« 2007年6月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年7月24日 (火)

大正沖縄・紳士の宴(3)

●偕楽軒夜話(下)/ある紳士連の会合(琉球新報・大正5年3月3日)

A氏:(西洋菓子をつまみながら)「君は見たところでは身体が馬鹿に大きくて強そうだから、知らない人ならちょっと脅かしがきくんだろうね?」

名物男:(得意顔)「辻などを夜中歩いても大抵の乱暴漢は僕を見ると身体が大きいものだから、ビクビクしてめったに手出しをしないようだよ。外見は強そうに見えても我輩、実は喧嘩ほど嫌いなものはないからね、こいつはちょっと事が面倒だと思ったら遠慮なく逃げることに決めてあるんだ(笑い声)

ところでたった一度だけひどい目に遭った事がある。冬の闇夜だったかね。染屋小小路から女を買ってた時分で、そこをぶらついてたら、いきなり後ろから鉄拳が飛んで来て我輩の横顔をパンとやられたんだな(手で真似をして目を光らせる)不意打ちだから我輩ヒョロヒョロと溝の中に片足を突っ込んで倒れてしまったね(笑い声)これは逃げないと大変だと思ったから、幸い2、3間先に人力車(くるま)があったから、それに飛び乗るや一生懸命走らせてやっと逃げのびたんだね。あの時ほどたまげた事はなかったぜ」

A氏:(笑いつつ)「意気地なしだな」

名物男:「いやいや、決して意気地なしじゃないなんだ。誰だって後方から突然やられちゃビックリするさ。こんな大切な立派な顔を傷でも付けられちゃ大変だからな(顔中を撫でまわす)」

外套の青年:「あまり立派でもなさそうですぜ」

名物男:「男の目と女の目とは違うもんだ。君らにはそう立派に見えんでも、これでも若い時にはいくらも女が惚れて来たからね。今でも遊びにかけちゃ君らには負けんさ(一同の笑い声)ところで今晩の二次会はどうするんだい?」

紋付の紳士:「二次会なんてまだまだ早いですよ」

(呼鈴〈ベル〉を押す)

外套の青年:(大きな金時計を出す)「まだ10時30分だ」

(給仕、扉を排して入り来たる)

紋付の紳士:「オイ、もっと料理を持って来い。それにビールも・・・」

A氏:「あ、もう沢山沢山。これ以上食べられやしないよ、珈琲(コーヒー)でも貰いましょうか」

紋付の紳士:「それじゃ珈琲を早くね・・・」

(給仕去る。暫時沈黙)

A氏:「近頃は芝居はどうだい。面白いかね?」

セルの袴の青年:「一向面白くありませんね。相変らず野卑なものです」

A氏:「今の役者に顔の好いのは無いね君。以前はいくらも役者らしい好い顔のものがあったのにどうも今のは感じが悪いね」

名物男:(ビールを飲んで)「そうそう昔は揃っていたな、女形でも好い奴があったからな」

丸顔の青年:「今の芝居は実際閉口しますね。どうかして一歩一歩改良出来ないものかしら」

セルの袴の青年:「難しいよ、当分現状維持でもっともっと下劣になって行くだろう」

丸顔の青年:「下劣の絶頂に達したらそろそろ改良の方法もあるでしょう・・・」

(給仕珈琲を配る。皆それをすする)

名物男:「甘い珈琲だ、さあもう帰ろう。二次会だ二次会だ・・・(笑い声)」

(おわり)

↓ランキング投票よろしくお願いします(緑のボタンをクリック)

banner

| | コメント (4)

2007年7月17日 (火)

大正沖縄・紳士の宴(2)

●偕楽軒夜話(中)/ある紳士連の会合(琉球新報・大正5年3月2日)

A氏:(ナイフで器用に肉を切りて)「感応ってどんなことがあったんです?」

紋付の紳士:「さあ、どんなことって露骨には話されませんがね(笑う)どう言うものか、いつもとは大変違った何とも言えない感じがしましたね。一口に言ったら快感ですな、何とも言えない一種快味ですな(一同の笑い声)いや実際ですよ、ん、今度は出来たぞと直ぐ直覚しましたからな」

(笑い声たえず)

セルの袴の青年:「何かの本で月経前後が好いということを見たんですが、それは経験された事はありませんか?」

名物男:(肉を口に入れつつ)「そうそう、そんな説もあったようだね。しかし我輩の説は必ずしもそうじゃないね、いつだってうまく行った時は出来るさ」

(また肉を頬張る)

丸顔の青年:(微笑しつつ)「しかしこの説は学者でも理由はわからないと言ってるようですよ?」

名物男:「そうそう、わからんと言ってるようだ」

紋付の紳士:「あんまり繁昌し過ぎて少し料理が遅いですな。早く持って来ればいいのに・・・」

(呼鈴〈ベル〉を押す)

名物男:「芝居で言えば幕合が長すぎると同じ事で困るな」

(給仕4度目の皿を運ぶ。ナイフ・ホークの音)

背広の青年:「こちらの料理は非常に好いようですね。それに器物が綺麗で清潔ですね」

A氏:「食器が君、不潔だと料理はいくら上等でも手をつける気にならないからね」

紋付の紳士:「しかしここが出来て余程便利を感じますね」

外套の青年:「那覇としてもこのぐらいの家は是非無くてはなりませんからね」

セルの袴の青年:「自分の家にもちょっとした西洋間を持ちたいものだな」

A氏:「そうだね、ちょっと好いね。人に椅子・卓子(テーブル)だとゆっくり構えないからね。畳だと君、どうも用件以外の余計な話をされて僕らのような忙しいものには困るからね」

セルの袴の青年:「しかしどういうものか椅子だと打ち解けて話せない気がしますが」

丸顔の青年:「打ち解けたところか、今晩なんかそれ以上大変奇抜な話が出たじゃありませんか?」

(給仕6度目の皿と西洋菓子とを配る)

名物男:(ビールを飲みつつ)「ああ、もうこれで腹一杯だ、もう食べられない。何だ阿蘭陀雑炊(ウランダズーシ)か、これは好物だ」

(大サジで食べ始める)

A氏:(煙草に火をつけ)「一体昔から唐手名人(武士)と言われた人々はそろって皆、健啖家()だね君」

名物男:「そうだそうだ、師範校の屋部中尉()もすこぶる健啖家だぜ。唐芋でも盆にいっぱい盛ったのを我々ならうまそうな奴から選んで3つ4つ食うが、あの人は1番手近なのから片っぱしから平らげてしまうそうだから驚くね(一同笑う)大食するだけ身体も強いからね。屋部さんなら我輩が力をこめてウンと突いたところで平気なものさ」

(おかしい手つきで鉄拳を前方に突き出してみせる。笑い声)

(つづく)

※健啖家 …食欲の旺盛な人。大食漢。

※屋部中尉 …屋部憲通(1866~1937)。沖縄県で最初の軍人、陸軍中尉。明治には「屋部軍曹」の名で広く知られる。日露戦争後、師範学校で空手の指導にあたっていた。

↓ランキング投票よろしくお願いします(緑のボタンをクリック)

banner

| | コメント (0)

2007年7月10日 (火)

大正沖縄・紳士の宴(1)

少し前から「大正沖縄の2ちゃんねる」を始めたことから戦前沖縄の新聞に目を通すことが多くなりましたが、信じられない珍内容が記事になっている場合があり、図書館で爆笑記事を読んで笑いを押し殺すことができずに苦しんでます(笑)

そのなかで大正時代の沖縄紳士たちによる対談が「琉球新報」で連載されているのを見つけました。面白すぎるので、現代読みになおしてここで紹介したいと思います。

対談はどう見ても紳士じゃなくて下品で怪しい人たちの酒飲み話ですが、当時としては最先端の流行に乗った人たちのモダンな会話だったのでしょうか?それにしても、100年前の沖縄でこんな内容の対談があったことに驚きです。

信じられないかもしれませんが、これから紹介する会話は僕の創作ではなく、当時の新聞記事そのままの内容であることに注意してください。

--------------------------------------------

Jul10135

●偕楽軒夜話(上)/ある紳士連の会合(琉球新報・大正5年3月1日)

人物
知名の実業家 A
紋付羽織の紳士 B
金縁眼鏡の名物男 C
背広服の青年 D
外套(オーバー)の青年 E
セルの袴の青年 F
丸顔の青年 G

場所(西洋料理店・偕楽軒の2階の小さなる一室、壁は落ちついたカーキ色で美しい花籠を持った西洋婦人の額を油絵の薔薇の小晶と赤い瓦をかいた水彩の額が掛かっている。紳士連は卓を囲んで盛んに談笑している。煙草の煙が室内を暖かそうに見せている。その間を給仕(ボーイ)が忙しそうに料理を配る。外は真っ暗な寒い夜、折々波の音)

A氏:(煙草の灰を落としながら眼は西洋婦人の絵を見つめている)「惚れぼれするような素敵に立派な女だね。あのスラリとした体格といい、腕の肉付きふっくらした胸のあたりなんか実際何とも言えないじゃないか。それに顔もキリリと引きしまっているね」

(一同絵を注視する。ナイフ、ホークを置く音)

金縁の名物男:「そうだそうだ、我輩も先から目を付けて居たが、全く美人だな。あのお臀(しり)の肥えたところや、我輩の顔を見て微笑してるような可愛らしい眼なんか、全くふるい付きたいほどの美人だな」

A氏:(絵より目を離さずして)「第一、あの伸び伸びと発育しきった肉体美だね。日本の女にはとても見られない美しさじゃないか?」

名物男:「そうだそうだ、我輩は若い時からいくら美人を見たか知らないほどだが、この絵ほど美人を見た事はないね。しかし我輩には絵の美人よりも顔はどうでも熱のある女がましだ ははは・・・」

(一同笑い声)

外套の青年:「貴君(あなた)には熱さえあれば誰でも結構でしょう」

名物男:「いや、そう言うわけじゃない。なるべくは美人だがね、仕方が無かったら熱があれば好いと言う事さ」

(一同哄笑) (*爆笑)

紋付の紳士:「だからつまるところ、熱がありさえすればどんな女でも構わないと言う結論になるでしょう ははは」

名物男:(頭をかきつつ)「そうじゃないそうじゃない・・・」

(給仕、皿を取替える。暫時沈黙)

名物男:(ナイフをかちりと置いて)「一体西洋の女はどうしてあんなにお臀(しり)が大きいのかね?女は臀が大きいほどいいものだぜ ははは」

背広の青年:「臀部の大きい女はよく子を産むそうじゃありませんか?」

名物男:「それだから好いと言うんだ、立派な子供を産むからね。しかし君、我輩は近頃、性欲作用と言うものほど不思議なものはないと思うね。子供を作るのはホンの瞬間なんだからね」

(クスクス笑う者がある。名物男としては極めて真面目くさった顔)

紋付の紳士:「皆さんはどうか知りませんが、実際妙なもので、私も長男の時にそれを直覚した事がありますがね。不思議なものですな。家内も私と同じような感応を受けたといってましたが、月を数えて見ると実際当たってましたからね」

(一同笑いを殺しているような顔、給仕、皿を運ぶ。強い肉の匂い)

(つづく)

※偕楽軒の推定位置はこちら

↓ランキング投票よろしくお願いします(緑のボタンをクリック)

banner

| | コメント (4)

2007年7月 3日 (火)

歴史講座のお知らせ(7月17日)

Cimg1197_1

またまたワタクシ「とらひこ」による歴史講座のお知らせです。

今帰仁城跡案内ガイド養成講座
第5回「薩摩侵攻と今帰仁グスク」

日 時:平成19年7月17日(火) 18時30分~
場 所今帰仁村文化財資料室(旧兼次中学校・視聴覚室)
主 催:今帰仁村教育委員会
連絡先:今帰仁村社会教育課文化財係
TEL:098-051-5477
FAX:098-056-3217
e-mail:mn-bunkazai(アットマーク)tontonme.ne.jp

要予約・受講無料

概 要:1609年、琉球は薩摩軍の侵攻を受け、今帰仁も戦災をこうむった。本講座は琉球をとりまく国際情勢も視野に入れながら今帰仁における侵攻事件の経過を解説し、また事件が今帰仁や沖縄の歴史にどのような影響を与えたかを探る。

※ガイド養成のための数回に分けた講座制になっていますが、事前に文化財係に予約をすればこの回だけ受講することも可能です。もちろん無料になっています。前回の講演会とちがって大会場ではありませんので、アットホームな雰囲気で話が聞けると思います。お気軽にお越しくださいませ。

それとおまけですが、拙著『目からウロコの琉球・沖縄史』をお持ちいただいた方にはサインもしますので(笑)、よろしければ是非。

↓ランキング投票よろしくお願いします(緑のボタンをクリック)

banner

| | コメント (2)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年9月 »