« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月30日 (金)

琉球王国の蒸気船

琉球王国の船といえば中国式の帆船(ジャンク船)。しかし、実は王国末期、琉球は西洋式の蒸気船を保有していました。〈琉球船=ジャンク船〉の常識をくつがえす、知られざる歴史を紹介しましょう。

琉球王国の蒸気船の名は「大有丸(だいゆうまる)」。1868年、イギリスで製造された排水量600トンの蒸気船です。排水量600トンと言えば、幕末に勝海舟を艦長としてアメリカに渡航した咸臨丸と同じくらいの船です。この大有丸は1875年(明治8年、光緒元年)、日本の明治政府から提供されたものでした。この頃に描かれた那覇港の絵図には、この蒸気船を確認することができます。

大有丸はなぜ琉球王国の船となったのでしょうか。それは日本の近代国家が琉球の併合を進める動きと密接に関わっていました。明治維新を達成した日本の新政府は近代国家として領土の画定を急ぎ、琉球王国を版図内に組み込もうと動き出します。そのなかで1871年(明治4年)に起こったのが台湾遭害事件です。嵐で台湾に漂着した宮古島民54名が原住民によって殺害されてしまったのです。

明治政府はこれをきっかけとして、後に台湾に出兵して琉球人を日本国の属民であることを清朝に認めさせてしまいます。これと並行して政府は琉球の「国体」を永久に保持することを条件に(結局、裏切られますが)、王国を「琉球藩」とし、国王尚泰を「藩王」として華族に列します。

明治政府は、台湾で殺害された宮古島民の遺族や生存者らに米1740石(現代価値でだいたい5億円)を見舞いとして送るとともに、蒸気船「大有丸」を琉球に提供します。政府は台湾での遭難の原因を嵐でも航海できる船舶がないからだとして、「海域を往来する琉球人民(日本国属民)を保護する」という名目で堅牢な蒸気船を送ったのです。王府はこの申し出を固辞しますが、結局受け入れます。

この大有丸、当初は全て日本人の船員によって運用されていましたが、1876年(明治9年)には何と一部船員に琉球人を採用し、機械や蒸気機関の操作法を学ばせて、日本人と共同で船を動かすようになります。この3年後に王国は滅亡しますが、それまでの短い期間、琉球人の手によって動く蒸気船が王国内の海域を航行していたのです。

沖縄県となってからも、この大有丸は岩崎弥太郎ひきいる三菱の郵便汽船として使用され、南西諸島の各島を結ぶ航路に就航して、近代沖縄の輸送機関として活躍することになったのでした。

時代が変わる節目に突如として出現した琉球王国の蒸気船。琉球史上初めて近代蒸気船を操縦し、コバルトブルーの海を疾走した琉球人はいったいどんな気持ちだったのでしょう。

参考文献:『沖縄県史』12、『球陽』、『那覇市史』通史篇2

↓ランキング投票よろしくお願いします(緑のボタンをクリック)

banner

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月17日 (土)

空から金が降ってきた

琉球王国が編集した歴史書には「何だこれ?」というような不思議な出来事がたまに記されています。これらの歴史は知ってたところで特に役に立たないようなことなので、ほとんど注目されてきませんでしたが、よく調べてみると意外と面白い事実があったりします。

例えば琉球の正史『球陽』には、1855年、首里桃原村の新垣筑登之(あらかき・ちくどぅん)の家に、空から銅銭5貫850文(現代の価値でだいたい30万円)が降ってきたという記録があります。何と空からお金が降ってきたのです(!)

にわかには信じがたい事件です。歴史書の編集者はこの事件について「疑うに、これはキツネのしわざであろうか」とコメントしています。まさかキツネが金を降らせたはずはありません。普通に考えるとこれはウソの情報、または当時の迷信深い人による錯覚だと思うかもしれません。

しかし、事件の前後の記事を丹念に見てみると興味深い記述が見つかります。空から金が降ってきた事件と同じ年、豊見城で竜巻が発生して多くの民家や樹木をなぎ倒した、という記録があるのです。歴史書にはこの二つの事件が全く関連づけられずに記録してありますが、おそらく銭を降らせた原因がこの竜巻である可能性は非常に高いといえるでしょう。

つまり、豊見城で発生した竜巻はどこかの民家が貯めていた銅銭を巻き上げ、風に乗って首里付近に「金の雨」を降らせたと考えられるのです。そういえば最近の沖縄でも竜巻が発生していますね。2007年3月15日には読谷村で竜巻が発生して民家に若干の被害を及ぼしています。

思わぬ大金を手にした新垣筑登之がその後どうなったのか、歴史書には何も記されていません。それより30万円ものゼニを失った人はいったい誰だったのか、届け出た人がいたのかいなかったのかもわかりません。

このように、教科書に載るような歴史の裏には「どうでもいい事件」がけっこうあるのですが、ちょっとのぞいてみるのもなかなか楽しいですよ。

参考文献:『球陽』

↓ランキング投票よろしくお願いします(緑のボタンをクリック)

banner

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年3月14日 (水)

ラジオに出演!

皆さまにお知らせです。

●3月15日18時30分 ラジオ沖縄「夕焼けアングル864」

●3月19日13時 FM沖縄「ハッピーアイランド」

にて、ワタクシ「とらひこ」が出演して『目からウロコの琉球・沖縄史』をPRいたします!

ブログの作者の声が聞きたい方(そんな奇特な方はいませんか…)、要チェックですよ!

沖縄にお住まいの方は気が向いたら是非!

僕としてはあの多喜ひろみさんに会えるかと思うとドキドキです(笑)ちょくちょくこの番組聴いていたもので。

ということで皆さま、上記の時間は家族・知人をお誘いあわせのうえ、ラジオ機の前に集合よろしくお願いいたします。

↓ランキング投票よろしくお願いします(緑のボタンをクリック)

banner

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年3月 9日 (金)

謎のマークの正体は…?

単行本『目からウロコの琉球・沖縄史』、ついに発売のはこびとなりましたが、お買い上げいただいた読者の皆さん、本当に感謝です。単行本はイラストや書き下ろしコラムなど多彩な特典付きで、さらに細部にも凝ったつくりになっています。

本をお買い上げいただいた皆さんは、裏表紙のマーク【画像。クリックで拡大】が気になりませんでしたか?この不思議なマークはいったい何でしょう?

Mar04_67_2

実はこのマーク、もうひとつの琉球王府のマークなんです。これは漢字の「天」の字をかたどったもの。最近国宝に指定された尚家の宝物の刀剣類(千代金丸など)や、聞得大君の黄金かんざし、漆器にも、このマークが刻まれています。この「天」字マークのほかにも、分銅や団扇(うちわ)のマークが確認されていて、主に16~17世紀(古琉球時代の後期)頃のものに付けられています。

これらのマークは左三つ巴紋(ヒジャイグムン)のような内外に広く示すシンボルというよりも、王府や王家が所蔵していることを示す記号のようなもので、王府で製作された美術工芸品に刻まれたようです。またマークにいくつも種類があるのは、王府の工房内で製作を担当したグループを識別するための記号である可能性も指摘されています。

古琉球時代、国王は「天」と深く結びついていました。王は天上を源にする霊力(セヂ)を神女の頂点に立つ聞得大君より与えられ、太陽(テダ)の化身として琉球世界に君臨していました。国王は別名「首里天加那志(すいてん・がなし。加那志は敬称)」とも呼ばれています。かつての王都であった浦添グスクからも、「大天」や「天」と刻まれた瓦が多数見つかっています。

つまり、「天」は王を意味しているわけです。王府で製作された工芸品に刻まれた「天」字もこの思想にもとづいて付けられたと考えられます。

単行本の裏に琉球王府の所蔵マークを載せるなんて少々不届きだったかもしれませんが、王国時代の琉球人がこの単行本を見たら「この本は王家のものだ!ははー」とカン違いして平伏したかもしれませんね。

というわけで、単行本の表紙にもこっそりと「目からウロコ」な情報を載せてみた次第です。

参考文献:久保智康「尚家継承金工品」(『尚家関係資料総合調査報告書Ⅱ美術工芸編』)

↓ランキング投票よろしくお願いします(緑のボタンをクリック)

banner

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年3月 3日 (土)

単行本、ついに発売!

Cimg1718_1

単行本『目からウロコの琉球・沖縄史』、ついに沖縄県内で一斉発売です!

ここまで長い道のりでした…

本は思った以上に素晴らしい出来上がりでした。とくに表紙がテカテカしてていい感じですね。

注文のほうも結構入っているようで、著者としては感謝・感激です。

沖縄の書店で並んでいる光景を僕はまだ見ていませんが、もしかしたら著者が書店を巡回して、こっそり「目からウロコ」本を平積みになおしているかもしれませんので、書店の方は注意してください(ウソです)。

ブログを始めた時には、これが本になって書店に並ぶとは考えもしませんでした。何か不思議な感じがします。本はまだ発売されたばかりです。みなさん、これからもどうか応援よろしくお願いします。

注文はこちらからお願いします

↓ついでにランキング投票も…(緑のボタンをクリック)

banner

| | コメント (9) | トラックバック (5)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »