« 目からウロコ通史編! | トップページ | 最新・琉球の歴史(10) »

2008年9月10日 (水)

イラストで歴史講座!

桜坂市民大学の目からウロコな沖縄歴史講座、いよいよ第4期、11月よりスタートです!

(1)桜坂市民大学「イラストで学ぶ沖縄歴史」
講座内容:アカデミー
講師:上里隆史(『目からウロコの琉球・沖縄史』『誰も見たことのない琉球』著者)
場所:桜坂劇場(〒900-0013 沖縄県那覇市牧志3-6-10)
日程:11月4日(火)スタート(全5回)
時間:毎週火曜日 21:00~22:30
定員:30名
対象年齢:16才以上
受講料 :9000円
材料費 :1600円(テキスト代。拙著『誰も見たことのない琉球』ボーダーインク刊。すでにお持ちのかたは必要なし)
持参物 :ノート、筆記用具
注意点 :なし

内容:最新の琉球歴史ビジュアル読本『誰も見たことのない琉球』を著者である講師がわかりやすく丁寧に解説します。イラストで学ぶから初心者でも安心。神秘のベールに包まれた古琉球の世界が今、明らかになる!本にかくされた楽しい裏話も満載です!

(2)桜坂市民大学「目からウロコの沖縄史」
講座内容:アカデミー
講師:上里隆史(『目からウロコの琉球・沖縄史』『誰も見たことのない琉球』著者)
場所:桜坂劇場(〒900-0013 沖縄県那覇市牧志3-6-10)
日程:11月7日(金)スタート(全5回)
時間:毎週金曜日 12:15~13:45
定員:30名
対象年齢:16才以上
受講料 :10000円
材料費 :0円
持参物 :ノート、筆記用具
注意点 :なし

内容:最新の琉球歴史ビジュアル読本『誰も見たことのない琉球』、『目からウロコの琉球・沖縄史』の著者である講師が面白い沖縄の歴史をわかりやすく紹介します。学校の授業では絶対できない面白い歴史の話がいっぱい。暗記の必要はまったくありません。初心者でも楽しくきくことができます。

今回は何と、とらひこ新作の最新歴史ビジュアル読本『誰も見たことのない琉球』をテキストに、イラストで沖縄の歴史を紹介します!ぜひぜひご参加ください!

お申し込み・お問い合わせは【こちら】まで!

人気ブログランキングに投票
クリックよろしくお願いします

|

« 目からウロコ通史編! | トップページ | 最新・琉球の歴史(10) »

コメント

もはやイラストレーターですねヽ(´▽`)/

お絵描き講座も開催して下さい。

投稿: 御座候 | 2008年9月10日 (水) 20:05

>御座候さん
もはや「正統な歴史学研究者」ではない人間になってしまったようですね(^-^;

お絵描き講座はまだまだ素人レベルなので、もっと修行します・・・

投稿: とらひこ | 2008年9月10日 (水) 23:12

 沖縄県在住ならぜひとも参加したいところですが残念です。 ところで、一つ質問があるのですが、私、沖縄本島の城跡は中城、今帰仁城、座喜味城などの有名どころのほか殆どの場所は訪れたことがあるのですが、首里城以外は屋敷とか櫓とかは復元されていませんね。これはなにか理由があるのでしょうか? 私としては1つや2つ建造物が復元された城があってもいい気もするのですが。
 近世の沖縄の城郭はだいたい首里城みたいな建造物が建っていたのでしょうか?そのあたりの想像図をまたイラストでも拝見したいところですね。

投稿: 震電 | 2008年9月13日 (土) 21:09

>震電さん
首里城以外に復元された建物がないのは、復元ができるような情報がほとんどないからです。首里城は戦前の写真や王国時代の建築設計図など比較的豊富に情報が残されていたため復元することができましたが、それでもあの建物は近世のもので、グスクが軍事的な機能を発揮していた古琉球(中世)の頃の建物がどうだったかはわかっていません。

首里城以外のグスクは16世紀にほとんど廃城となり、設計図や絵図資料が全くないためにどんな建物だったかがわからず、復元の手がかりがないのです。

ただ、唯一復元できるとしたら中城でしょうね。あそこは廃城後に役場として使用され、戦前まで赤瓦の建物が残っていて、簡単な間取り図もあります。ただしこの建物は中世までさかのぼることはないようです。

拙著ではいちおう浦添グスクから発掘された瓦をもとに屋根を想定復元したイラストを載せていますので、若干ながら当時のグスク建物の姿を想像することができるかと思います。

投稿: とらひこ | 2008年9月14日 (日) 09:28

とらひこ先生
 ワタシの愚問に丁寧にご返答いただきありがとうございます。資料がまったく残っていないのは意外でした。あまりに資料がない中で無理に再建しても意味がないですしね。
 いずれ調査が進んで復元されることを願うばかりです。

投稿: 震電 | 2008年9月14日 (日) 18:20

>震電さん
いえいえ、どういたしまして。近い将来、中城の建物が復元される可能性はありますから、今後に期待しましょう。

投稿: とらひこ | 2008年9月16日 (火) 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 目からウロコ通史編! | トップページ | 最新・琉球の歴史(10) »