« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月25日 (土)

地上に浮かぶ海の船

琉球の行政組織や役職・位階名はあまりなじみのない名前ばかりです。沖縄の歴史に興味のある方なら三司官(さんしかん)や親雲上(ぺーちん)、筑登之(ちくどぅん)などの名前を聞いたことがあると思いますが、政治組織の内実はなかなか知られていないと思います。今回は古琉球の行政組織のおもしろい仕組みについて紹介したいと思います。

その特徴は、行政組織が船の組織をモデルにしていたことです。王府の役人は基本的に12のチームに編成されていました。このチームの名前は「ヒキ」と呼ばれています。「ヒキ」は、血縁・祭祀の集団、組織といった意味があります。このチームのリーダーは「船頭」といい、副リーダーを「筑殿(ちくどの)」といいます。12のチームはさらに3つにまとめられていて、各グループのボスが琉球の3人制の大臣である「三司官(世あすたべ)」でした。三司官はもともと3つのグループをまとめる長だったのです。

なぜ組織のリーダーが「船頭」と呼ばれているのでしょうか。それはこのチームが普段は首里城などで行政の業務をしながら、順番がまわってくるとチームごとに専用の貿易船に乗りこみ、そのまま船員となったからです。この船員のチームは戦争の時にはそのまま軍隊の一部隊にもなりました。よく琉球には日本の武士のような軍事組織がなかったとカン違いされていますが、カン違いの理由は「ヒキ」と呼ばれる組織が行政・貿易・軍事の業務をかわるがわる行っていて、その存在がわかりにくいからでしょう(それに琉球が武器廃止令を出したというのはあやまり)。

つまり古琉球の役人は、ある時は行政マン、ある時は船乗り、ある時は兵士と1人3役をこなしていたわけです。とくに琉球の政治組織が「船」をモデルにつくられていたことは、琉球という国が航海と密接に結びついていたことを表わしています。社会のあり方がそのまま政治組織のあり方につながる例は、たとえば中国・清(女真族)の八旗制度にもみられます。内陸アジアの遊牧国家を発祥とした清は、まき狩りの組織をモデルとした8つのグループに編成された組織(八旗)を持っていました。この組織は軍事組織であるとともに行政の組織で、女真族の基本的な社会組織でもありました。清は草原を駆ける狩りの組織が、琉球は海原を駆ける船の組織がそれぞれ国家の編成のモデルとなったわけですね。

参考文献:高良倉吉『琉球王国の構造』

※ランキング投票よろしくお願いします(下をクリック)

banner

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

グスクに眠る怪死者

ライブドア事件にからんだ関係者の怪死事件は、光の部分があればまた闇も存在するという沖縄の現実を内外に知らしめたように思います。ところで王国時代の人骨のなかには、どうみても正常な死に方ではない、「怪死」したものがいくつか発見されています。

ひとつは浦添グスクの城壁の下から発見された人骨です。人骨は20代の女性。あお向けに横たわり、両腕と両足を胴体に密着するほど折り曲げられ、まるで何かにしばられているかのような状態で発見されました。埋まっていた深さは2メートルあまり。この遺体の上に粘土が盛られ、さらに岩をつめこんで城壁がつくられています。この時期の沖縄の埋葬法は、よく知られているように風葬です。洞窟やがけ下のくぼみなどで遺体を風化させ、骨になったら容器に入れて安置するという方法が一般的でした。当時の埋葬方法はよくわかっていない面がありますが、このような埋葬はこれまで発見例がなく、城壁の下から見つかった人骨は異常な埋葬法といえます。この人骨は、グスクをつくる際の「人柱」ではないかといわれていますが、はっきりしたことはわかっていません。

首里城の右掖門付近の城壁内からも人骨が発見されています。人骨は30代から40代の男性。グスク時代頃のものです。特徴的なのは頭がい骨に刀キズがあること(キズは直接の死因ではないようです)。これまでキチンとした調査が行われていないせいもあるでしょうが、沖縄で外傷を受けた人骨の発見例はほとんどありません。なぜ刀キズを負っているのか。なぜ一般的ではない方法で葬られたのか。しかも墓地ではなく首里城内で、なぜたった一体だけ葬られたのか。その謎はいまだ解き明かされてはいません。

現存しているグスクの城壁をわざわざ壊して調査することは、ほとんど行われていません。調査が行われていない状況では、浦添グスクや首里城の例が一般的なのか、そうではないのかを確かめることはできません。もしかしたら、グスクを築く際には誰かを生き埋めにするいけにえの風習があったかもしれないのです。世界遺産のグスクを訪れる皆さんの下に、今も人知れず「非業の死」をとげた誰かが眠っているのかもしれません…

参考文献:浦添市教育委員会『浦添城跡第一次発掘調査概報』、沖縄県立埋蔵文化財センター『首里城跡・右掖門及び周辺地区発掘調査報告書』

※ランキング投票よろしくお願いします(下をクリック)

banner

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年2月10日 (金)

古琉球の名もなき人々

沖縄が薩摩島津氏に征服される以前の時代は「古琉球」と呼ばれています。この時代はとくに海外との貿易を活発に行った「大交易時代」として注目されていますが、沖縄に住む庶民たちはどのような暮らしをしていたのでしょうか。その実態をうかがうことのできる史料は沖縄にはほとんど存在しません。石碑のなかにわずかに庶民を「おひ人・わか人・めども・わらべ(老人・若人・女・童)」、また「たミ・ひやくしやう(民・百姓)」、「大小のゑくが・おなごども(老若の男・女ども)」などと記しています。当然ながら、庶民たちは王府より年貢や労働力を提供する存在として位置づけられています。

外国の琉球見聞録には少しばかり庶民たちの生活を知る手がかりが残されています。その一端を紹介しましょう。1477年(日本では室町時代)、朝鮮・済州島(チェジュド)の人が航海の途中、嵐に遭って琉球の与那国島に漂着します。彼らは滞在中に現地の人々やその生活を観察しています。

まず人々の容貌。島の人は青い珠のイヤリング・ネックレスをしていて、みな裸足。男の髪はたばねられ、うなじの当たりで結っていたといいます。男のヒゲは長く、へそに届くほどの長さ。女の髪も足に届くほど長く、頭の上でまとめていました。服は苧(からむし)で作られた簡素なもので、藍で青く染められ、麻や木綿製のものはありませんでした。

人々の暮らし。住居はカヤぶきで戸や窓、トイレは無し。寝床は木製。木の葉で作られた敷き物があったといいます。主食は米で、おにぎりを蓮の葉のような大きな葉に盛って食べていました。調味料はなく、海水で味付けしたスープがありました。牛・鶏も飼われていましたが、食べなかったようです。家畜が死ぬと埋めていたので、漂着民が「牛や鶏は食べるものだ。埋めてはいけないよ」と伝えると、島の人に笑われてしまったそうです。

与那国島には、現在の西表に伝えられている粗末な土器の「パナリ焼」らしきものや風葬もあったようで、現在知られている琉球諸島の文化に通じるものが存在していました。しかし一方では全く見られなくなったものもあります。まず口噛み酒。米を噛んで吐き出し発酵させたものを酒として飲んでいました。だ液のデンプン分解作用を利用したものです。また子供を可愛がっていたとありますが、どんなに泣いてもあやすことなく、そのまま放置していたとのこと。可愛がっているのかいないのか、どっちなんでしょうね。 これも一つの風習でしょうか。

島の雰囲気は盗難や争いのない穏やかなものでした。朝鮮の漂着民は島の人々と言葉は通じませんでしたが、長い滞在である程度のコミュニケーションはとれたようです。ある日、漂着民が故郷の朝鮮を思って涙を流していた時、島の人は彼の前に今年の稲と去年の稲を並べ、東を向いてこれを吹いたそうです。漂着民は「新しい稲は古い稲のように熟せば実をつける。あなたも時が熟せば帰ることができるよ」という意味であることを悟ったのです。500年前の心あたたまる交流は、漂着民の故郷への帰還によって朝鮮王朝の歴史書に記されることとなりました。

追記:口噛み酒は戦前まで祭祀などで飲まれていた、との島かまぶくさんのご指摘がありました。

参考文献:池谷望子・内田晶子・高瀬恭子編『朝鮮王朝実録・琉球史料集成』、高良倉吉『琉球王国の構造』、『新版琉球の時代』

※ランキング投票よろしくお願いします(下をクリック)

banner

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »