« 単行本、予約開始! | トップページ | 単行本、ついに発売! »

2007年2月24日 (土)

時計番はエライのだ

沖縄と時計といえば、まず思いうかべるのは「ウチナータイム」ですね。おおらかなのか怠惰なのか、約束の時間をキッチリ守らない“沖縄時間”のことです。王国時代には「ウチナータイム」はあったのでしょうか。今回は琉球の歴史と時間との関わりを紹介しましょう。

Cimg06551 世界遺産・首里城の漏刻門付近には、王国時代に使われていた時計があるのをご存じでしょうか。この時計は太陽の光によって時間を計測する日時計。先の戦争で破壊されましたが、古写真や図面などをもとに2000年に復元されたものです【画像。クリックで拡大】。

この日時計が設置されたのは近世(江戸時代)の1744年のことです。日時計の導入を進めたのは、あの大政治家と呼ばれた蔡温です。実は、首里城の門の名前(漏刻門)からもわかるように、蔡温による日時計の設置以前にも、ここには時計(漏刻器。水時計)が設置されていました。古い記録から1463年(古琉球時代)にすでに存在していたことがわかりますが、この時計はあまり正確ではなかったようです。

蔡温は西原の幸地村(刻時嶺)であらかじめ日時計の実験をおこない、5年間の観測の後に首里城に導入します。この時計によって、琉球では正確な時間が計れるようになります。しかし、時計の改革はこれだけではありませんでした。従来は下級役人に時間をはからせていたのを、何と黄冠(ハチマキの色が黄色。親雲上)クラスの役人に変更、しかも当番の半分は久米村(中国系移民)の士族に担当させるのです。

黄冠といえば今でいえば部長クラス。今までヒラ社員が行なっていた書類のコピーとかお茶くみのような仕事を、なぜわざわざ部長クラスの人間にさせたのでしょうか。また首里城の時計をはかる仕事に、なぜ那覇の久米村の士族たちをかり出さなければならなかったのでしょうか。

実は、蔡温による時計の改革は、単に時間測定の精度を技術的に高めて生活の向上に役立てることが目的だったのではありませんでした。その真の目的は、「支配者が自らの統治する世界の時間を掌握する」ことにありました。支配者はその世界を空間的に支配するだけでなく、時間も支配しなくてはならない、と当時の中国を中心とした東アジア世界では考えられていたのです。

例えば中国の朝貢国は必ず中国の年号を使わなくてはなりません。これは中国の元号や暦を使うことによって、中国皇帝が朝貢国の時間も「支配」すると考えられたから。時間をあつかうことは、現代の我々からは考えられないほど尊く、重要な統治行為であったのです。

蔡温はこの中国的な考えから見て、それまで「時間」をテーゲー(適当)にあつかっている琉球の状況を変えようとしたわけです。つまり今でいう意味とはちょっと違いますが、「ウチナータイム」を「チャイナタイム」、当時の「グローバルスタンダード」に変えようとしたと言えるのではないでしょうか。

中国的な価値観から時間を大事にしようとしたからこそ、時計番に部長クラスの役人と、中国文化の伝道者である久米村の士族たちを投入したわけですね。

参考文献:『球陽』、『那覇市史』通史篇1

↓ランキング投票よろしくお願いします(緑のボタンをクリック)

banner

|

« 単行本、予約開始! | トップページ | 単行本、ついに発売! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98518/14026059

この記事へのトラックバック一覧です: 時計番はエライのだ:

« 単行本、予約開始! | トップページ | 単行本、ついに発売! »