« 琉球人のマゲとターバンの話 | トップページ | 首里城の謎(2)正殿前の道はなぜ曲がってる? »

2005年4月24日 (日)

首里城の謎(1)首里城のモデルはお寺?

琉球王国の中心であった首里城は世界遺産にも認定され、また沖縄の観光のスポットとして有名です。本土のような天守閣はなく、むしろ中国の宮殿を思わせる独特の建築様式をしていますが、この一風変わった城にはいくつかの謎が存在しています。今回から数回に分けて首里城の謎にせまりたいと思います。

現在、首里城の広福門前には、琉球の貿易立国の理念をうたった「万国津梁の鐘(1458年製造)」が掛けられています。もともとは首里城の正殿に掛けられていました。鐘は日本のお寺にある梵鐘とまったく同じ形です。なぜ、王の住む城(グスク)にお寺の梵鐘が掛けられていたのでしょうか。 実は首里城の成り立ちには、お寺が深く関与しているのではないかと考えられるのです。

首里城の鐘と同じような例は、越来城の鐘(1457年)や大里城の雲板(1558年)などがあります。雲板は禅宗の寺院で使われる金属製のドラのようなものです。15世紀頃の琉球のグスクには、やはりお寺の影響が見られます。

0301317 さらに首里城正殿の1階部分は下庫理(しちゃぐい)、2階部分は大庫理(うふぐい)と呼ばれていました。庫理(庫裡)とは寺院のある建物を表す言葉です。そして正殿の2階にある、王の玉座と言われる場所(御差床・うさすか)を見てみると、寺院で仏像を安置する須弥壇(しゅみだん)と言われる台に非常に似ていることがわかります【写真】 。そもそもこの場所は本当に王の玉座だったのか不明なのですが(とりあえず王の座る椅子を置いてあるだけなのです)、首里城正殿の中心部に寺院の須弥壇に似ている台が設置されている事実からも、首里城での寺院の影響は無視できないほど大きいものであることが理解できると思います。

実は、どのような形で首里城に寺院の様式が取り入れられたのか、詳しいことはまだわかっていません。ただ、その謎を解くヒントはあります。15世紀頃(日本では室町時代)から、日本本土から禅宗の僧侶がさかんに琉球に渡来していた事実があります。彼らは琉球国王のサポートのもとに寺院をつくり、琉球で禅宗を広めていたことがわかっています。当時の国王も仏教を信仰していて、そのなかで首里城をはじめとしたグスクにも寺院の様式が取り入れられたのではないかと推測されます。

いずれにしても、沖縄の城(グスク)は、単なる城とはちがう、様々な要素を持っていたことがわかりますね。「グスク」についてはまた別の機会で述べたいと思います。

人気blogランキングに投票

|

« 琉球人のマゲとターバンの話 | トップページ | 首里城の謎(2)正殿前の道はなぜ曲がってる? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98518/3834131

この記事へのトラックバック一覧です: 首里城の謎(1)首里城のモデルはお寺?:

« 琉球人のマゲとターバンの話 | トップページ | 首里城の謎(2)正殿前の道はなぜ曲がってる? »