« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月31日 (金)

船旅ナイトフィーバー

大小50以上の島からなる琉球は、船で旅に出かける姿が日常的な光景でした。しかし当時の船は風をたよりに目的地に向かう帆船の旅。現代のように天気予報もなかった時代、いつ風向きが変わり暴風雨に見舞われるかわからず、非常な危険をともないました。当時の言葉に「唐旅」という言葉がありますが、これは「中国への旅」というだけでなく「死ぬ」ということも意味していました。遠い中国への船旅は“死出の旅”と同じと考えられていたからです。

それでは、公務で船旅に出かける人々は“死出の旅”にあたり、どのような行動をとったのでしょうか。生きて帰ってこれるかどうかは、ただ運だけにかかっていました。人の力でどうにもできない運命を決めるのは神さましかいません。よって旅立ちの前には霊験あらたかな航海安全の神さまに祈りをささげたのです。琉球で祈願の対象となった航海安全の神は、まず天妃(媽祖・まそ)があげられます。この天妃はもともと中国の女性の神で、東アジアから東南アジアにかけて広まっていました。琉球へは久米村の中国人がもちこんだといわれています。そのほかは観音さまやフナダマ(船霊)、そして琉球の聞得大君も航海安全の神さまと考えられていました。

神さまへの祈りは船出する本人だけではなく、無事を願う親類も必死に旅の安全を祈っていました。親類はウタキや寺院・神社にお参りし、さらに親類一同集まって床を足で踏みながら歌い踊る儀式などを行いました。本人が旅に出た後も、留守家族や親類の女性が集まって、徹夜で「旅クェーナ」と呼ばれる神歌を歌いながら踊りまくるのが恒例だったようです。女性が歌うのは沖縄の「オナリ神信仰」という親族の女性の霊力が男性を守護するという信仰からきています。近世(江戸時代)の王府は儒教的な考えからみてあまりに非合理すぎるということで、沖縄古来から続く夜間の旅踊りを禁止したようですが、旅踊りの風習は以後も続いたようです。

三司官だった伊江親方朝睦(いえ・うぇーかた・ちょうぼく)の例をみてみましょう。1812年、彼の息子朝安がヤマトに出張した際、帰国の日が近づくにつれ無事の帰りを願う伊江親方の祈りは激しさを増していきます。親戚一同で首里の弁ヶ嶽や普天間宮にお参りするだけでなく、帰宅後はご馳走を出し、さらに三線・鼓(つづみ)を鳴らして旅踊りや歌、狂言など、連日舞えや歌えやの大騒ぎ。一見遊んでいるようですが、当人たちはいたって大マジメです。「息子よ、無事に帰って来い!」という思いをこめて、みな必死に踊りまくっていました。伊江親方は当時81才。彼は老体にムチ打って息子が無事に帰るよう「努力」したのです。

Photo_2

伊江親方の必死のドンチャン騒ぎが功を奏したのでしょうか。息子はついにヤマトから戻ってきます。彼は親戚一同で那覇港へ向かい、感動の再会を果たします。しかし、ここでメデタシ、メデタシではありません。無事帰国した後、伊江親方はさらにウタキや寺社にちゃんと感謝の祈りをささげに行きます。帰ってきたら知らんぷり、「困った時の神頼み」ではいけないのです。

参考文献:真栄平房昭「近世琉球における航海と信仰」(『沖縄文化』77号)

※ランキング投票よろしくお願いします(下をクリック)

banner

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

尚家国宝の裏話

沖縄の歴史に関する大きな情報が飛び込んできました。琉球国王家である尚家の遺産が国宝に指定されたというニュースです。沖縄での国宝指定は戦後初めてのことになります。指定された尚家の遺産は1251点にのぼる膨大な数の美術品や古文書です。国王の王冠や衣裳、王家が所蔵していた王国時代の記録類など、第一級の資料ばかりです。

この尚家の遺産、「首里城の謎(3)消えた王家の財宝」で取り上げた、戦前に中城御殿(尚侯爵邸)にあった宝物が一部東京へ移されて戦災をまぬがれたものです。本来はこの倍以上の遺産があったのですが、それらは戦争で焼失したり、米軍の略奪にあって現在伝えられていません。

琉球王国の滅亡後、尚王家は東京移住を強制され、千代田区九段北に邸宅をかまえることとなりました(現在は九段高校になっています)。尚家は華族(侯爵)となり、以来東京を拠点に生活し“江戸っ子”となったのです。しかし尚家の人々は沖縄のことは決して忘れてはおらず、沖縄からヤマトに留学してきた学生に奨学金制度をもうけて支援したりしています。国宝となった尚家の遺産が東京に移され戦火を逃れたのは、こうした事情があったからです。

