« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月30日 (火)

琉球の構造改革-羽地朝秀の闘い-(3)

王府組織の改変とともに行われたのは経済・財政改革でした。荒廃した農村を立て直すため、羽地は役人の綱紀粛正と公平な税の徴収を行う方針をうち出します。役人の利権構造にメスを入れ、彼らが不法に税を取り立てたり、百姓を使役しないようにチェック体制を強化し、あわせて百姓の負担も軽減しました。

さらに経済改革の柱としてあげられるのが、日本の石高制の導入と連動した土地開墾策です(仕明政策)。それまでの琉球は「地割(じわり)」制と呼ばれた土地の共同保有制度をとっていました。これは百姓の間で“格差社会”を生まないための工夫でしたが、羽地はこの方針を大転換し、各人が自ら開墾した土地の私有と自由な売買を認めたのです。これにより士族たちも開墾に乗り出し、土地開発ブームが起こって農地は拡大し、収穫も増加していきます。

さらに開発した土地には稲のほか、サトウキビとウコン(鬱金。ウッチン)が栽培され、とくに砂糖は、かつて儀間真常がもたらした新製糖法によって、やがて琉球の基幹産業にまで成長します。生産された黒砂糖やウコンは王府によって買い上げられる専売制となり、日本の大坂市場などで売却され、ばく大な利益を生み出しました。現在見られる沖縄のサトウキビ畑の風景、健康食品として知られる沖縄特産のウコンは、ここに源流があります。羽地の経済改革は琉球を「交易型」から「農業型」の国家経営に転換するきっかけとなったのです(しかし、それでも日本と同水準の農業社会にするには無理がありましたが)。

こうして羽地の構造改革は一定の成果をおさめ、国の借金も返済して経済状況も回復します。しかし、旧来の価値観をぶち壊す彼のやり方に不満を持つ「抵抗勢力」も数多く存在していました。その筆頭は国頭按司正則(くにがみ・あじ・せいそく)です。羽地自身の言によると国頭は「邪欲の人」で、羽地の失脚を薩摩や琉球で画策していたようです。国頭は、羽地によって排除された聞得大君の夫で、旧勢力の代表ともいえる存在でした。羽地は既得権益を守ろうとする抵抗勢力に対して、彼らの領地を分割して力を削いでいます。羽地は「私の理解者は琉球には誰もいない。“北方”に一人いるだけだ」となげいています。実際には羽地路線を継ぐ「改革派」はいたのですが、この言葉は周りが敵だらけであることに羽地がついもらした弱音だったのではないでしょうか。

“北方”の理解者とは、薩摩藩家老の新納(にいろ)又左衛門だと考えられています。羽地は摂政になる以前に薩摩に3年滞在して彼と親交を深め、また当時の薩摩藩で行われていた経済改革を目の当たりにしています。琉球での構造改革は、この改革がモデルとなったとみられます。羽地のバックには薩摩藩があったわけですが、決して薩摩の意のままに動くあやつり人形ではありませんでした。薩摩藩の琉球への負担強化に対しては反対もしています。彼の目的はあくまでも琉球という主体をよみがえらせることにあったのです。羽地はこう述べています。「私のやり方に文句があるヤツは相手になろう。王国のためを思うなら、この身は惜しくない」と。彼は決して薩摩のためには働いていないのです。

羽地がしいた改革路線は、後に現れる大政治家、蔡温(さいおん)によって完成することになります。蔡温は琉球の国家経営について「腐った手綱で馬を走らせるようなものだ」と述べています。小国である琉球がいかに生き残るか。二人の改革者はこの困難な課題に挑んだ偉大な人物といえるでしょう。

参考文献:『那覇市史』通史篇1

↓ランキング投票よろしくお願いします(緑のボタンをクリック)

banner

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月23日 (火)

琉球の構造改革-羽地朝秀の闘い-(2)

羽地朝秀のとった改革の方法は、薩摩支配下の現状をひとまず肯定し、そのなかで琉球の主体性を確保しつつ、従来の王国内部のシステムを大改変するものでした。薩摩藩や日本の幕藩制国家は圧倒的な軍事力を持っており、小国の琉球が同じ軍事力でその支配をくつがえすことはどう考えても不可能でした。頼るべき宗主国の明朝はすでになく、新王朝の清朝に軍事的支援を求めることもしませんでした。わずかな可能性に賭けて琉球を再び戦乱に巻きこむことは、為政者としてできなかったのでしょう(実際、幕府は琉球が清朝と組んで反乱を起こすことを恐れていました)。

当時の琉球にとってもっとも深刻だった問題は、王国の社会システムが機能不全を起こしていることでした。羽地はこの問題の解決に全力をそそぎ、旧来の王国(古琉球)の「伝統」を徹底的に批判して、その変革を進めたのです。古琉球の社会は政治と古来の祭祀が結びつき、“非合理的”な伝統で物事が進められる社会でした。王府では聞得大君をはじめとした神女(ノロ)組織が大きな勢力を持ち、はんざつな祭祀、面倒な贈答や虚礼が日常的に横行し、政治に支障をきたしていました。またそれまでの「交易型」の政治組織も、時代に合わなくなっていました。

このため、まず行われたのは王府組織の再編と人々の意識改革でした。航海組織をモデルにした古琉球の「ヒキ」制度を解体し、あいまいだった身分制を厳格化していきます。王府の主導によって編集した系図をもとに、系図を持つ者が士族、持たない者を百姓として区別します。それまで王府と個人的に主従関係を結んでいた家臣は、系図によって身分を継承していく「家」をもとに王府に仕えるようになりました。現在みられる「門中(もんちゅう)」はこの時に生まれたものです。身分制の整備にともなって、士族は「文官」のエリート層として、学問だけでなく音楽や芸能などの教養を身につけることが重視されていきます。これはただ趣味として習得を求められたのではなく、日本と中国への外交儀礼上、必要なものでした。沖縄の「伝統」芸能は、この時に基礎がつくられました。

また羽地は、王府組織のなかから「神がかった」祭祀組織や慣習を排除し、合理的・効率的な行政組織の確立をめざしました。首里城の神女組織を政治から遠ざけ、神女の給与も大幅に削減し、非合理的な祭礼も廃止していきます。とくに国家最高の儀礼であった国王の久高島参詣を廃止し、代理を派遣するように改変したのは有名です。これは例えて言えば、日本の大嘗祭(だいじょうさい)を天皇自らが行わず、宮内庁職員に代行させるぐらいの「伝統」の破壊だといえるでしょう。この時に羽地が国王参詣廃止の論理として出したのが「日琉同祖論」です(同祖論についてはこちらを参照)。このような祭礼は多くの経費もかかるため、簡素化・廃止するのは王府の財政再建のためにも必要な作業でした。さらに王府の儀礼だけでなく、村々で行われていた虚礼も次々に禁止していきます。

旧来の価値観であった古琉球の「神がかり」的な観念のかわりに、新たな価値観として登場したのが儒教イデオロギーです。当初、儒教は久米村など一部で受け入れられていたにすぎませんでしたが、羽地の改革以降、琉球社会全体に普及していくことになります。今でこそ儒教は古くさい学問だと思われがちですが、当時としては非常に合理的な思想だったのです。

参考文献:高良倉吉「向象賢の論理」(『新琉球史近世編(上)』)

↓ランキング投票よろしくお願いします(緑のボタンをクリック)

banner

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

琉球の構造改革-羽地朝秀の闘い-(1)

私たちがイメージする琉球の伝統とはいつ頃から成立したものなのでしょうか。多くの人は、アジア世界に雄飛していた大交易時代の琉球(古琉球時代)を思い浮かべることでしょう。しかし、その時代を調べていくと、どうも私たちがイメージする「琉球的」なものとは一致しない場合があります。実は、現在見ることのできる「琉球的」な文化・伝統は、薩摩に支配された近世において、それまでの伝統や社会制度を破壊する大改革の結果に出来上がったものなのです。大改革はまず、17世紀の羽地按司朝秀(はねじ・あじ・ちょうしゅう。唐名は向象賢)によって着手されました。なぜこの時代に、それまでの琉球社会を大転換するような改革が行われたのでしょうか。

1609年、琉球は薩摩軍に敗北します。薩摩は王国体制をつぶすことはなく、かなりの程度まで自治を認めましたが、様々な局面で政治への介入を強めてきました。これに対し王府は表向き服従しながらも、非協力的な対応をすることで抵抗を続けていましたが、その抵抗とはうらはらに、敗戦のショックから琉球の人々はやる気を失い、社会全体に無気力・退廃的な気分が広がっていました。役人は女色におぼれ、遊女に行政をまかせてしまう地方役人すらいたほどです。役人は百姓から不法な税徴収や強制労働を行い、ワイロも横行していたので、百姓は農業をいやがって都市部に逃亡し、耕作者が減って農村は疲弊していました。

大交易時代の栄光は去り、それまでの「交易型」の国家運営もできなくなっていました。借金は年々増加して財政は極度に悪化、国の中心であるはずの首里城が火災で焼失しても、再建できないほどの財政状況でした。そして追いうちをかけたのが対外情勢です。1644年、「中華」である超大国の明朝が滅亡し、「夷」であるはずの女真族(清)が政権をにぎるという驚がくの事件が起こります。明清の内乱で一時的に中国への朝貢貿易もできなくなり、事態は混迷の度を深めていました。それまでの価値観は崩れつつあり、琉球の誰もが明日のビジョンを描けずにいたのです。

このままでは琉球は内部から崩壊してしまう。羽地朝秀は危機感を抱いたにちがいありません。1666年、羽地は国政の最高ポストである摂政(せっせい。琉球語で「お世おわつかい」という)につくと、強力なリーダーシップのもとに琉球の構造改革に着手しました。しかし、いつの時代でも新しい試みにはそれまでのやり方を守ろうとする者からの反対があるようです。羽地の改革も旧来の方法を守ろうとする抵抗勢力の激しい反対のなかですすめられました。

参考文献:高良倉吉「琉球王国の展開」(『岩波講座世界歴史13』)

↓ランキング投票よろしくお願いします(緑のボタンをクリック)

banner

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

フォーマルウェアはチャイナ服

最近の沖縄では夏にスーツではなく、「かりゆしウェア」というシャツを公式の場でも着ようとする動きが活発です。昨年の夏はクールビズということで、小泉首相がかりゆしウェアを着て登場したことがありました。高温多湿な環境の沖縄でスーツを着ることはかなりの無理があるように思いますが、ビジネスや公的な場面で全く着ないというのは難しいでしょう。実はこういった沖縄の服事情は、数百年前も似かよったものでした。

Photo_1 琉球王国の時代、今のスーツにあたるようなフォーマルウェア(正装)は何だったかというと、中国・明朝の冠服でした【画像・クリックで拡大】。琉球の正装といえば琉装では?と疑問を持つかもしれませんが、本来の正装は中国冠服です。導入されたのは琉球が中国に朝貢を開始した14世紀頃から。中山王の察度(さっと)が中国冠服を明朝に求めたのが最初です。察度に仕えていた華人の長年の働きに報いるため、彼らに中国の官職と冠服を与えてほしいと願い出たのです。彼ら華人は、「明朝から官職をもらって中国冠服を着る者が琉球の人々の尊敬を集めるし、琉球の野蛮な風俗も変わるから」という理由でこれを欲しがりました。琉球では見たこともない冠やきらびやかな絹製の高級服は、おそらく人々の注目を集めることになったはずです。

華人たちの中国冠服を見て、察度も欲しくなったのでしょう。続いて察度自身も再三の要請のすえに冠服をゲットします。これを知った北山や南山の王たちも、察度に負けじと冠服を求めます。やがて中国冠服は三山の王たちを介して臣下へも広まりました。その頃の琉球では、「中国冠服を着る者」と「着ない者」という身分の区別ができていたようです。「中国皇帝を超えた琉球王」でも述べましたが、当時の服は単なるファッションではなく、身分を表す重要な目印でした。

しかし、琉球人たちは日常的に中国冠服を着ていたわけではありません。琉球の人々は普段はゆったりした琉装を着用し(雪舟が出会った古琉球人を参照)、首里城などでの重要な儀式の場でのみ中国冠服を着るという具合でした。しかもこの冠服、代々受け継いで着ていたようで、察度が冠服をもらってから40年後、中山王の尚巴志が「以前もらった冠服はボロボロになってもう使えません。新しいのをください」と明朝に要請しています。琉球を統一した尚巴志ら第一尚氏王朝の官人は、40年間ずっと使い続けたツギハギだらけのボロ服をまとっていたということでしょうか。さしもの英雄もこれでは格好がつきません。

皆が欲しがった中国冠服なのですが、沖縄での着用は非常な苦痛をともなうものだったようです。琉球へやって来た中国の使者は、琉球人が中国冠服をバッチリきめて儀式を行っている最中、ずっと窮屈さに苦しんでいる様子を見ています。靴(ブーツ)をはいてベルトをがっちり締め、全身をおおう中国冠服の着心地の悪さは、沖縄の夏の炎天下のなかでスーツを着用するのを想像していただければ実感できると思います。中国の使者への儀礼が終わると、琉球人はさっさと冠服を脱ぎ、もとのゆったりした服を着てハダシになって帰っていったといいます。彼らの気持ちもわからなくはないですね。

※画像は明朝の冠服。とらひこ画

参考文献:豊見山和行『琉球王国の外交と王権』、夏子陽『使琉球録』(原田禹雄訳注)

↓ランキング投票よろしくお願いします(緑のボタンをクリック)

banner

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »