« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月25日 (火)

按司たちのヒマつぶし

Dec22173_2

「琉球の戦国」といえるグスク時代から琉球王国成立頃までの時代、沖縄各地には按司(あじ)と呼ばれる首長が割拠していました。按司たちは自らの権力を拡大すべく戦いを繰り返し貿易によって富を蓄積しましたが、その一方で彼らは遊びにも興じていたようです。

グスクをはじめとした県内の遺跡からはいくつもの遊具や玩具(オモチャ)が見つかっています。例えばサイコロ。古いもので14世紀(三山時代)の出土例があり、石や動物の骨などで作られています。駒(こま)石というボタン状製品も出ていて、これらは盤双六(ばんすごろく)というゲームで使われたとみられています。

それと面白いところでは中国将棋(象棋)もやっていたようです。首里城からは中国将棋で使う「兵」と「砲」の駒が出土しています【画像・クリックで拡大】。時期は15世紀中頃(第一尚氏時代)のもので、磁器製の高価なものです。そのほか囲碁の石や素焼きの独楽(コマ)なんかもグスクなどから見つかっています。

第一尚氏王朝の尚泰久王が即位以前に住んでいた越来グスクでは、何と羽子板(はごいた)の羽根突きで使ったとみられる土製の球が出ています。羽子板はおそらく中世の日本から伝来したものでしょう。若き日の尚泰久は、越来グスクで家臣の金丸(後の尚円王)と羽根突きをして遊んでいたかもしれませんね。

このように按司や王たちはいろんなオモチャで遊んでいたことがわかります。そして、これらは琉球が積極的に貿易に乗り出す時期と同じ頃に登場しています。つまり対外貿易とともに舶来のオモチャが琉球にもたらされたのです。それまでの琉球に存在しなかった新たな娯楽は、人々にとって衝撃だったはずです。今でいえばゲーム機のニンテンドーDSやWiiが上陸して大人気になるような感じでしょうか。

舶来オモチャは経済的・時間的余裕のある富裕層を中心に広まっていました。当初は限られた権力者のみが楽しむことができる特権的な遊びだったのです。一方、庶民たちは農耕や納税、按司たちの労働にかり出されたりと、余暇を楽しむ余裕はほとんどなかったはずです。しかし磁器や土器・瓦などの廃材で作られた円盤状の製品が沖縄全域の一般的な遺跡から出ていて、これが庶民たちのオモチャで、お弾きや五目並べのようにして遊んだと考えられています。

戦乱の時代だった当時でも、人々は息抜きや癒しを求め「ひと時の余暇」をオモチャで楽しんでいたわけですね。

参考文献:上原靜「考古学からみた沖縄諸島の遊戯史」(沖縄県今帰仁村教育委員会編『グスク文化を考える』)

↓ランキング投票よろしくお願いします(緑のボタンをクリック)

banner

| | コメント (0)

2007年12月20日 (木)

連続歴史講座のお知らせ(3/4~)

ワタクシとらひこによる連続歴史講座のお知らせです。

桜坂市民大学「目からウロコ!な沖縄の歴史」

講座内容:アカデミー
講師:上里隆史(法政大学沖縄文化研究所国内研究員)
場所:桜坂劇場(〒900-0013 沖縄県那覇市牧志3-6-10)
日程:3月4日(火)スタート(全5回)
時間:毎週火曜日 21:00~22:30
定員:20名
対象年齢:なし
受講料 :10,000円
材料費 :なし
持参物 :ノート、筆記用具
注意点 :なし

内容:大学や教科書では教えない、沖縄の歴史をわかりやすく解説する講座。講師は『目からウロコの琉球・沖縄史』著者の上里隆史。1回完結のトピックごとに分かれて初心者の方でも気軽に楽しく聞くことが可能です。歴史学界の最先端研究をどこよりも早くわかりやすく、受講者の皆さまにお届けします。

【1】初心者でもわかる沖縄の歴史(3/4)
初回は沖縄の歴史を最新の研究などに基づいてわかりやすく解説していきます。ここだけは普通の授業っぽくて申し訳ありませんが、これを受ければ沖縄の歴史通になること間違いなし。

【2】琉球王朝のチャングムたち~首里城大奥の世界~(3/11)
琉球王朝にも「チャングム」のような宮廷女官がいた!彼女らはどんな生活をしていたのでしょうか。そして彼女らが首里城内で起こした一大事件とは!?

【3】怪しい人骨ビジネス(3/18)
近世(江戸時代)の琉球で行われていた怪しい「人骨ビジネス」。内容がヤバすぎて公表できません。知りたい方は講座へどうぞ。コッソリ教えます。

【4】大正時代の恋愛模様(3/25)
100年前の沖縄青年諸君はどのような恋愛をしていたのでしょうか。とらひこが初めて発掘した新聞資料から当時のラブレターを紹介。恋に悩める若者は必見!

【5】解いてみよう!王国の試験問題(4/1)
最終回も授業っぽく、試験問題を解いてみましょう。ただし試験は琉球王国時代のもの!200年前の傾向と対策、「ココが試験に出る!」を教えます。

※講座内容は変更する場合があります。

那覇市の桜坂劇場内に新しく開設された全76講座のワークショップ「桜坂市民大学」。そのなかで沖縄の歴史・文化を知りたい方のために、ワタクシ「とらひこ」による連続歴史講座が開催されることになりました!歴史を知らない初心者の方でも懇切丁寧に解説しますのでご安心を。内容も学校の授業ではできないようなクダラナイ話ばかりを集めてきましたので(笑)、肩の力を抜いて楽しむことができます。お気軽にご参加くださいませ。

桜坂市民大学のホームページは【こちら

申し込み方法は【こちら】から

↓ランキング投票よろしくお願いします(緑のボタンをクリック)

banner

| | コメント (2)

2007年12月18日 (火)

天皇と琉球

琉球が徳川将軍に使節を派遣したことは前回紹介しましたが、それでは江戸時代の琉球は天皇とどのように関わっていたのでしょうか。江戸時代の外交権は徳川将軍が「日本国大君」として掌握していて、天皇が外交使節と対面することはまずありませんでした。それに薩摩藩の支配下にあったとはいえ、琉球には国王がいて独自の国家を形成していたので、天皇とほとんど無縁の地域でした。琉球の人々にとって崇めるべき存在は琉球国王であり、そして中国皇帝であったのです。

しかし、琉球と天皇は全くの無関係だったのではありません。実は、琉球の使節はたった一度だけ天皇と対面しています。1626年(寛永3)、後水尾天皇が京都の二条城に行幸した際、島津氏の命令によって琉球から金武王子と楽童子(がくどうじ。芸能を披露する美少年)らが二条城に送られて、天皇や公家衆、将軍家光の前で舞踊や音楽を演奏しています。

琉球使節の「来朝」が、天皇家を凌駕し日本国内で権力を確立しつつあった将軍にとって、天皇の前で異国を従えていることを示す政治パフォーマンスとなったのです。この時が、琉球使節が天皇と対面した最初で最後です。

そして、おそらく琉球の人々が何となく天皇の存在を感じることのできた機会が「鳴物停止(なりものちょうじ)令」でしょう。鳴物停止とは身分の高い人間の死去に際して音楽や歌や舞いなどを一定期間、禁止して喪に服することです。例えば天皇や上皇、徳川将軍が死去した後、日本全国で半月とか1ヵ月間、鳴物や建築工事、殺生などが禁止されています。この禁止令が、薩摩藩の支配下にあった琉球にまで適用されていたのです。

琉球では薩摩藩主の死去にもこの「鳴物停止」が行われていたので、同じように禁止令が出された天皇・将軍を「薩摩の殿さまと同じようにエライ人」と実感していたことでしょう。しかし何度か会って服属儀礼をとる機会のあった将軍に比べ、ほとんど接する機会のなかった天皇は琉球の人々にとって不思議な存在だったかもしれませんね。

参考文献:上原兼善『幕藩制形成期の琉球支配』、真栄平房昭「近世日本の境界領域」(菊池勇夫・真栄平房昭編『近世地域史フォーラム1 列島史の南と北』)

↓ランキング投票よろしくお願いします(緑のボタンをクリック)

banner

| | コメント (1)

2007年12月11日 (火)

将軍と皇帝に会った琉球人

Cimg0606

近世(江戸時代)の琉球は中国(清朝)の朝貢国でありながら日本の幕藩制国家にも従属する国家で、中国と日本に使節をそれぞれ派遣していました。中国へは北京の皇帝のもとへ朝貢使節を派遣していたことはよく知られています。一方、日本へは江戸の徳川将軍と薩摩藩の島津氏のもとへ不定期ですが使者を派遣して服属の儀礼を行っていました。いわゆる「江戸上り」と「中城王子上国(じょうこく)」です。

このような歴史的な性格から、琉球では当時の東アジアでも珍しい体験をする人物が登場します。その一人を紹介しましょう。彼の名は毛維基(もう・いき、城田親方)。久米村の毛氏5世で、元祖は17世紀に中国から渡来した華人です。維基は久米村行政のトップ(総役)の地位についたエリートで、書道や芸能にも通じていました。彼は何と、中国皇帝・徳川将軍・琉球国王という3カ国の「元首」に会ったことのある人物なのです。

1752年、国王尚穆(しょうぼく)の即位によって、それを承認したお礼として琉球から使節団が江戸へ向かいます。この時、維基は音楽や舞踊を指導する監督官(楽師)として江戸へ同行しています。使節団は薩摩から大坂を経由して、江戸城で将軍・徳川家重(吉宗の長男)に謁見。将軍の前では維基が指導した琉球音楽を披露して、彼は将軍から白銀を与えられました。

また維基は福建の琉球館(いわば大使館)に駐在するスタッフとして中国へも行っています。彼が属する久米村は中国系の渡来者を中心とした士族のグループで、中国への外交文書作成や通訳、そして琉球国内において儒教教育などを担当する仕事に多くの人が従事していました。そして1769年、彼は朝貢使節のナンバー2(副使)として北京へ向かい、紫禁城の午門(ごもん)で乾隆帝(けんりゅうてい)に会い、その顔を見ています。乾隆帝といえば中国史上最大の領土を有した清朝最盛期の皇帝。彼に直接対面した維基は「これは千年に一度あるかのめぐり会いで、家門の栄光である!」と感激しています(日本の将軍と会った時にはコメントなしでしたが…)。

当時は身分制社会で、そこらにいる普通の人間が支配者の顔を見るなど滅多にありません。また江戸時代の「鎖国」政策に代表されるように、自由に国や地域を移動できない状況でした。そのようななか、一人の人間が3カ国の「元首」に直接会ってその顔を見ることは異例中の異例です。当時の日本では中国皇帝の顔を見た人間などまず、いません。もちろん中国で徳川将軍の顔を見た人も。

維基がなぜこのような珍しい体験ができたかというと、先に述べたように、近世の琉球王国が日本と中国との外交関係を維持して成り立っていたことと関係しています。琉球では外交や交易の仕事をすること(旅役といいます)が大きな功績としてカウントされ、多くの琉球人が海外へ出向いていきました。毛維基のような国際体験をすることは、当時の琉球の人々にとって決してありえないことではなかったのです。

※【画像】は今帰仁グスクにある「山北今帰仁城監守来歴碑記」(1749年建立)。この碑文の文字は毛維基が書いた。

参考文献:渡辺美季「毛維基の生涯―「山北今帰仁城監守来歴碑記」の文字を書いた人物―」(『今帰仁グスク』創刊号)

↓ランキング投票よろしくお願いします(緑のボタンをクリック)

banner

| | コメント (11)

2007年12月 6日 (木)

またもや増刷!

拙著『目からウロコの琉球・沖縄史』、好評につき品薄状態、またまた増刷が決定しました!

単行本の刊行以来、コンスタントに売れ続けているようですが、特に那覇空港書店で猛烈に売れているとのこと。空港は年間500万人の利用客があって、そこで6ヶ月連続、全書籍売り上げ1位!沖縄文化に興味のある観光客の皆さんが購入しているようです。

購入いただいた皆様方、本当にありがとうございます。来年はサプライズもいくつか用意していますので、これからもご期待ください。

↓ランキング投票よろしくお願いします(緑のボタンをクリック)

banner

| | コメント (2)

2007年12月 4日 (火)

琉球国際シンポ参加記(2)

Cimg2379_2

11月23・24日には琉球大学で「第11回琉中歴史関係国際会議」が開かれました。この会議は沖縄・日本本土・台湾・中国大陸の歴史研究者が一堂に会し、琉球と中国に関わる研究を発表する学術会議です。隔年で行われており今年は沖縄での開催となりました。11名が3セッションに分かれて最新の研究成果を報告し、それぞれが大変面白い内容でしたが、ここで全てを詳説するのは大変ですので僕がとくに興味深いと思ったものを簡単に紹介してみます。

陳碩炫(ちん・せきげん、琉球大)氏は、清代北京における琉球使節の滞在館舎(会同館)の変遷について、はじめて総合的な分析を加えた画期的な研究報告でした。琉球使節の北京での滞在場所は琉球側の史料から何となくわかっていたのですが、今回初めて具体的な状況が判明したのです。固定化される朝鮮やロシア使節館舎に対して、琉球館舎の位置が清代を通じて紫禁城へと接近していったこと、その原因として北京における琉球の進貢活動と密接に関連していたことなどを指摘。地元研究者が陥りがちな「沖縄オンリー」の視点ではなく、中国へ来る朝貢使節全体のなかから琉球使節の特徴をあぶり出すという手法は中国の研究者ならではと思いました。

また今回の目玉として北京の第一歴史档案館の館長・鄒愛連(しゅ・あいれん)氏の初来沖があげられます。档案(とうあん)とは紫禁城(故宮)などに収蔵された中国王朝の行政文書で第一級の史料。その数は膨大でいまだに未整理な文書類も多いといいます。沖縄・中国側の努力で両者の関係を築かれ、すでに6冊の琉球関係の档案史料集が刊行されています。今回は2008年新たに刊行される7冊目の史料集についての報告が行われたのです。本史料集は主に清末期の台湾出兵事件など琉球問題に関するもので、新たな発掘史料が紹介されました。

通説では台湾原住民による琉球人殺害がきっかけで日本軍の台湾出兵が行われたとされていますが、実はこの時期日本人の台湾漂着事件も起こっており、それらも出兵に大きく影響したとみられること、出兵前に日本はスパイを台湾に派遣しており中国側もそれを詳細に把握していたこと、台湾現地では日本軍来襲をかなり以前から警戒していたことなど、驚くべき事実が档案から明らかにされています。刊行される档案史料集は琉球史だけでなく、日本の近代史研究にとっても重要な研究材料となるはずです。

そのほか朱徳蘭(しゅ・とくらん、台湾中央研究院)氏による、近代台湾の基隆にあった沖縄漁民の居留地についての報告や、琉球王朝の路次楽のメロディから中国楽曲の復元を試み、その楽曲を「実演」してみせた王耀華(おう・ようか、福建師範大)氏の報告なども興味深いものでした。ちなみに僕の報告は、17世紀琉球に渡来した華人・毛国鼎の琉球史上での位置づけを海域史から検討するという内容でした。

すでに11回を迎える蓄積ある国際会議だけあって、学界最先端の研究成果が披露されたハイレベルな内容だったと思います。そして琉球史が単なる「沖縄郷土史」にとどまらない、国際的研究を行うにふさわしい分野であることを実感した学術会議でした。

↓ランキング投票お願いします(緑のボタンをクリック)南功栄

banner

| | コメント (7)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »