« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月25日 (水)

琉球使節は「異国風」を強制された?

みなさんは「江戸上(のぼ)り」をご存じでしょうか。江戸時代、日本の幕藩体制に組み込まれた琉球が、国王や徳川将軍の即位に際して江戸に使者を派遣し、従属関係を確認するイベントのことです。

琉球の使節団は王子を正使として、百数十人が薩摩藩士とともに水路・陸路から江戸城に向かいます。その道中、琉球の使者たちは薩摩藩から「異国風」の中国服を着ることを強制され、沖縄の人々は日本人とはちがうという差別意識を本土の人々に植え付けることになった、とこれまで言われてきました。この説は本当なのでしょうか。

まず中国服についてですが、実は琉球の正装はもともと中国の冠服でした(こちらを参照)。なので、琉球では外交儀礼の場で中国冠服を着用することは通常の作法だったのです。薩摩に征服される以前の1573年(天正3年。戦国時代)、薩摩に派遣された琉球の使節団は「唐衣裳」を着て行列し、中国風の音楽を演奏しています。つまり琉球人に「正装をしてこい」といえば、強制されなくても中国服を着てくるわけです。

薩摩藩が江戸上りの際、中国風をせよと通達していたことは確かです。その背景には、「異国」を従えていることをアピールすることで、薩摩藩のみならず、幕府の権威を高めることがあったことは間違いありません。しかし、中国風にせよと通達された対象は、何と旗や槍などの儀仗や道具類だけで、服装に関しては全く規定はありません。現に江戸上りの琉球使節を描いた絵図には、琉装をする琉球人もちゃんといます(こちら)。身分の高い使節はみな中国冠服が正装でしたが、ランクの低い官人は普段どおりの琉装だったようです(さらに場所によっては全員琉装の場合もあります)。

このように、江戸上りの琉球の使者に対して薩摩藩が中国風(異国風)の服装を強制したという説は間違いであることがわかります。実際には「強制」ではなく、もともとの中国風をより「強調」したというのが真相なのです。

なぜこのような説が流布することになったのでしょうか。そもそも「異国風を強制された」という考え自体がおかしくはないでしょうか?琉球は江戸時代の日本にとって「異国」です。「異国」に対して「異国風」を強制するということはトンチンカンな行為です。

実は、この説が唱えられた背景には復帰以前の沖縄と日本の関係があります。この「異国風」強制説には、「沖縄が異国であることはおかしい」という観念が根底にあるのです。

1952年、サンフランシスコ平和条約によって、沖縄は一方的に日本から切り離されて米軍統治下に置かれ、人権無視の様々な弾圧を受けていました。アメリカ当局は自らの支配のもとで安定的に沖縄を統治するため「日本」と「沖縄」の分断政策に乗り出し、「琉球」をより強調しはじめます(琉球政府・琉球大学・琉米文化会館などなど…)。対する沖縄の人々はアメリカ統治からの解放を日本復帰に見出し、島をあげて「祖国」復帰運動を強烈に進めていきます。

「異国風」強制説は、この説が唱えられた復帰以前の「沖縄は日本とひとつだ、“祖国”に帰るべきだ」という時代の風潮に強く影響されています。当時の研究者たちもこの考え方から自由ではなく、「江戸上りの差別的な異国風強制は、沖縄を異民族視する印象を本土の人々に与え、この影響は日本と沖縄が分離されている現代(復帰前の時代)まで続いているのだ」と主張したのです。

歴史を分析する研究者も、また自分たちの生きる時代から完全に自由になれるわけではないのです。言ってみれば歴史家が唱えた説も、その時代の状況を知るうえで大切な「歴史の一部」なんですね。

参考文献:紙屋敦之『大君外交と東アジア』、豊見山和行編『日本の時代史18』

↓ランキング投票よろしくお願いします(緑のボタンをクリック)

banner

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年10月20日 (金)

サイトマップつくりました

記事が増えてきたので、サイトマップをつくってみました(ブログの左側の欄にあります)。

それぞれの記事のタイトルを並べてあるので、クリックすれば読みたい記事にいくことができます。活用してください。

それとお手数かもしれませんが、ブログランキングに投票(下の緑のボタンをクリック)してくださると…

banner

…順位が上がり、作者は画面を見てガッツポーズをして喜びますので、どうぞよろしくお願いします。

(追記)おかげさまで歴史ランキング2位となりました(10/24)。ありがとうございました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

軍艦だった琉球船

Oct17195 アジア世界で交易活動をしていた琉球王国の船は、「ジャンク船」と呼ばれる中国式の船でした【画像。クリックで拡大】。島国だった琉球は他の地域に移動するには必ず船で行かなくてはなりません。貿易による繁栄を支えていたのがこの船だったわけですが、琉球貿易船のイラストが歴史の本でさかんに登場するわりには、その内実についてはあまり知られていません。今回は琉球貿易船のヒミツについて紹介しましょう。

琉球王国が貿易でもっとも繁栄していた時代(14~15世紀頃)、その活動をになった主力の船は、実は中国から払い下げられた中古の軍艦でした。この軍艦は中国沿岸部で防衛にあたっていた「衛所(えいしょ)」や「千戸所(せんこしょ)」という軍事組織に属していたものでした。船は全長30~40メートルにも及ぶ頑丈なつくりの大型船で、火砲24門、火箭(かせん。ロケット式の矢)・神機箭(しんきせん。100発同時発射のロケット兵器)28門の強力な装備を持っていました。明朝は、このような軍艦を30隻も琉球王国に無償で提供したのです。

中古とはいえ、当時の中国の造船技術は世界一。この頃には鄭和が200隻の大艦隊を率いてインド・アフリカまで遠征しています(鄭和の旗艦は当時世界最大の船。実にコロンブスの船の5倍の大きさ)。琉球は世界最高の技術で造られた中国式の船を活用することで、アジア各地への長距離航海を可能にしたわけです。琉球はこのクラスの船を自前で造れず、老朽化したときには中国側へ修理を依頼しています。

琉球の貿易船が軍艦の転用だったのは、次のような背景がありました。明朝の初期、中国沿岸には多数の軍艦が配備されていました。なぜならこの時期の海域は「倭寇」が活発に活動して朝鮮半島や中国沿岸を荒らしていたからです。明朝は海防体制を強化し、沿岸部のいたる所に砦(とりで)を築き、30万人の兵をおいて倭寇に備えていました。このため、琉球へ無償提供できるだけの十分な船舶(軍艦)が明朝側にあったのです。

琉球に提供された明朝の軍艦ですが、装備されていた武器まではもらえなかったようです。1421年(第一尚氏の時代)、中国へ向かう琉球船が倭寇の船20隻に襲われたのですが、武器がなかったために皆殺しに遭っています。以降、琉球船は海賊に備えて貿易船に防衛のための武器を積んだと琉球の外交文書集(『歴代宝案』)にあります。つまり提供された船は武器を装備していない軍艦だったわけです。

倭寇に襲われた後、武装することになった琉球の貿易船は、おそらく先に述べたような明朝の軍艦のような武器を装備したはずです。琉球には15世紀、すでに中国式の鉄砲が伝来していたので(こちらを参照)、大砲やロケット式の矢を装備しても不思議ではありません。貿易品を満載していた琉球船は「宝の船」でしたが、武器を装備したことによって、ひとたび海賊に襲われれば軍艦としての性能をいかんなく発揮することができるようになりました。

武装した琉球船は海賊への防衛だけではなく、何と東南アジアの戦争にも参加しています。1475年のベトナムの占城(チャンパ)国と安南国の戦いで、琉球船は占城に味方して安南側を攻撃しています。このように琉球の船は貿易品を運ぶだけでなく、攻撃能力も持っていた船だったのです。

※【画像】はジャンク船。とらひこ画

参考文献:入間田宣夫・豊見山和行『日本の中世5』、豊見山和行編『日本の時代史18』、稲畑耕一郎監修『中国文明史図説9』

↓ランキング投票よろしくお願いします(緑のボタンをクリック)

banner

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

90年前の2ちゃんねる(沖縄版)その3

(前回からの続き)

31 名前:閉口生:1916/3/20(月)

久志写真屋にいる書生君よ、君は僕の童名をよく知っているが君の姓は何と言うんです。僕は君から呼ばれた時、突然なので大いに閉口したよ。よろしく姓を知らして交際を乞う。

32 名前:忠告生:1916/3/21(火)

>>25

ポストカード君よ、君はよほど神経過敏になっておると見えるねー。無実無根の人を中傷し揚げ足をとらんとするようだが、君の思うままに世の中はいけないよ、恐らくは君の心が左様読めるかもしれない。

33 名前:あとから出た人:1916/3/23(木)

21日、図書館でゲタを違った方は本日午前中においで下さい。

34 名前:一人寝の人:1916/3/24(金)

昨今のように寒風吹きすさみ一人寝する時は、新家庭(しんホーム)を造った浪さん羨ましいワイなー。

35 名前:新しい女:1916/3/24(金)

「恋は人生の花」とか誰か言ったものです。私は女にとっては「恋は人生の奴隷」といいたいです。

36 名前:金葉生:1916/3/25(土)

盛到君よ、君は近頃、一向本欄に顔を出さないがどうしたのか。少しは顔を出してくれたまえ、私も連日内に引きこもって淋しいからね。

37 名前:山岳生:1916/3/28(火)

島尻郡某校々員の○○君よ、君は去る16日の夜、某家の警鐘をむやみに鳴らしホラ貝を吹き、村の老若男女を迷わせたるうえに、「本官は官吏なり。反抗する者おらばピストルにて打ち殺すぞ」と放言したるは教育家としての言行と思うか。よろしく君の反省を求む。

38 名前:郭浪人で無い人:1916/3/29(水)

ゆえあって郭浪人と名乗り花の木陰に住む余輩も、世はまさに明けぼのの空となり青雲晴々として余を光へ導き、今や新所帯を持つ身となりぬ。昨日はこれ過去、今日は現在なり。ねがわくば本欄の諸君余の現在に幸福多からんことを教えたまえ。

39 名前:宇志子:1916/3/31(金)

友人見送りに通堂に行った。K君は甲板(デッキ)に立ってる。ピーと鳴る汽笛とともに船は桟橋を離れた。甲板で打ち振るハンカチーフの影がようやく薄らいで推進器の刻み立てる白泡が此方のハシケ船の舷をたたいて刻一刻と離れて行った。

40 名前:振れ生:1916/4/3(月)

>>38

近頃妻をめとった浪人君、男前を発揮せんとて道端の理髪に入り、チック(整髪料)とガラス磨きとを間違えて頭にすり付けているのを白毛荒神前のオトぐゎーより注意されたのを、気転の利いた浪人君、「いや頭にゴミが付いているから磨く」。さは近来の上出来、上出来。

41 名前:見た人:1916/4/3(月)

上の倉○○店の隣のタヌキ爺は実に人面獣心の人間である。先日のごとき大雨降るにもかかわらず、門に隠れている人々を追っ払って門を閉めておりました。

42 名前:宇志子:1916/4/29(土)

私はこの頃、お友達や家族とも、面白くない仕事も、支度のない遊ぶ時にも、夢中になってその加減を知らない。ああ、自分の行く末はいかに。

43 名前:裏表通:1916/4/30(日)

人間は真似が上手だ。キッスだって鳥の真似だぞう。あなかしこ

44 名前:疑問家:1916/4/30(日)

大味知事の休職も痛ましいことだが、後輩の後に先輩を持ってくるなんて内務省もずいぶん皮肉をやったものだ。

45 名前:英学者:1916/5/4(水)

帝国館の与座弁士よ、印度人(インデヤン)にインデ“アン”とはちと変ですぜー。今少しは修養せよ。

※弁士とは、無声映画の上映中に映画の説明をする人。

46 名前:宇志子:1916/5/8(月)

おみとさん、あなたのカイコはユーナの葉を食わすとの事じゃありませんか。私は珍無類なあなたの養蚕法を拝聴したいです。

47 名前:七面鳥:1916/5/10(水)

電灯会社に新たに来たメガネ先生よ、別の会社でのごとく他人を無視しますと首が危険ですよ。

↓ランキング投票よろしくお願いします(緑のボタンをクリック)

banner

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

90年前の2ちゃんねる(沖縄版)その2

(前回からの続き)

14 名前:祝福生:1916/3/7(火)

福づくし、世の中の有福の分をつくして見れば、国で福岡・福井県、店では丸福・一福亭、船に福州・福多丸、それでは幸福・大福の七福神、人の名前の福地・福元・福屋と福島君。今度は缶詰お多福豆。

15 名前:タルー:1916/3/7(火)

首里寒川のカメ君、以前変わらず大元気か、僕も元気だから安心したまえ。

16 名前:傍観生:1916/3/7(火)

おとなりのケンカを観て拍手するのは人情上、あまり軽率な話です。平和は無尽の宝です。私は平和に解決を望みます。

17 名前:訥庵生:1916/3/7(火)

>>10

海月君。僕は君を憤怒のあまり一本お見舞い申した。たとえね、酒は呑んでも無理なことはせんよ。君の日々の非行を露骨に言ったわけさ。それでも君は反省しない。否、さがない口をペラペラさせるものだから、年上ではあるが仕方がない、一本喰らわせた。卑怯にも君はゲタを脱いで逃げたんだね、議論の行きづまりはケンカの一つくらいは何でもないよ、君。

18 名前:阿崎生:1916/3/8(水)

係さまへお願いいたします。久茂地西平小の小路辺に投書箱を置いてはいかがですか。

19 名前:(新報読者倶楽部)係:1916/3/8(水)

>>18

不可能のことです。

20 名前:帰った僕:1916/3/8(水)

那覇署長君へ注意す。球陽座は近頃、連夜大入りで定員の倍もつめ込み、そのうえ札(チケット)止めはせずにドシドシ札を売りつけ、後から来る人はスキがないのですぐ帰る。これは少し考える問題でしょう、君。

21 名前:次郎生:1916/3/12(日)

>>1

推察生へ。去日の本欄で僕のことを凸面君の変名だと攻撃ガマシキ態度をとっていたが、君の誤解だ。一面識もない凸面君と間違えられては彼の迷惑も察すべしだが、また僕の迷惑も察してくれなければ困る。物事は沈着にすべきであると推察君に注意する。

22 名前:若狭町兼久:1916/3/12(日)

電灯会社の社長君、電灯の故障を電話で言っても一向知らぬふりをするのは点(つ)けない考えですか。

23 名前:琉球の人:1916/3/13(月)

内地人だの琉球人だの区別があるものか。K君、遜色をつけようとするのはよせ。

24 名前:多聞坊:1916/3/13(月)

帝国館(戦前沖縄の映画館)の三等席で見物したら、うしろから履き物のまま足を投げ出し、知己(知り合い)から拝借の羽織をドロまみれにされたのはありがたい迷惑だ。

25 名前:ポストカード:1916/3/14(火)

おやまぁー、これはしたり。浦の人君、我輩はかように意志薄弱、自分を自分でぞっこんホレ込むような松っちゃんだと思ってるっちゅうか、決して○○なんかに誘惑されるような、そげん腐敗しある精神は持っておらんからな。心配ご無用だぜ、我輩もうすうす聞いちゃおるが何だ、世の中のうじ虫が何ちゅうても知らん。半兵衛でヨソに見しおる。さすがだ、後姿を見れば大抵の女がベッピンなり。ベッピンな女を見ればだ、また大抵の男はちょっと惚れるものなり。じゃからその寸間を世人はウワサしておるから困っちまうよ。

26 名前:迷惑生:1916/3/14(火)

小学校の先生方へ。近頃小学生たちが道路といわず塀といわず字の書けそうなところには、どこもかも白墨で字を書きちらすので仕方がない、取り締まってください。

27 名前:不可解生:1916/3/14(火)

「恋人(こいじん。恋の達人の意味?)は醜顔の女を求む」とはその道の人の言いぐさですが真実ですか、玄人の方へお尋ねします。

28 名前:胸毛王悪魔丸:1916/3/15(水)

私は久茂地下道に足しげく通う外面菩薩・内心夜叉でござる。以前は某散髪屋に陣営を張りウワサの種をまき散らせし豪の者なりしが、聞くだにイマイマシイ帽子工女の中傷がましき言語を弄しての我輩攻撃をあえてせりと伝聞す。宜なるかな、私の今後の筆鉾(筆のほこ先)に注意せられよ。かつ娘持つ父兄の覚醒をうながし、口はわざわいの元たることを知らしめん。

29 名前:常識生:1916/3/17(金)

商業学校卒業生の○○君が昨年修学旅行に行った時、東京の人が○○君に対し、沖縄には土人「琉球固有の人」がいるかと言うたとて、プンプン怒っているとはチト常識がない。

30 名前:側聞生:1916/3/17(金)

>>27

不可解生君よ、君のお尋ねごとについては僕もまだ素人であるが僕の会社にはその道に長けた人が二人いる。ひとりはすなわち恋人(こいじん)で、ひとりは恋の四十八手の裏表に通じた人であるが、この二人の話に君の質問のような会話をそば聞きしたことがあるが、たぶん僕もそうであると信じているが。

↓ランキング投票よろしくお願いします(緑のボタンをクリック)

banner

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

90年前の2ちゃんねる(沖縄版)

2ちゃんねる」といえば、言わずと知れたネット上の巨大掲示板。様々な年齢・ジャンルの人々が自由に意見を交換できる一方、悪意のある書き込みやデマも広められる危険性もたびたび指摘されています。評価は人それぞれでしょうが、この掲示板が爆発的に利用されるようになった要因には「誰でも」「匿名で」書き込みができることがあったように思います。

掲示板に日々書き込まれる内容は、現代という時代の雰囲気、人々の様々な思いや考えをダイレクトに反映するものとしてとらえることができますが、このような庶民たちが自らの意見をありのまま主張できる場はネット以前には全くなかったのでしょうか。

…ということで探してみたところ、戦前の沖縄にも「2ちゃんねる」らしきものがありました。それが「琉球新報」の「読者倶楽部」です。新聞なので当然、編集部が投稿文にチェックを入れるはずですが、実際に読んでみると本当にチェックしているのかと疑うほど、やりたい放題の“書き込み”が数多く並んでいます。これはほとんど「2ちゃんねる」状態ではないか。それが僕の感想でした。

それでは、大正時代・沖縄の「名無し」さんたちの“生の声”を聞いてみてください。なるべく原文に忠実に載せていますが、旧かなづかい・旧漢字は現代の読み方に置きかえてあります。名前(ハンドルネーム)や内容は一切加工していません。

1 名前:推察生:1916(大正5)/3/1(水)

凸面坊の野郎、またまた変名したねー。医局次郎生とか次郎生とやら命名して人身攻撃に熱中している、変名してまでも人を攻撃する馬鹿野郎もいたものだ。 

2 名前:青年党:1916/3/1(水)

欧州は戦争でシナは動乱で、米国は軍備拡張問題で帝国は議会の諸問題で、那覇区は落平街道問題でいずれも騒ぎ出して事態いよいよ重大だ。われら青年の覚醒すべきは今である!

3 名前:郭之助:1916/3/1(水)

郭(遊郭。今でいう風俗)通の一人・郭浪人君、近頃おめでたいことがあるそうだね、今から待ちかねています。 

4 名前:中学生:1916/3/2(木)

近頃の寒気はシャクにさわってならない。僕らは東京に行ってどう暮らすかと今から心配でならない。

5 名前:郭浪人:1916/3/2(木)

>>3

余輩に向かって郭博士だの郭通だのと称号を授けられ、一方ならぬ迷惑なり。今後、余は足を洗って正道を踏まんとす。さいわいに諸君許したまえ。

6 名前:会社犬:1916/3/2(木)

「犬は三日飼えば三年恩をむくいる」と言っているが、人間は犬とはアベコベに「三年飼えば三日むくいる」であろう。僕らは数年間も飼われた主人がクビきられた際には、その主人は捨てても新しい主人に従わなければメシは食えない。人間は犬よりも知恵がまさったばかりだ。

7 名前:カマデぐゎー:1916/3/3(金)

盛一君、今は帽子をあんで大いに働いているそうだねー。熱心にキバレキバレ(チバレ。頑張れ)。

8 名前:浮世通:1916/3/3(金)

近頃職業が増えてきた。無職の人々は勉強して今の場合、就職すべしだ。

9 名前:言われた人:1916/3/3(金)

人のなじみ女郎の前で人の悪口を言うのは道徳上または友情としてもよくありません。

10 名前:海月:1916/3/4(土)

常識の何ものたるも解しえないくせに、他人に向かって非常識とか没常識とか言う人こそ狂忘愚昧の極にしていわゆる常識の欠けた人間だと思う。 

11 名前:傍観生:1916/3/4(土)

>>1-10

円満ということは隠れたる宝です。朋輩同士の争いはあまりほめた話ではありません。

12 名前:知らない人:1916/3/5(日)

日本の無線電信局は何県にありますか?ご存じの方は本欄へお記入ください。

13 名前:訥庵生:1916/3/5(日)

>>10

海月君。君とケンカしているから僕はいまだ死んでいないんだ、一筆返すのは僕の義務だよ。今のところ誰が非常識やらわかりかねるね。三千世界広しといえども放蕩堕落を人間の本能と論じた識者はかつて聞いた覚えがない。君はかくのごとく主張している。とにかくね、人間は結果を見るんだ、君が人間の本能なる放蕩を極度に発揮した結果、総理大臣にでもなったとすれば、昔君を罵倒した俺は立派に割腹して君を満足させる、君が放蕩して大臣になると反対した結果、僕は乞食にでもなって、はかなく身を終わるであろう。

↓ランキング投票よろしくお願いします(緑のボタンをクリック)

banner

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »