« 琉球歴史イラスト(2) | トップページ | いざ中国へ »

2007年9月16日 (日)

琉球歴史イラスト(3)

古琉球のフォーマルウェアセット(3
「石帯(せきたい)」

Photo_3

(クリックで画像が拡大します)

【解説】

いわゆるベルト。帯の表面は装飾として玉(ぎょく)片がいくつも付けられる。

↓ランキング投票よろしくお願いします(緑のボタンをクリック)

banner

|

« 琉球歴史イラスト(2) | トップページ | いざ中国へ »

コメント

これ、そそりますねぇ。
何故石なのでしょうか。

投稿: ボーダー | 2007年9月18日 (火) 01:09

>ボーダーさん

石はただの石ではなくて、玉(ぎょく)という言わば宝石です。古代の中国では玉が神秘的な力を持つ特別な石と信じられていたので、帯を玉で飾ったのでしょう。現代の中国でも玉は珍重されているみたいです。

投稿: とらひこ | 2007年9月18日 (火) 16:21

沖縄版のタロットカードのイラストを描く時には、苦労させられましたわ。
4番のカードは王様(皇帝)なんですが、帯というか、あれ、何だろう?と
資料の本を見ても、さっぱり。

で、博物館や首里城に行って、この目で確かめた事がありましたわ。

投稿: MU@沖縄 | 2007年9月19日 (水) 08:57

>MU@沖縄さん

「コミックチャンプルー」デビュー、おめでとうございます。琉球ものの作品はいいですね。

歴史ものの小道具なんかは実物を見てみないとわからないものがありますよね。もちろん何となくは描けるんでしょうが、実際に知って描くのとでは仕上がりが違ってくると思います。

投稿: とらひこ | 2007年9月19日 (水) 22:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 琉球歴史イラスト(2) | トップページ | いざ中国へ »