であることも考え、この記述は「人」であると判断しています。ちなみに「主取」とは「リーダー」を表す際に多用される琉球の役職名で、島津侵攻軍に「主取」なる役はありません(部将は「物主」とあります)。文章の意味も「人」としたほうが通じます。

人気ブログランキングに投票
クリックよろしくお願いします

| | コメント (21)

2009年1月 5日 (月)

新聞にコラム連載します!

E79089e79083e4babae794bbe5838fefb_3

明けましておめでとうございます。今年も当ブログをよろしくお願いします。

さて皆様にお知らせが。今月から半年、沖縄の地元紙「琉球新報」で連載コラム「落ち穂」を担当することになりました!僕のコラムは基本的に1か月に2回ほど、月曜日に掲載予定です。

去年の「沖縄タイムス」紙で担当したコラムでは歴史の話にかぎらず僕の体験や興味・関心のあることをいろいろ書きましたが、今回は歴史の話を少し多めにしようかと考えています。

沖縄にお住いの方、また「琉球新報」を購読されている方、ぜひ一度僕のコラムを読んでいただければと思います。

人気ブログランキングに投票
クリックよろしくお願いします

| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »