« がんばれ移住者山崎さん | トップページ | 中国皇帝を超えた琉球王 »

2005年9月21日 (水)

柳の御所とウタキ石門

【写真・下】は首里城歓会門前の園比屋武御嶽(そのひやんうたき)の石門。世界遺産にも登録されています。この門は聖地である御嶽の入口で、本体である園比屋御嶽は石門裏に広がる一帯の森をさします。 国王が外出する際に道中の安全を祈願した場所です。

CIMG0030

この門は1519年に八重山出身の西塘(にしとう)という人物の手によって建てられたといいます。門の上に掛けられている石のへん額【写真・下】には、ひらがなで「首里の王、おぎやかもいがなし(=尚真)の御代にたて申候、正徳十四年巳卯十月二十八」と書かれています。当時の琉球の公用文はひらがなだったんですね。一見、日本(ヤマト)のものと全く変わりませんが、使われている年号は日本のものではなく中国の年号です。この形式は日本とは似て非なる琉球独特のものといえるでしょう。

CIMG0645

前に述べた玉陵と同じく、この石門にも復元された首里城以前の、古琉球時代の情報が秘められています。石門をよく見てみると、石灰岩でできた石門とはちがう材質の砂岩で装飾がほどこされています【写真・下】。屋根の横についている逆三角状の装飾は懸魚(げぎょ)といわれるもので、建物を火災から守るためのまじないとして付けられました。屋根の棟(むね)に付けられている鯱(しゃちほこ)も同じく火よけのためのものです。この門は石で造られているため、火よけは本来必要ないはずです。つまりこの石門は当時存在していた木造建築をまねて造られたものであることがわかります。しかし、火よけをしているわりには中央に燃えさかる火炎宝珠(かえんほうじゅ)があったりして、よくわからないコンセプトですね。

CIMG0679

屋根のつくりは板ぶきの唐門(からもん)と呼ばれる形式で、屋根の先のほうには細い棒状の垂木(たるき)が並んでいます。唐門は室町幕府の将軍邸(柳原御所)の門にも使われていました。このような板ぶきの唐門は現在みることのできる琉球建築には存在しませんが、琉球伝統といわれる赤瓦の建物は、実は近世(江戸時代)に入ってからできた比較的新しいものなのです。この石門がつくられた16世紀尚真王の時代、もしかしたら首里城の門は室町将軍邸の門のようなかたちをしていたかもしれません。少なくとも室町将軍の御所と同じ門が琉球に確実に存在していたといえます。

私たちが尚真王の時代にタイプスリップしたとしたら、きっと“沖縄の歴史”のイメージとは全くちがう姿に驚き、こう言うはずです。「ここはいったいどこだ。琉球なのか」と。 今ではほとんど失われてしまった古琉球の風景ですが、御嶽の石門のような残された数少ない情報から、当時の姿をおぼろげながら想像することができます。

※ランキング投票よろしくお願いします(下をクリック)

banner

|

« がんばれ移住者山崎さん | トップページ | 中国皇帝を超えた琉球王 »

コメント

こんにちは。
たぶんはじめまして。
こちらのサイトは勉強になりますね~
園比屋武御嶽などは何回も見ていますが
このくらい知識を持つと
また見たいなーと思います。
これからバックナンバーも読まさせて
いただきます。

投稿: ぱふ@沖縄が好きプラス | 2005年10月 6日 (木) 13:49

> ぱふさん

訪問&コメントどうもありがとうございます!

本土からの観光客にまざって、いつも裏側にまわったり変な位置から園比屋武御嶽をにらんだりしています(笑)

見かけたら声をかけてくださいね。

投稿: とらひこ | 2005年10月 7日 (金) 00:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98518/6040820

この記事へのトラックバック一覧です: 柳の御所とウタキ石門:

« がんばれ移住者山崎さん | トップページ | 中国皇帝を超えた琉球王 »