尚家の遺産が那覇市に寄贈され、国宝に指定されるまでには紆余曲折(うよきょくせつ)がありました。重要文化財として指定される以前、尚家の宝は尚家の個人所有物でした。美術品・古文書だけではなく、世界遺産となった識名園や玉陵、崇元寺などの不動産も尚家が所有していました。

当時の尚家の当主は尚裕(しょう・ひろし。故人)氏。東京帝国大学を卒業、海軍大尉として終戦を迎えました。尚氏と親交のあった人物によると、尚氏は「尚家の遺産はきちんと保存したい。それが先祖に対する私の義務と責任だ」と語り、保存のための様々な努力を行っていたそうです。千点以上にのぼる国宝級の遺産を個人で管理・保存するのは並大抵の苦労ではありません。多くの経費も自分のお金でまかなわなくてはなりません。

尚氏のとった決断は尚家遺産の東京都台東区への寄贈でした。なぜなら、沖縄県内の気候は湿気も多くて保存に最適ではなく、県内には遺産を保存・管理できる施設や人材が充分でなかったからです。これに対して沖縄県民は尚氏に批判をあびせます。沖縄の宝をなぜヤマトに寄贈するのか。尚氏は琉球王家の誇りを忘れたのか、と。沖縄県民の批判は「ウチナー・ナショナリズム」から発せられたものでしたが、この批判は尚氏をいたく傷つけることになったようです。尚氏は貴重な遺産を後世に伝えるために孤独な闘いをしいられることになったのです。

結局、1996年に尚家の遺産は那覇市に寄贈されることになり、一件落着となりました。琉球王朝の宝はようやく沖縄に戻ることになったのです。そして今回、戦後初の国宝指定。これまでの尚氏の努力は無駄ではありませんでした。尚氏は天国でさぞかし喜んでいることと思います。

参考文献:国吉真永『沖縄・ヤマト人物往来録』

※ランキング投票よろしくお願いします(下をクリック)

banner

| | コメント (2) | トラックバック (0)

沖縄人=アイヌ人=縄文人??

沖縄人(ウチナーンチュ)の身体の特徴は、毛深い・色黒・顔の彫りが深い・ガッシリしてる…などがあげられます。本土の日本人(ヤマトンチュ)と比べてもその違いが一目でわかりですね。北に目を転じてみると、アイヌと呼ばれた人々もまた、沖縄人とよく似た身体的特徴があると言われます。この理由は一般的に、日本列島にいた原日本人(縄文人)のなかに、大陸からやってきた渡来人(弥生人)たちが本土に住みつき、北と南で縄文人たちが残ったと考えられています。つまり沖縄人=アイヌ人=縄文人ということですね。

しかし最近の形質人類学や遺伝学の研究では、別の説が出されています。沖縄人は本土日本人(ヤマトンチュ)の系統だというのです(※再追記)。そんなバカな!と思う方もいるかもしれません。

まず1万8千年前の沖縄にいた有名な港川人を見てみましょう。復元画像を見るとたしかにウチナーンチュっぽく見えますね。その骨格は縄文人と共通する部分もあり、縄文人の先祖になったといわれています。しかし、港川人とその後の時代の沖縄で発見された人骨は1万年もの長い空白があり、沖縄人の直接的な先祖かどうかは、この空白を埋める発見がないと確かなことは言えません(港川人は絶滅した、と考える説もあります)。

現在の沖縄人の直接的な先祖といわれるのがグスク時代の人々です。実は、この時代になって沖縄人の人骨の形質が劇的に変わります。これ以前の貝塚時代の人々は縄文人と若干似ているようですが、やはり同一といえるほどではなく、縄文人とは別の「南島人」とされています。貝塚時代の南島人の形質はグスク時代になると中世日本人の形質とほとんど変わらなくなってくるのです。

この背景には日本本土からのヒトの流入があったとされます。現代につながる沖縄人の形質は本土日本人のグループに入るということです。しかし本土日本人と全く同じということではなくて、本土日本人には見られない東南アジア方面の形質も見られ、遺伝的にも南アジアからの遺伝子が沖縄人にあるといいます。沖縄人の形質は本土日本人をベースに様々な地域の人々の特徴も見られるということです。

最近、浦添ようどれで英祖王の一族の骨が調査されました。その結果、王族には中世日本人に近い特徴(顔がのっぺりで平坦、出っ歯)が見られたのみならず、中国南部のDNAを持つ者もいたことがわかりました。交易で様々な人々が行き来していた沖縄の状況を反映するものといえるのではないでしょうか。

ウチナーンチュがヤマトンチュのグループに非常に近い関係にあることはほぼ間違いなさそうです。ただし、たとえ同一人種・同一民族だからといっても、同一国家であるべきだ、とはただちになりません。

たとえグスク時代以降の沖縄がヤマトの影響を強く受けたとしても、琉球諸島に住む人々は「琉球」という自らの国家と文化を形成し、島津氏に征服されるまでは一度たりとも外国の実効支配を受け入れたことはありません。沖縄が「日本」なのは、純粋な日本を残してるからでもなく、同一人種だからでもありません。政治的・歴史的な動きの結果にすぎません。

現在の歴史学では、単一民族=単一国家史観はすでに過去のものになっています。僕は今生きている現在の沖縄を否定するつもりはありませんが、全ての現在の状況は最初から「あるべき姿」が決定されていたのではなく、歴史の変動のなかで形成され、つくられた結果なのだと思います。

【追記】多くの方がこちらの記事を参照されているようですが、注意してほしい点は、遺伝上の起源や「血」で直接「民族」を定義・分類できるわけではないということです。民族は「科学的」に定義できるものではないのです。人類学的な形質が相似していることで単純に大和民族=琉球民族とならないことに注意。民族とは究極的にいえば「われわれは独自の集団だ」とその人々が考えるだけで成り立つものです。この問題については【こちら】を参照のこと。良記事です。

※【再追記】2012年11月1日、DNA配列の解析により琉球人とアイヌとの近縁性が高いことが証明されたとの報道がありました。日本人の二重構造モデルが裏付けられたかたちになったわけですが、本ブログで述べたような沖縄人と本土日本人との近縁性があること(今回の研究結果がこの事実自体を否定することにはなりません)との関連をどう評価すればいいのでしょうか。

今回の研究では同時に「琉球人は、九州からもたらされた稲作農耕を受容するとともに、本土日本人との遺伝子交流が歴史時代を通じて存在した」とも述べており(こちら参照)、近縁関係の距離の図式を見ると、確かにアイヌは本土人と比較して沖縄人のほうが近い。しかし近縁関係の距離でみると、沖縄人と本土人は近く、アイヌはかなり離れています(こちら参照)。

Dna

つまり「アイヌは本土人と比較して沖縄人と近い」のですが、同時に「沖縄人はアイヌと比較して本土人と近い」といえます。

「起源」ではなく現代までの「混血の様相」の過程に注目したのが、本ブログで述べた一連の研究なのではないかと考えますが、いずれにせよ今回の研究結果について専門家の意見を待ちたいところです。

※沖縄人ルーツ「日本由来」との調査結果も(2014年9月17日)【こちら

参考文献:安里進・土肥直美『沖縄人はどこから来たか』、浦添市教育委員会「浦添ようどれ石厨子と遺骨の分析結果について」

※ランキング投票よろしくお願いします(下をクリック)

banner

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金)

「万国津梁の鐘」の真実

Cimg1148 万国津梁の鐘(ばんこくしんりょうのかね)【画像。クリックで拡大】――琉球王国の交易立国を高らかに宣言した、この鐘に刻まれた文はよく知られています。沖縄県庁の知事公室にもこの文を写した屏風が置かれ、沖縄サミット会場も「万国津梁館」と名づけられるなど、海外に雄飛する沖縄の象徴として現代でも使われる名文句です。

≪琉球国は南海の勝地にして、三韓の秀をあつめ、大明をもって輔車となし、日域をもって唇歯となす。この二中間にありて湧出せる蓬莱の島なり。舟楫をもって万国の津梁となし、異産至宝は十方刹に充満せり≫

意味:琉球国は南海の景勝の地にあって、朝鮮のすぐれたところを集め、中国と日本とは非常に親密な関係にある。この日中の間にあって湧き出る理想の島である。船をもって万国の架け橋となり、珍しい宝はいたるところに満ちている。

ここまでは有名な文です。琉球王国の性格をよく表現した文章だと思います。しかし、万国津梁の鐘に刻まれた文はこれで終わりではありません。実は、上にあげた文句は全体の4分の1にも満たない文量なのです。万国津梁うんぬん~はあくまでも前フリにすぎません。つまり、この鐘が記している本当に言いたいことのたった一部しか表わしていないのです。

では残りの文章はどのようなことが書かれているのでしょうか。非常に難解な漢文で書かれているので、わかりやすくおおざっぱに要約すると、「…偉大な尚泰久王は仏法を盛んにして仏のめぐみに報いるため、この鐘を首里城の正殿前にかけた。法を定め世の人々を救い、王統の長い治世を祝う。相国寺の渓隠和尚に命じて鐘に刻む文を作らせた。~以下、仏教用語を使って、尚泰久王が民を救い平和な世の中にするという内容~」という感じです。つまり、この鐘は海外交易の繁栄をうたったというよりも、「琉球が尚泰久王のもとで仏教を盛んにして平和になった」ということを伝えたものなのです。

文の作成者は相国寺の渓隠(けいいん)和尚。鐘を製造したのはヤマトの鋳物(いもの)職人、藤原国善です。当時、琉球は仏教を保護し、ヤマト禅僧たちがさかんに来航して多くの寺院が建てられていました(ヤマト坊主は外交官を参照)。渓隠和尚はヤマト禅宗の影響下にあった琉球寺院の禅僧で、また藤原国善は北九州出身の鋳物職人と考えられています。鐘の文章はヤマトの仏教思想を持つ人間によって作成され、鐘はヤマトの職人によって製造されたものなのです(もちろん尚泰久王の考えに沿うものであったことは間違いないですが)。

ところで鐘の文章の「三韓の秀をあつめ~」の部分を抜き出して、第一尚氏王朝が朝鮮の出身であることを主張する説も一部ありますが、この考えには全く同意できません。文章がどのような思想のもとに、どのような目的で、誰によって書かれたのかを考えれば、そのように主張することはできないと思います。

参考文献:沖縄県教育委員会文化課編『金石文』

追記:琉球王「朝鮮系倭寇」出自説に関連する記事は【こちら】、「装われた三山」説については【こちら

※ランキング投票よろしくお願いします(下をクリック)

banner

| | コメント (20) | トラックバック (1)

2006年3月 4日 (土)

タバコ大好き琉球人

最近の禁煙志向の広まりで、タバコをたしなむ喫煙者の方はずいぶん肩身のせまい思いをしているのではないでしょうか。タバコといえば、沖縄では「ハイトーン」や「ウルマ」などの県産タバコが有名ですが、沖縄とタバコの関わりは、実は長くて深いものです。その歴史を見てみましょう。

タバコはもともと南米アンデス山脈の原産で、先住民(インディオ)が神々と交信する儀式に幻覚剤とともに使ったり、医療や社交の際に用いられたりしていました。その使用はインカ帝国をさかのぼると言われています。そして、このタバコを全世界に広めたのは新大陸を征服したヨーロッパ人たちでした。ヨーロッパでは主に万能薬として使われましたが、その高い依存性から世界各国でたびたび禁止令が出されていました。イスラム世界では喫煙者が処刑されたほどです。しかし人々を完全に“禁煙”させることは難しかったようです。

アジアへは大航海時代の16世紀にスペイン人がルソン(フィリピン)へタバコをもたらし、琉球へは東南アジアや中国経由で伝わったとみられます。タバコはまたたく間に琉球にも普及しました。浦添グスクからは様々なキセルが出土しています。古琉球時代にタバコが伝わって、すぐさまグスクの住人たちがニコチンのとりこになっていたことがわかります。当時のグスクの主は浦添尚家の尚寧王です。もしかしたら彼もヘビースモーカーだったかもしれません。

Mar01225 しかしタバコは火の不始末から火災の原因となったり、タバコを生産することで米の収穫が減ったりするというマイナスの面もあり、王府は「ただタバコのみ益なく害多きこと、これに過ぎたるものなし」と述べています。首里城では禁煙令も出されました。正殿の「御座内」は禁煙になり、国王への謁見や儀式のときにも喫煙が禁止されました。今風にいえば全面禁煙でなくて分煙ですね。禁煙令が出されたということは、それ以前は首里城内でタバコを吸うことが可能であったということでしょうか。もしかしたら正殿内はタバコのけむりでモウモウとしていたかもしれませんね。

喫煙は琉球の庶民にも広まり、那覇ではタバコ作りで生計を立てる者もでてきました。キセルとタバコ入れは役人から庶民にいたるまで必需品となり、現代の我々が携帯電話を持つように、皆がキセルとタバコ入れを持っていました。後にペリーが琉球へ来航した際、人々の姿をスケッチしていますが、多くの人々の腰にはキセルが差され、タバコ入れがぶらさがっているのを確認できます。

そのほかタバコは薩摩からも輸入していました。薩摩産は高級品で、日本全国に流通する有名ブランドの国分タバコが琉球へ出荷されました。このタバコは国王から中国皇帝への献上品にもなったといいます。タバコの需要が高まるにつれ、王府はタバコの自給化路線をすすめました。庶民は税として納めるべき米を移入タバコの購入代にあててしまい、年貢が払えなくなる場合があったからです。タバコの魅力(魔力?)というのはオソロシイですね。

※【画像】はタバコを吸う琉球の庶民。『バジル・ホール航海記』挿画をとらひこが筆写

参考文献:和田光弘『タバコが語る世界史』、真栄平房昭「煙草をめぐる琉球社会史」(『新しい琉球史像』)、ラヴ・オーシェリ・上原正稔編『青い目が見た大琉球』

※ランキング投票よろしくお願いします(下をクリック)

banner

| | コメント (2) | トラックバック (2)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »