« 本の編集状況はここから | トップページ | 三山王の名前 »

2007年1月26日 (金)

沖縄で「向」といえば…

突然ですがクイズです。

「向」

この字は琉球で何と読むでしょう?

「こう」「むかい」と読んだ人、沖縄の歴史は初心者のようですね。

「しょう」と読んだ人、沖縄の歴史についてけっこう詳しい。

正解は「しょう」です。

これがわかる人は、おそらくこの字についてこう説明するでしょう。「これは琉球王家の一族が名乗る姓で、国王の姓«»と区別するために«尚»の字を二画とって«»とした。よって読み方は«尚»と同じである。さらに王族は下の名前には«»を名乗ったんだ」と。

もちろんこれも正解です。現在では王族の子孫は「向」を名乗ることはありませんが、代々名前に「朝」をつけているので、それで王族かどうか判断できる場合があります。(例えば朝義とか朝助とか)

しかし、王族が「向」姓を名乗りはじめるのは沖縄の歴史のなかでも比較的新しい時代で、かつては姓そのものがなかっただけではなく、姓が名乗られはじめた頃には、王族が「向」姓を使うという決まりは全くなかった。この事実を知っている人はそう多くはないと思います。

琉球人が中国名を名乗りはじめるのは近世(江戸時代)に入ってからです(こちら参照)。中国名が使われはじめた頃の王族の姓は、何と「呉」とか「宗」、「魏」や「韶」などメチャクチャ。下の名前につけるはずの「朝」もほとんど使われておらず、「重」とか「典」、「義」などこれまたメチャクチャ。

例えば有名な羽地朝秀(向象賢)は、彼が生きていた時に使われていた中国名は何と「呉象賢」。名前も「重家」です。しかも羽地を名乗る前は大嶺です。大嶺重家(呉象賢)、これだと誰だかわからなくなってしまいますね。

要するに、琉球にはもともと一族の血筋を姓によってまとめ、他の一族と区別するという観念がなかっただけでなく、当初は中国名の統一的な使用のルールもなかったということです。王族の姓が現在知られている姿になるのは琉球王国の構造改革が行われて以降の1692年(構造改革についてはこちら参照)。「門中(もんちゅう。むんちゅうとも呼ぶ)」という沖縄の家制度もこの時期から成立してくるのです。

沖縄の「向」姓について、これだけ説明できればほぼ完ぺキだと思います。これでみなさんも沖縄の歴史通の仲間入り?かもしれません。

参考文献:田名真之『沖縄近世史の諸相』

↓ランキング投票よろしくお願いします(緑のボタンをクリック)

banner

|

« 本の編集状況はここから | トップページ | 三山王の名前 »

コメント

ほぉ~(@@)
いまだに生きてる門中制度の中に嫁入りしちゃいましたが
そんなに古いものではなかったんですね。
驚きました。

投稿: pyo | 2007年1月26日 (金) 17:55

一応、琉球史のブログを書いてしまっている者として、どこまでついていけるかドキドキしながら読みました^^;

結果としては、どうにか最後までついていけたので一安心です(イエィ)

「初めて王族に向朝の二字を賜る」みたいな記事が、『球陽』のどこかにありましたよね。(正確なことはとらひこ様にお任せします笑)

投稿: 茶太郎 | 2007年1月27日 (土) 16:13

>pyoさん
一般庶民に門中制度が広まったのはさらに後の時代です。最初は首里・那覇の士族など一部でやられているにすぎませんでした。「門中」は太古の昔から連綿と続けられてきたのではなく、当時の国家政策のもと「上」から強制的に創り出されていった制度なのです。

>茶太郎さん
いえいえ、ついていくだなんて。茶太郎さんも十分詳しいと思いますよ。ご指摘の『球陽』の記事が1692年のものですね。


投稿: とらひこ | 2007年1月28日 (日) 18:36

>「門中(もんちゅう)」

沖縄では一般的に
『むんちゅう』といいますよ。

『もんちゅう』と言われたら、『門柱』?ってしか浮かびません^^;

直せたら直してくださいね~。

投稿: バンブーエレファント | 2007年2月 9日 (金) 15:55

>バンブーエレファントさん

僕はいちおう沖縄出身ですからその呼び方は知っています。

門中を沖縄では方言風に「むんちゅう」という呼び方をする、ということは言えると思いますが、「もんちゅう」の呼び方は誤りではないので、申し訳ないですが訂正はしません。

ここは注意してほしいのですが、沖縄の歴史用語は方言風の読みだけではなく、言葉の読みに忠実な呼称も使ったりすることもあります。

ある用語で方言読みをしている言葉が、歴史的にそう呼ばれたかは怪しいことが多いからです。何百年もの歴史を調べていると、とくにそう感じます。我々が古来より続く「伝統」だと思っていることが、実はそうではない場合が多々あるからです(今回の「向」姓もその例のひとつです)。

例えば「久米村」を「クニンダ」と呼ぶのが正しいんだ、という意見を聞いたことがありますが、歴史的にそう呼ばれていた証拠はありません。史料には「久面里(くめんり)」と出てきたりもします。

だから「クニンダと方言風に呼ぶ言い方もあって、現在、方言を知っている者はそう呼ぶ場合が多い」とは言えますが、「方言風が伝統的に古そうだから、これが正しい読み方だ。くめむらと呼ぶのはおかしい」とは言えないのです。

要するに、どっちでも間違ってないということです。その人の呼び方次第でいいのではないでしょうか。

投稿: とらひこ | 2007年2月 9日 (金) 16:29

^_^;
そうでしたか、ご存知でしたか…。


>我々が古来より続く「伝統」だと思っていることが実はそうではない場合が多々あるからです

そうですよね。
「伝統」には注意しないといけない面もありますよね。

例として…
『エイサー』
昔は首里では無かった(これも定かではありませんが)、と言われますが、今首里には「伝統エイサー」と言うのがあります。

『成人式の国際通り』
ここんとこ毎年マスコミが取り上げるあの光景。
暴れる彼らは「伝統」と言うが…。
少なくとも、わったー時代には無かった。^^;


ちょっと逸脱してしまいましたか?!


これからも楽しみにしてます!^0^

投稿: バンブーエレファント | 2007年2月10日 (土) 00:23

>バンブーエレファントさん

おっしゃるように、かつてなかった地域にもエイサーが琉球「伝統」のものとして創出されはじめているようですね。

奄美や先島でもエイサーが踊られはじめているようです。これはむしろ沖縄の今を探る現象としてみていくと興味深いと思います。

成人式はどうなんでしょうね…あれは伝統にしてはいけないような気がしますが(苦笑)

これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

投稿: とらひこ | 2007年2月11日 (日) 19:40

実はこの記事を読んだ後、自分の母方のお墓に「向氏」とかかれていて、さらに僕のおじいは下の名前に「朝」がついていたんです!!

これって、かなり可能性ありでしょうか!?

投稿: T-REX | 2011年7月28日 (木) 20:01

>T-REXさん
お宅が王族であることは間違いないです。世が世なら僕はこうしてコメントを返すこともできない高貴な一族ですよ。

向氏はさらに細かく分かれてますから、調べたらどの王様に一番近いかわかるはずです。T-REXさんにも間違いなく王の血が流れてます。

投稿: とらひこ | 2011年7月28日 (木) 20:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98518/13659999

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄で「向」といえば…:

« 本の編集状況はここから | トップページ | 三山王の名前 »