« 歴史散策+講座のお知らせ(3/2) | トップページ | コトバを超えて »

2008年3月 7日 (金)

歴史講座、第2期募集開始!

3月2日の「目からウロコの若狭まち歩き」、3月4日の桜坂市民大学講座「目からウロコ!な沖縄の歴史」初回、超満員で大好評のうちに終了しました。参加された皆さん、どうもありがとうございました。そして、桜坂市民大学の第2期講座の募集がいよいよ始まります!

(1)桜坂市民大学「学校でできない琉球史」
講座内容:アカデミー
講師:上里隆史(法政大学沖縄文化研究所国内研究員)
場所:桜坂劇場(〒900-0013 沖縄県那覇市牧志3-6-10)
日程:5月6日(火)スタート(全5回)
時間:毎週火曜日 21:00~22:30
定員:30名
対象年齢:16才以上
受講料 :10,000円
材料費 :なし
持参物 :ノート、筆記用具
注意点 :なし

内容:マジメな学術価値ゼロ!「目からウロコ」な沖縄の歴史講座。暗記するような退屈な授業ではありません。1回ごとに完結するテーマで、歴史を知らない初心者でも楽しめる内容です。昔の沖縄の人々の暮らし、ビックリな事件、どうでもいい話、学校の授業でできないようなちょっぴり怪しい内容も…

【1】これがリアル古琉球だ!(5/6)
リアルな古琉球の姿、その全貌を紹介。その異様な姿にビックリ。これホントですか?

【2】田舎男、はじめての洋食(5/13) 
大正時代、田舎暮らしのある男、噂に聞いた「洋食」なるものを食べに那覇まで出てきますが…

【3】琉球史のどうでもいい話(5/20)  
教科書や歴史の本にも載らない琉球史のどうでもいい話、おしえます。聞いたところで何の役にも立ちませんが、ちょっと面白いかも。

【4】薩摩をたっくるせ!~琉球人逆襲の巻~(5/27) 
薩摩に支配された琉球人たち、いじめられっぱなしだったのでしょうか?そんなことありません。琉球人の逆襲がいま、始まる!

【5】琉球財宝のありか、教えます(6/3)
トレジャーハンター、いらっしゃい!沖縄に眠っているはずの財宝情報、その手がかりをコッソリ教えます。ただし見つけられなくても責任は持ちません(笑)

※講座内容は変更する場合があります。

(2)桜坂市民大学「目からウロコな琉球史」
講座内容:アカデミー
講師:上里隆史(法政大学沖縄文化研究所国内研究員)
場所:桜坂劇場(〒900-0013 沖縄県那覇市牧志3-6-10)
日程:5月9日(金)スタート(全5回)
時間:毎週金曜日 12:15~13:45
定員:30名
対象年齢:16才以上
受講料 :10,000円
材料費 :なし
持参物 :ノート、筆記用具
注意点 :なし

内容:ちょっぴり詳しい「目からウロコ」な沖縄の歴史講座。もっと沖縄の歴史を深く知りたい人向け。琉球・沖縄史研究の最前線から面白い内容をピックアップして紹介します。もちろん専門的な内容をわかりやすく解説するのでご安心を。基本的な歴史の知識があるとさらに楽しめる「プレミアム」な歴史講座です。

【1】ここまで変わった古琉球史像(5/9)
【2】琉球三国志~尚巴志の野望~(5/16)
【3】首里城のナゾ(5/23)
【4】ドキュメント薩摩の琉球侵入(5/30)
【5】琉球の遺産・グスク研究の最前線(6/6) 

※講座内容は変更する場合があります。

桜坂市民大学の講座パンフレット・応募用紙は【こちら

那覇市桜坂劇場内のワークショップ「桜坂市民大学」。第2期が始まります。今度は何と全114講座!!ワタクシ「とらひこ」は昼・夜の2講座を担当します。さらにパワーアップした「目からウロコ」な歴史講座、どうぞご参加ください。第1期はおかげさまで超満員。受講できなかった方、ご迷惑をおかけしました。今回も混雑が予想されますので、応募はお早めに!

↓ランキング投票よろしくお願いします(緑のボタンをクリック)

banner

|

« 歴史散策+講座のお知らせ(3/2) | トップページ | コトバを超えて »

コメント

桜坂、県立図書館で御拝聴させていただいております。

首里城に何故、鐘があったかの話ですが、
下のブログに故宮のレイアウトと中国式寺院のレイアウトの類似性が書かれてあります。

http://marco-germany.iza.ne.jp/blog/entry/503820/

御参考までに

投稿: | 2008年3月 8日 (土) 13:05

ご参加、ありがとうございました。

琉球の仏教はヤマト系の影響力が非常に強かったとされていますが、円覚寺住持に中国人がいたり、初期の頃には僧侶の免許状を中国に要請したりしていますから、中国仏教からの影響も視野に入れる必要がありそうですね。

投稿: とらひこ | 2008年3月 9日 (日) 10:08

講座ではムー大陸の海底遺跡の場所を教えてくれますか?smile

投稿: 御座候 | 2008年3月11日 (火) 00:42

>御座候さん
それは守備範囲外ですが、ムー大陸はもう古いですよ。最近では沖縄=ムー大陸の原郷「マー大陸」が話題らしいです。

投稿: とらひこ | 2008年3月11日 (火) 11:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歴史散策+講座のお知らせ(3/2) | トップページ | コトバを超えて »