« 琉球歴史イラスト(7) | トップページ | 琉球歴史イラスト(8) »

2008年4月16日 (水)

那覇の印もあるでよ

Photo

琉球王国で有名な印鑑といえば、まずあげられるのが「首里之印」。古琉球の時代から使われている伝統ある印鑑です。首里は国王が住み、琉球王府のある都。国王が「首里天加那志(すいてん・がなし)」、国王の命令が「首里のおみこと(お詔)」と呼ばれているように、首里は国王と同義語でした。つまり「首里之印」は国王や最高機関である王府の印なのです。この印鑑は国内の文書(辞令書や歌謡集『おもろさうし』)のほか、日本向けの外交文書にも押されました。

「首里之印」は非常に有名なのですが、かつては「那覇」の印鑑もあったのをご存じでしょうか。この印鑑【画像】は篆書体(てんしょたい)で「那覇」と刻まれています。使われた時期は古琉球期、第二尚氏王朝の時代。那覇主部中(ぬしべちゅう)から薩摩の家老に宛てた文書に押されています。印が押されているのはこの1通だけで、そのためあまり知られていないのでしょう。那覇主部中とは、那覇の行政を担当する責任者の総称と考えられます(主はリーダー、部はグループを意味)。

実はこの印のほかに古琉球期には「三司官印」もあって、これも三司官(大臣)が出した薩摩向けの外交文書に押されています。「首里之印」が国内・国外両方の文書に使われた例から考えて、「那覇」の印と「三司官印」が押された国内向けの文書も、古琉球時代に存在した可能性がかなり高いといえます。現存する文書で三司官印は2通、那覇の印は1通だけ。この3通のためだけにわざわざ印鑑を作るはずがありません。印鑑を作った背景には、その印を押すための文書群の存在があったとしか考えられません。

古琉球期の国内向け文書は国王の発給した辞令書しか残っていませんが、辞令書は規格化されていて、また書風・筆跡もそれぞれの筆者の個性があまり見られません。つまり字が得意な人がたまたまいて各自好きなように書いたのではなく、文字を書く官僚養成機関のようなものがあり、そこで決まった書式のトレーニングを受けた人たちがシステマティックに書いていたのです。

古琉球には「てこぐ(文子)」と呼ばれる書記官の職もあったので、国内において文字社会が相当程度、発達していたようです。国王の辞令書だけではなく、当時は現場レベルでの行政文書がたくさんあって、三司官や那覇の印もそれらに使われていたのではないでしょうか。

実は現存する国王の辞令書も、当時存在していた全体の1パーセントにも満たないとみられています。かつての古琉球社会には、さらに辞令書の総数を上回るぼう大な数の文書があって、それらがやり取りされていたようです。

参考文献:徳永和喜「島津氏の印判に関する研究」(『黎明館調査研究報告』4集)、「(池宮正治・小峯和明)対談・琉球文学の内と外―東アジアの視界」(『国文学・解釈と鑑賞』10号)、大石直正・高良倉吉・高橋公明『日本の歴史14 周縁から見た中世日本』

↓ランキング投票よろしくお願いします(緑のボタンをクリック)

banner

|

« 琉球歴史イラスト(7) | トップページ | 琉球歴史イラスト(8) »

コメント

>あるでよ

40代以下でこのギャグ?が分かる人はほとんどいませんねw
昔のCMが見られます↓
http://www.oriental-curry.co.jp/more/cm.html

投稿: よし | 2008年4月21日 (月) 00:14

>よしさん
実際のCMは初めて見ました。ありがとうございます。

僕は筋肉少女帯の曲「日本印度化計画」でこの言葉を知ったんですけどね。

投稿: とらひこ | 2008年4月24日 (木) 23:33

若い方でしたか?
失礼しました。

投稿: よし | 2008年4月27日 (日) 21:03

>よしさん
はい(笑)いちおう40代以下です。

投稿: とらひこ | 2008年5月 1日 (木) 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 琉球歴史イラスト(7) | トップページ | 琉球歴史イラスト(8) »