« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月29日 (火)

オランダの旗を掲げていた琉球船

対外世界と活発に貿易をしていた琉球王国は、当然のことながらたくさんの船を所有していました。琉球の船は中国でつくられたものと同じ形の「ジャンク船」と呼ばれる船でした。この琉球船にはオランダの旗が掲げられていたことはご存じでしょうか。琉球船を描いた絵図にはオランダの旗と見られる三色旗が描かれたものがあります。なぜ琉球船はオランダの旗をかかげていたのでしょうか。

その理由は琉球が1609年島津氏に征服され、日本の幕藩制国家の傘下に入ったことにあります。江戸時代、オランダは長崎の出島に商館を置き、西洋諸国のなかで日本との貿易を唯一許された国でした。貿易とはいいますが、この時期のオランダは自分たちの貿易以外に、敵対する船を襲って積荷を強奪することが重要な任務でした。つまり味方以外の船に海賊行為を行うことも仕事だったのです。オランダはイギリスと手を組んでスペイン・ポルトガル、中国船を襲って次々に積荷を奪いました。例えば日本から東南アジアに向かうあるオランダ船の積荷は90パーセントが海賊行為で奪った品だったといいます。

海賊にひとしいオランダ船が行きかう中で、琉球船も同じ海域を航海しなくてはなりませんでした。中国船と同じ形の琉球船は彼らに見つかれば襲われてしまうかもしれません。そこで琉球船はオランダの敵ではないと示すためにオランダの旗とオランダ商館が発行した通航許可証を持って貿易に出かけたのです。これらは当時琉球を征服していた薩摩藩を仲介して長崎のオランダ商館から手に入れました。

徳川幕府もオランダに琉球船を襲うことを禁止する通達を出していました。江戸城に赴いたオランダ商館長は将軍にお目通りをした後、老中から通訳を介して「琉球は日本に従う国なので襲ってはならない」という通達を読み聞かされました。このお達しは実際に効果を発揮したようで、琉球船がオランダ船に襲われた記録は全くありません。海上で琉球船とオランダ船が遭遇した場合、オランダ船はオランダの旗をかかげられている船を見て「これは琉球船だな」と確認して素通りしたのでしょう。琉球船のオランダの旗は一種の通航許可証として使われていたわけです。

参考文献:真栄平房昭「17世紀の東アジアにおける海賊問題と琉球」(『経済史研究』4号)

※ランキング投票よろしくお願いします(下をクリック)

banner

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年11月10日 (木)

沖縄にいた?トラとサル

沖縄県内の遺跡を発掘調査すると、しばしば意外なものが掘り出されます。最近、首里城からサルの骨が発掘されて話題になりました。さらに今帰仁グスクからは何とトラの骨が発見されています。現在、沖縄県内にはトラやサルは生息していません。これらの骨はどうして存在しているのでしょうか。その謎をさぐってみましょう。

今帰仁グスクから掘り出されたトラの骨は全ての骨格はそろっておらず、下あごの部分だけが見つかっています。残された骨を詳しく調査した結果、骨には意図的に削られたあとがあることがわかりました。トラの骨は何らかの加工がされたということが言えます。おそらくトラの骨は、死後にはく製か“トラの皮”のような製品として加工され、海外から今帰仁グスクに持ち込まれたものと考えられます。あるいは生きたまま連れてこられた後、死んでからはく製などにされた可能性もあります。このトラは中国か朝鮮からもたらされたものでしょう。

中世においてトラは武勇の象徴とされていました。このトラが北山王の居城であった今帰仁グスクから見つかったのも興味深い点です。北山王の攀安知(はんあんち)は「武芸絶倫」といわれた勇猛な王だったからです。もしかしたら武を好む攀安知がトラをペットとして連れてきたのではないか…想像はふくらみます。

サルの骨は首里城の南側で発見されました。骨はオス・メスの2体があり、分析からヤクシマザルであることが判明しました。時期は16~17世紀(戦国時代から江戸時代初め頃)で、鹿児島の屋久島から持ち込まれたサルであると考えられます。このサルはおそらくツガイで持ち込まれ、首里城内でペットとして飼育されていたのでしょう。

何百年も前に、はるか遠くから動物を生きたまま運んでくるなんて考えられないと思う方もいるかもしれませんが、このような例はけっこうあります。まず琉球から中国への貿易品として馬が生きたまま毎年何十頭も送られていたことがありますし、中国・東南アジアから琉球へオウムがもたらされ、ペットにされていたとの記録もあります。さらに室町時代の日本では東南アジアから象やクジャクが京都まで送られた例があります。このように珍しい動物が貿易品としてやり取りされていたわけです。沖縄で見つかったトラやシカもそのような例のひとつといえます。

余談ですが、現在、慶良間諸島の阿嘉島には天然記念物のシカが生息しています(ケラマジカ)。これは在来種ではなくて、17世紀に薩摩から持ち込まれ、放し飼いにしたシカが野生化したものです。阿嘉島の山中を歩いているとたまに出くわしますよ。

参考文献:『首里城跡-管理用道路地区発掘調査報告書-』、『今帰仁城跡調査報告Ⅱ』

※ランキング投票よろしくお願いします(下をクリック)

banner

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »