« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月31日 (木)

最新・琉球の歴史(4)

おきなわの「琉球化」

明朝との関係成立は、沖縄島の社会に決定的なインパクトを与えることになりました。それまで中国側では南西諸島と台湾あたりをぼんやりと「流求」などと呼んでいたのですが、この時期から「琉球国」が明確に沖縄を指す名称になっていきます(台湾は小琉球と呼ばれます)。沖縄島の3大勢力の「世の主」たちは明朝から「」として把握され、やがて自らも「王」を名乗るようになります。外から与えられた名称を自分のものにしていくのです。

また中国の先進文化が一気に琉球に流れこみ、陶磁器や絹織物など高価な中国製品がもたらされます。三山の王たちは貿易活動で利益を得て権力を強化し、さらに明朝皇帝から「王」として認められることで、その権威を利用して国内の求心力も得ようとします。やがて琉球では王権に中国皇帝の権威が不可欠なものになっていきます。

このように、外から沖縄を「琉球化」していく動きに対して、沖縄側はそれを受け入れて自らもすすんで内部から「琉球化」していくのです。

この頃の琉球社会は、突出した都市である浦添(のちに首里)・那覇と、その他の草深い村落社会という、二重の社会構造になっていました。つまりそれまでの「ウチナー」的村落社会のなかに、那覇(とそれに付属する首里)という「国際貿易特区」が新たに形成されたのです。

16cnaha

那覇は華人や日本人が居留地をつくり、他の地域とは全く異質な社会をつくりあげていました。「ウチナー」的社会からおこった三山の現地権力は、那覇の独立した外来勢力を活用することが琉球での覇権をにぎるカギでした。

この試みに成功して沖縄島を統一したのが佐敷按司の尚巴志(しょうはし)です。彼は軍事的な才能があり、有力な按司を次々に倒して台頭するのですが、やがて那覇の華人たちと協力関係を結んで中山王となり、1429年には三山を統一して琉球王国を樹立します(第一尚氏王朝)。

那覇の華人たちは貿易活動だけではなく、現地政権の内部にも入りこみ政治にも参加します。第一尚氏王朝はとくに華人たちとの結びつきが強く、国政の最高顧問には華人の懐機(かいき)が就いて琉球王国のかじ取りをしていきます。

琉球の国政には日本人も参加していました。ヤマトから渡来した禅僧は対日外交を担当し、またヤマトの文化ももたらします。琉球の寺院は外務省と大学の役割も果たすのです。

交易国家の政権の中枢に外来勢力が参加するのは東南アジア(さらに世界史一般)でもよく見られる現象です。琉球王国は「ウチナー」だけで成り立っていたのではなく、外からの人々を積極的に取り込むことではじめて国際社会のなかで繁栄することができたのです。

(つづく)

↓ランキング投票よろしくお願いします(緑のボタンをクリック)

banner

| | コメント (9)

2008年7月24日 (木)

最新・琉球の歴史(3)

三山の時代と国際社会へのデビュー

戦乱の激化する沖縄島では、やがて3つの大勢力(山北・中山・山南)が形成されていきます。のちに「三山(さんざん)」と総称される政治勢力です。

Photo_7

3勢力のリーダーは各按司をたばねる「世の主」として君臨しましたが、その権力は按司の連合政権というかたちで成り立っていました。「世の主」は必ずしも血筋で継がれず、按司たちの合意のもと、その時々の有力者によって担われていたようです。

三山のなかでも「中山」は突出した勢力で、その拠点である浦添グスクは琉球最大の規模を誇っていました。浦添の「世の主」には、舜天(しゅんてん)・英祖(えいそ)・察度(さっと)などがいました。

一方、外の世界ではまたもや大きな変化が起こります。中国の元朝が衰退して内乱が起こり、それまで日本と中国とのメインルートであった博多―明州(いまの寧波)ルートが断絶したのです。

その結果、サブルートにすぎなかった南九州から南西諸島を経由して中国福建へ向かうルートが一時的に日中間航路のメインとして利用され、琉球が注目されはじめます。日中間を往来する海商たちは天然の良港で島状になっていた那覇に居留地をつくり、那覇は「国際貿易特区」ともいうべき姿に変貌していきます。

Photo_3

1368年に元朝を倒した明朝は、超大国の「中華」として周辺諸国に臣下の礼をとらせて公的貿易を許し(冊封・朝貢関係)、それ以外の私的な貿易活動・海外渡航は一切禁止します(海禁政策)。

琉球は1372年に中山の察度が明朝の求めに応じ、以後500年にわたって続く中国との公的な通交関係が開始されます。明朝はそれまで私的に貿易を行っていた海商たちが密貿易をして海賊化することを恐れていました。そこで琉球を有力な交易国家に育て、彼ら民間海商を琉球の公的貿易に参加させることで合法的に活動する機会を与えようとしたのです(対モンゴルの軍需物資としての琉球産の馬や硫黄は、優遇策の直接的な要因ではなかったようです)。

明朝は琉球を優遇して貿易の機会を増やし、朝貢に必要な大型海船や航海スタッフも惜しみなく与えます。派遣されたスタッフは那覇にあった中国系移民(華人)たちの居留地(久米村)に合流し、後に「閩人(びんじん)三十六姓」と呼ばれます。

琉球はこの優遇された条件のもと、大型海船と久米村の優秀なスタッフを活用することで、やがて海域アジア世界の中継貿易を行い「万国の架け橋」となるのです。その活動の範囲は日本や朝鮮、中国、東南アジアまで及びます。

(つづく)

↓ランキング投票よろしくお願いします(緑のボタンをクリック)

banner

| | コメント (21)

2008年7月20日 (日)

売れてます!

Photo_5_2

とらひこ新刊『誰も見たことのない琉球』、またまた売れ行き好調です!

県内書店ベストセラーランキング(※)では、

◇リウボウブックセンターリブロ: 5位!(7/20)

◇安木屋: 5位!(7/13)

◇BooKSきょうはん松尾店: 3位!(7/13)

◇球陽堂書房サンエー那覇メインプレイス店: 4位!(7/13)

 ※各書店における全書籍の売り上げランキング。

と快進撃を続けています!さらに他の書店でも次々と売れているとの情報が!

これまで誰も見たことのない古琉球の世界をビジュアル化したのが話題を呼んでいるようです。まだご覧になっていない皆さま、書店へ出かけた際にはぜひ一度お手にとってみてください!

↓ランキング投票よろしくお願いします(緑のボタンをクリック)

banner

| | コメント (2)

2008年7月17日 (木)

最新・琉球の歴史(2)

“琉球文化圏”の成立

南西諸島がひとつの「琉球文化圏」として形作られはじめるのは10~12世紀頃から。日本でいえば平安時代に当たります。それまでの南西諸島は「奄美・沖縄文化圏」と「先島文化圏」に分かれて両者の交流は全くと言っていいほどなく、長く漁労採集の時代が続いていました(貝塚時代)。

ところが10世紀にはいると劇的な社会の変化が訪れます。北のヤマトからのヒト・モノの流れが活発となり、ふたつの文化圏にも交流が生まれます。この時期には奄美地域、とくに奄美大島北部・喜界島が日本の国家と関係しながら独自の政治勢力をつくり、文化の発信地になっていたようです。さらに最近発見された喜界島の城久(ぐすく)遺跡群は、九州大宰府の出先機関の跡ではないかと指摘されています。

ゆるやかカタチで形成された「琉球文化圏」には、徳之島で生産された朝鮮半島系の須恵器「カムィヤキ」や長崎産の高級な石製ナベが南西諸島の全域に流通するようになり、この頃から各地で農耕も開始されます。これらの外来物は、当時の国際貿易港だった博多を基点とした流通のなかで出回ったものでした。また南西諸島に住む人々の骨の形質も本土日本人のものとほぼ同じになっていきます。

Photo_9

【図】カムィヤキ

このヤマトからのヒトの流入の背景には、日本と中国(宋)との貿易がさかんになり、ヤコウガイや硫黄などの南島産物を求めて商人たちが活動したことがあるといわれます。しかし、ヒトの流入は南西諸島に「倭寇」のような渡来人が一気におしよせて地元民を征服したのではなく、長い時間をかけて現地の人々と同化しつつ、内部世界の主導によって変化していったようです。

言いかえれば、ヤマトの渡来者はウチナー(沖縄)社会に同化しながら、南西諸島に新しい社会・文化を生み出していったということでしょうか。

12世紀前後からの農耕社会の発達にともない、南西諸島の各地では政治的なリーダーが成長していきます。「按司(あじ)」や「世の主(よのぬし)」と呼ばれる首長です。按司たちは「グスク」と呼ばれる城塞をかまえ、自らの権力を拡大すべく抗争をくり返します。琉球は戦国乱世に突入するのです。この時代は「グスク時代」と呼ばれています。

(つづく)

↓ランキング投票よろしくお願いします(緑のボタンをクリック)

banner

| | コメント (2)

2008年7月10日 (木)

最新・琉球の歴史(1)

拙著『目からウロコの琉球・沖縄史』中の通史「目からウロコ特製!最新版すぐわかる琉球の歴史」を、今回から数回にわたって取り上げたいと思います。おそらくネット上で見れる琉球の通史では、これが最も新しく、学術的な研究成果にもとづいたものになるはずです。なお、拙著掲載のものに若干、追加・訂正する場合もありますので、あしからずご了承ください。

********

はじめに

かつて、南西諸島には「琉球王国」という独立国家が存在していました。

沖縄が日本本土(ヤマト)とちがった文化や伝統を持ち、また自分たちを「ウチナーンチュ(沖縄人)」だと強く意識する背景には、歴史的に独自の道を歩んできたことがあります。日本とは別個の国家をつくりあげたことが「琉球・沖縄」のアイデンティティの形成に決定的な意味を持っているのです。

言ってみれば近代以前の沖縄の歴史は「琉球王国」の歴史だったのですが、まずその歴史を見ていくうえで、いくつかのふまえてほしい〈前提〉があります。

まずは「琉球・沖縄」という地域が地理的に見てどのようなところか、ということです。沖縄県は大小160の島々からなりたっています。それぞれの島は海で隔てられていて、不便な「絶海の孤島」という印象を持つかもしれません。島の大きさも日本本土の島々と比べてとてもちっぽけな島しかないと思うでしょう。たしかに「陸」だけの視点から見ればそうかもしれません。

しかし、沖縄という地域を見る際には、それは適切な見方ではないと思います。「海」は生活のできない死の世界で、島に生きる人々にとって外との世界を隔てる“壁”のような存在だったのではありません。近代以前においても島の人々、あるいは外から来た人々は船を自在にあやつり、活発に島々の間を移動していました。

もちろん現代より移動が便利だったわけではありませんが、「海」は“壁”ではなく、外の世界へとつながる“道”そして“生活圏”だったのです。陸だけの面積で見れば沖縄県は大阪府より若干大きいぐらいです。しかし島とその周りの海をひとつの世界としてとらえる「海域世界」という考えでとらえれば、南西諸島の範囲は実に東京から福岡あたりまでの広さに匹敵します。琉球王国はこの海域を統治した巨大な海洋国家だったのです。

Photo

そしてもうひとつ。意外に思うかもしれませんが、近代以前、人々は活発に地域間を往来するなかで、「民族」や「国境」という観念をあまり意識していませんでした。この傾向はとくに近世(江戸時代)以前に顕著です。グローバル化が進む現代の状況は、かつて「中世(古琉球)」という時代、すでに出現していた状況なのです(現代社会を「新しい中世」と呼ぶ学者もいます)。

つまり沖縄でも太古の昔から「ウチナーンチュ」あるいは「琉球民族」という枠があらかじめ決まっていて、琉球の歴史が展開したのではないということです。それは沖縄や北海道をふくめた現代の「日本国」「日本人」の枠組みが、神話の時代からあらかじめ決まっていたわけではないのと同じことです。琉球王国は南西諸島に昔から住む人だけでなく、外の世界から来た様々な人も参加して、歴史を重ねていくなかで「琉球」という主体を自らつくりあげていったのです。

以上をふまえてこれから紹介する沖縄の歴史を読んでいただけると、これまでの教科書や入門書で紹介されている沖縄の歴史とは全く違った面が見えてくると思います。

ここでの解説は、王様の順番をもとに歴史を説明する「王統史観」は採用しません。「琉球・沖縄」という地域が、外の世界とどのように関わりながら自らを形成していったかを、最新の研究成果をもとに述べていこうと思います。

(つづく)

↓ランキング投票よろしくお願いします(緑のボタンをクリック)

banner

| | コメント (22)

2008年7月 3日 (木)

ついに発売!

Shinsaku

とらひこ単行本第2弾『誰も見たことのない琉球』、ついに沖縄県内で一斉発売です!

前作『目からウロコの琉球・沖縄史』とともに7月3日の「琉球新報」1面に掲載されました!【画像】

沖縄の歴史をわかりやすく・面白くをモットーにしてきましたが、ついにここまできました。今回はなんと【最新歴史ビジュアル】。本書の特徴はこれまで専門書でしか書かれていなかった古琉球の世界をはじめて図解・ビジュアル化したことです!難解な専門書を楽しいイラストで理解!

イラストはすべてワタクシ「とらひこ」が描きました。著者が同時に絵も描くなんて前代未聞、沖縄歴史本で画期的な試みです。是非ご覧になってください!

購入は【 こちら 】から!

※おわびと訂正 …『誰も見たことのない琉球』81ページの「伊是名のおもがなし」は誤りで、正しくは「伊平屋のあもがなし」です。おわびして訂正いたします。

↓ランキング投票よろしくお願いします(緑のボタンをクリック)

banner

| | コメント (10)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »