« 5円の使い道(9) | トップページ | 琉球王朝のチャングムたち »

2008年11月27日 (木)

馬社会だった沖縄

Cimg3126

最近になってようやくモノレールができた沖縄ですが、まだ鉄道などの輸送機関はなく、移動するにはもっぱら車です。戦前には軽便鉄道や路面電車がありましたが戦争で壊されてしまい、戦後の沖縄は自動車に頼る車社会となっています。

もうひとつ、戦争以前の沖縄で重要な輸送・移動手段となっていたのが馬でした。今でこそほとんど残っていない沖縄の在来馬ですが、かつては想像もできないくらい多くの馬が存在していました。戦前の統計によると、県内にはピーク時4万7000頭もの馬がいたといいます。沖縄は「車社会」ならぬ「馬社会」だったのです。この大量にいた馬は沖縄戦で3万8000頭が死んでしまいます(実に5頭のうち4頭が死んだ計算)。戦争の被害は人だけではなく、馬にまで及んだのです。戦後はアメリカからの輸入で2万頭まで回復したものの、社会の近代化・機械化の波で結局は減少し現在にいたります。

王国時代も馬は琉球の特産で、中国への朝貢品として硫黄とともに毎年送られていました。最盛期は三山の時代で、1年に110頭も送られたことがあります。さらに中国から直接買いつけにくる場合もありました。1383年には何と983頭の馬をいっぺんに購入し、中国へ持ち帰っています。大量買い付けの理由は明朝が北方のモンゴルへの備えとして軍馬が必要だったと考えられていますが、いずれにせよ、琉球では一度に千頭を輸出できるぐらいの馬を飼育していたことがわかります。

これほど大量の馬をどこで飼っていたのでしょうか。実は読谷村と嘉手納町の境、比謝川と長田川に挟まれた場所に「牧原(まきばる)」という丘陵上の台地があるのですが、ここが王府直営の牧場でした。その広さは、何と25万8000平方メートル(東京ドーム5.5個分に相当)。牧原には現在でも牧場を囲うための4、5メートルの人工の土手が残されています。この牧場の起源は不明ですが、古琉球にさかのぼる可能性もあります。

馬は輸出用だけでなく、農耕用やサトウキビの圧搾機をまわす動力源、また役人や神女(ノロ)の移動手段としても使われました。各村には馬場が作られ、年中行事に競馬(馬勝負)がさかんに行われ、娯楽としても親しまれていました。やがて馬場は道路や公園に変わりますが、馬場跡は現在確認できるだけで何と198ヵ所もあるそうです。今でも地方に行くと、集落内に大きくまっすぐな道路が見られる場合がありますが、それらはだいたい馬場跡であることが多いようです。

広大な牧場を駆ける数千頭の馬たち…想像もつかない沖縄の風景です。それが今では馬が車に姿を変え牧場が駐車場となり、馬場は車道になって、ヒトとモノを乗せてせわしなく行き来しているわけですね。

※【画像】は今帰仁村に残されている仲原馬場。クリックで拡大。

参考文献:西村秀三「馬場と馬勝負―沖縄における農村娯楽の一側面」(『沖縄文化』99号)、「歴史の舞台・『琉球』ロマンを訪ねて(32)」(「沖縄タイムス」2000年12月16日)

人気ブログランキングに投票
クリックよろしくお願いします

|

« 5円の使い道(9) | トップページ | 琉球王朝のチャングムたち »

コメント

牧場(まきばる)はまさに牧場(まきば・ぼくじょう)ですよね。古琉球時代から、馬を飼う場所を牧場と呼んでいたことは興味深いです。それに地名というのは昔の歴史を残しているのがよく分かります。変に変更せず、大事にしてほしいものです。

「前島」「泉崎」「十貫瀬」「泊高橋」「東町」「西」…那覇の地名も、これまでは何てことはなく流していましたが、「昔の那覇」が陸続きになる前の地形をよく表していると思います。

ひとつ、読谷にある「高志保」という地名が気になっています。これっていつ頃ついたんでしょうか。高千穂と関係はありそうですか? もしお分かりになるなら教えてください。

投稿: 南ふう | 2008年12月 1日 (月) 23:54

>南ふうさん
高志保の地名についてですが、確認できる最も古い17世紀の記録では「たかしふ村」と記載されていて、また方言名が「タカシップ」だったそうですから、高千穂という地名と直接つながるものというよりは、元来「たかしふ」と呼んでいた地名に「高志保」という漢字を当てたのではないかと思います。

投稿: とらひこ | 2008年12月 4日 (木) 22:03

とらひこさん、ほんとに何でもご存知で、頭が下がります。

方言が分からないので「タカシップ」の意味は理解不能ですが、高千穂と関係ないことが確認でき、ずっと気になっていたことがすっきりしました。ありがとうございました。

投稿: 南ふう | 2008年12月 5日 (金) 22:43

久しぶりにブログ拝見しましたup

最近、より忙しくって…


今日、たまたま目にした資料なんですが、
大宜味仁屋?(←はっきり覚えてない)と言う方が
描いた
馬図鑑が八重山博物館にあるようですね。

確か、比較的新しめの時代に描かれたモノらしいです。

その絵をチラっとしか
見てませんが、
大きい馬(西洋?)が多いんですね。
与那国馬のような小型のhorse
載ってないんでしょうか?

投稿: あまりりす | 2008年12月 8日 (月) 23:16

>南ふうさん
いえいえ、質問されるまで高志保という地名は全く意識していませんでした。これからも何かありましたら遠慮なくどうぞ。可能な範囲でお答えしたいと思います。

>あまりりすさん
おつかれさまです。いろいろ忙しいなか、ブログを見てくださり感謝です。

八重山の馬図鑑の存在は初めて知りました。大きい馬がいたとのことですが、僕は見ていないのではっきりとは言えませんが、絵の場合だと実際よりも大きく誇張したり(御後絵の巨大な国王がいい例です)と本当に大きな馬なのか慎重に判断する必要があると思います(体長が記載されていれば別ですが)。

実際に今、生存している馬は大きいものでどれぐらいなんでしょうね。

投稿: とらひこ | 2008年12月10日 (水) 00:16

初めて書き込みさせていただきます。板井英伸(いたい ひでのぶ)と申します。これまで琉球・沖縄の船について、いろいろ調べてまいりました。陸上で活躍した馬については、ほとんど何も知りませんので、お教えいただければと思います。

「王国時代も馬は琉球の特産で、中国への朝貢品として硫黄とともに毎年送られていました。最盛期は三山の時代で、1年に110頭も送られたことがあります。さらに中国から直接買いつけにくる場合もありました。1383年には何と983頭の馬をいっぺんに購入し、中国へ持ち帰っています。」

この部分の、「110」「983」という馬の頭数については、西村先生の御論稿以外、どの文献を読めばよいでしょうか?ぜひ、原文を読んでみたいのですが。

中国・琉球間を行き交った船のことを考える中で、積荷についても知りたいことが増えてしまいました。

出典をお教え願えれば幸いです。

それでは、よろしくお願いいたします。

投稿: 板井英伸 | 2011年10月 6日 (木) 08:55

>板井英伸さん

ご質問についてですが、馬の輸出頭数に関する史料は『明実録』という中国の記録に書かれています。

市販のもので手頃なものはちょっと思いつきませんが、和田久徳・池谷望子・内田晶子・高瀬恭子『歴代宝案編集参考資料5 『明実録』の琉球史料(一)』(沖縄県文化振興会公文書管理部史料編集室、2001)が一番見やすいかと思います。図書館などで閲覧可能かと思います。

投稿: とらひこ | 2011年10月 6日 (木) 23:27

早速のご教示、ありがとうございます。
すぐに探して読むことにします。
これからも楽しく読ませていただきます。
それではまた。

投稿: 板井英伸 | 2011年10月 8日 (土) 11:22

>板井英伸さん

先にお伝えした『明実録』の本には、37ページにありますので、ご確認ください。洪武16年9月己未条です。

投稿: とらひこ | 2011年10月12日 (水) 17:49

重ね重ねありがとうございます。
それにしても、これほどの数の馬を、どんなふうに船内に積んだのか、餌や飲み水はどうしてたのか、わからないことだらけですね。
教えていただいた資料、わくわくしながら読み進めています。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: 板井英伸 | 2011年10月18日 (火) 17:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 5円の使い道(9) | トップページ | 琉球王朝のチャングムたち »